« 『MATCH  POINT』鎌倉店のカレー | トップページ | 鎌倉市の救急医療体制(平成25年度決算) »

2月議会「海水浴場のマナーの向上に関する条例」の改正」にコメント

平成27年3月9日付で下記コメントが当ブログに入ってきました。


1.名前が「鎌倉おやじ」と書かれているが、詐称している。間違いか?


2.メールの永田まりな市議のFACE BOOKをクリックしたところ、コメントと同様の内容が記載されてい

  ました。永田市議のオフィシャルブログを見たところ、記載が無いので、トップ画面にFACEBOOKとツ

  イッターなどがあるので見たところ、FACEBOOKと
ツイッターに海水浴の件があり、クリックしたら同様の

  記事が出て来ました。また、鎌倉夢プロジェクトの会を検索したが、書かれていないようです。

  
永田市議のオフィシャルブログに「鎌倉市HPのレイアウトが変わりました」がありますが、まずご自分

  のブログレイアウトを再考する必要があるのではないか。 わかりづらい!


3.海水浴場問題は、市民の関心が高い。当ブログの閲覧数やコメント数からも窺がえる。議員提案による

  海の家の営業時間を入れた修正条例案は、決められない松尾市長にしびれを切らした結果だと考えて

  います。海水浴場協議会と議会の日程に問題があります。議会が議決判断できる日程になっていない

  から修正案が、提案されたとみるのが妥当と考えます。


4.修正条例案否決後の「
決議」は、松尾市長の「営業時間は午後8時半まで」を後押しするものですが、

  鎌倉夢プロジェクトは条例修正案「討論」にて大いに賛同すると言いながら退席しました。この点につい

  て説明が全くありません。

 

  誰が、このコメントを出されたのか知らないが、永田市議ブログで、議案採決に対する

  判断は、トップ記事として堂々と書いてほしかった。ブログの奥に意見を出されている

  のは、いただけない。

 

  決議に対する退席についても説明してほしいものです。

  
  このコメントは、名前が違うので、コメント欄には掲載いたしません。

 

 

メールの写し

ブログ「鎌倉おやじのブログ」のエントリー「2月議会「海水浴場のマナーの向上に関する条例」の改正」に新しいコメントがつきました。

http://politics-kamakura.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/2-eb73.html#comments

IPアドレス:      118.87.198.149
名前:           鎌倉おやじ
メールアドレス:
URL:            

内容:
--------
鎌夢会の考えは永田まりな議員が出していましたよ。
https://www.facebook.com/nagatamarina.kamakura/posts/963688713653603?fref=nf&pnref=story
【ご報告】
昨日、鎌倉市海水浴場のマナーの向上に関する条例の一部を改正する条例の修正案が出されました。

修正のポイントは条例に海の家の営業時間を20時半までと盛り込むこと。

私たち鎌夢会はこれまで、観光厚生常任委員会担当の日向議員が、夏には自ら何度も海水浴場のパトロールに出向

き、現状を把握し、営業時間を20時半とすることに賛成の立場で発言してきました。

しかし、今回の修正案には反対の立場をとらせていただきました。

反対した理由は

\x{2460}地域住民の意見を反映するために設置した協議会において、海の家の営業時間は組合と市長の協議で決めて

ほしいという結論が出て、3月9日に組合と市長の協議の場が設けられることが決まっていること

\x{2461}市長は一貫して営業時間を20時半までにすると発言しており、組合との協議においても20時半という立場をとら

れると議会において発言されたこと、また、組合交渉が決裂した場合は条例を修正することを含め20時半に向けて尽力

するとも発言されたこと

以上の2点より、市長自身、営業時間を20時半までにするという立場で協議などを進めている最中において、議会がそ

の結果を待たずに修正案を出すことには賛成できないため、反対をしました。

協議の結果、交渉が決裂し、その後の市長判断が営業時間を20時半までにしない場合、議会サイドで修正案を出す、と

いうのが自然な流れと判断しました。

以下、鎌夢会、日向議員の反対討論を記します。
↓↓↓
ただいま議題となりました議案第98号鎌倉市海水浴場のマナーの向上に関する条例の一部を改正する条例の修正に対

し、原案賛成、修正案反対の立場から鎌倉夢プロジェクトの会を代表し、討論に参加いたします。

海水浴場のマナーアップについては、これまで鎌倉市海水浴場のあり方・ルール協議会を組織し、その中に市民等も参

画し、地域住民や利用者の声も反映すべく議論が行われてきました。

その結果、海の家の営業時間、ライブハウス型の営業形態や騒音対策、酒類の提供に関し、今後、鎌倉市と鎌倉市海

浜組合連合会との間で協議をするようにという提言が出されました。

その提言を受け、日程調整の結果、

市と海浜組合との協議は第一回目を3月9日に開催することが決まり、3月中には、結論を出すとの報告を頂いたところ

であります。

松尾市長がおっしゃるように海の家の営業時間を20時30分までとすることには大いに賛同するものでありますが、海水

浴場は多くの方が利用し、多くの関係者がたずさわる事業であることを考え、強引に市議会で結論を出すことを控え、今

後の協議を見守りたいと考えるものであります。

今年の海水浴場開設に間に合うような対応を求め、討論を終わります。

« 『MATCH  POINT』鎌倉店のカレー | トップページ | 鎌倉市の救急医療体制(平成25年度決算) »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

>IPアドレス: 118.87.198.149
>名前: 鎌倉おやじ


ご利用時間 2015/03/12 11:06:28

入力IPアドレス 118.87.198.149

逆引きホスト名 kcc-118-87-198-149.kamakuranet.ne.jp

おやじさん、ごめんなさい!!!それコピペして貼ったの花子です。逃げも隠れもいたしません。
「鎌倉おやじ」というあて名を書こうとしたかなんかでそうなったようです。
私も鎌夢会の行動には「?」がつくものが多いですよ。
さらに永田議員もすごく分かりにくいよね。そういう大事なことは表に出してって言いたいよ。
これを知ったのも実は高橋議員facebookからです。
https://www.facebook.com/koji.takahashi.146
結局、皆、政局や感情論、票目当てで行動しているのかと思うとげんなりしましたよ。
鎌倉市議会に対してはかなり幻滅しているところです。

富士見町花子さまへ
了解しました。


【拡散希望】2015/3/16(カナロコ)市と組合が交渉決裂 市長が条例規制検討表明 鎌倉・海の家営業ルール

http://www.kanaloco.jp/article/85495/cms_id/131288


2015/3/16(産経新聞)海の家の営業時間短縮に「条例化必要」 業者と協議で鎌倉市長

http://www.sankei.com/region/news/150316/rgn1503160009-n1.html

2015/3/16(東京新聞)鎌倉市「海の家営業時間短縮」 組合との協議決裂

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150316/CK2015031602000145.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59227996

この記事へのトラックバック一覧です: 2月議会「海水浴場のマナーの向上に関する条例」の改正」にコメント:

« 『MATCH  POINT』鎌倉店のカレー | トップページ | 鎌倉市の救急医療体制(平成25年度決算) »

無料ブログはココログ