« 鎌倉市と海の家組合連合会との協議について | トップページ | 北鎌倉「明月荘」が全焼 »

平成27年2月議会最終日(議決)

平成27年度2月議会の本会議が、平成27年3月19日に開催され、19件の条例制定及び改正議案と

7件の予算議案と1件の議会条例議案のすべてが、可決されました。

一部議案には反対者がいました...。

 



総員賛成にならなかった議案

1.議案122号「鎌倉市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定ついて」  

2.議案127号「鎌倉市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について」  

3.議案110号平成27年度鎌倉市国民健康保険事業特別会計予算

4.議案112号平成27年度鎌倉市介護保険事業特別会計予算

  上記4件に共産党だけが反対。

5・議案107号「平成27年度鎌倉市一般会計予算」

  反対:共産党、ネット、松中市議、上畠市議の合計6名。

 

  2月議会の感想

1.予算等審査特別委員会が、当初日程通りに終了。予算審議が深堀出来ていないのでは?

2.無所属議員の松中・上畠・中沢の3名が、各派代表質問での関連質問を行ったことが良かった。

  しかしながら、中沢市議が、従前よりもおとなしかった。

« 鎌倉市と海の家組合連合会との協議について | トップページ | 北鎌倉「明月荘」が全焼 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


2015/2/19 鎌倉市議会2月定例会 舌鋒鋭い無所属3人組

代表者質問に対する無所属議員関連質問

松中議員(岡本二丁目問題)

中澤議員(ごみ問題等)

上畠議員(海水浴場問題)

(中継録画約40分)→ http://youtu.be/d485RsLUKG4

私の指摘に対し、24時間以上もかかっていまだに訂正されないことについての釈明を求めます。

かながわ市民オンブズマン 2014/3/18 広報誌第121号より

http://homepage2.nifty.com/kana-ombuds/kouhou/2015/kouhou121.html#1

住民監査請求を「門前払い」することの罪 弁護士 大川 隆司

「手抜き監査」の責任を追及する

 去る2月18日私たちは新市庁舎を現在地とは別につくることの差止めを求める住民訴訟を、横浜地裁に提起した。同趣旨の住民訴訟としては、これが3回目、「三度目の正直」である。

 この住民訴訟に先立つ住民監査請求について、横浜市監査委員は、監査すること自体を不当にも拒否し、「門前払い」の扱いをしている。

 私たちとしては、この不当処分は相手にせず次のステージである住民訴訟だけを推進する、という選択肢もあった(前2回の監査請求も同様に扱われたが、私たちは監査委員の責任追及はせず、粛々と住民訴訟に移行した)。


 しかし、このような不当な「門前払い」を受けた被害者が私たち市民オンブズマンだけでなく、一般住民にも広がっていることを知るに及んで、私は住民訴訟とは別に、監査委員の責任を徹底的に追及する必要を感じた。


兵庫県に前例があった

 実は、このような試みは私たちが最初ではなかった。1980年に関西地方で結成された「市民オンブズマン」(地名を冠していない、「元祖」市民オンブズマンである)が、1984年に兵庫県監査委員から受けた「門前払い」について、県を相手どって国家賠償請求訴訟を提起した前例がある。


 (関西の)市民オンブズマンの請求を、一審神戸地裁判決(1987年10月2日)も二審大阪高裁判決(1988年8月23日)も共に棄却しているが、いずれも「門前払い」の処分は「違法」と判断している。

 市民オンブズマンは兵庫県職員による接待費の濫費について内部告発を受け、その内容に関する「報告書」を添付して住民監査請求をしたのであったが、兵庫県監査委員は「接待費の領収書が添付されない限り、監査請求は受理できない」という対応をした。

 このような取扱いについて神戸地裁も大阪高裁もともに「違法」と判断しつつ、損害賠償を命じるだけの実質的な理由はない、として請求を棄却した。

 裁判所がそういう結論に至った理由は、最初の「門前払い」を受けた1週間後に、市民オンブズマンが申し立てた全く同一内容の監査請求を兵庫県監査委員は受理し、監査を実施したからである(2回目の監査請求に先立つ記者会見により、市民オンブズマンが国賠訴訟を提起するということを知った兵庫県監査委員が、にわかに方針を変更した結果であった)。

 要するに、1週間の遅れはあったが、結局監査は実施されたのだから、損害賠償金まで求めなくてもよかろう、というのが裁判所の結論であった。


横浜市の場合ははるかに悪質

 横浜市の場合は、兵庫県よりもはるかに悪質であると言える。

 新市庁舎問題だけについても、前述のとおり既に3回にわたって同じ手口で「門前払い」をしているだけでなく、一般市民が申立てた数多くの監査請求についても、意見陳述の場を与えないまま、「門前払い」をしている。


 しかも、私たちの監査請求に対しては、新市庁舎整備事業が「違法であることを証明する書類」が添付されていない、という理由による門前払いである。


 「違法であることを証明する書類」が揃っていないから、請求を棄却する―という結論を、住民訴訟が結審してから裁判所が判決の中で示すのならともかく、監査請求の入り口で監査委員が言う、などということはありえないことである。

 仮に、住民監査請求の手続を高等学校の教育課程に、住民訴訟の手続を大学の教育課程にたとえるとすれば、横浜市監査委員の言い分は、あたかも「高校に入学したければ、大学の卒業証書を持って来い」というような無茶苦茶なハナシなのである。


最大の地方自治体に最低の監査委員はふさわしくない

 横浜市の監査委員のような理不尽な「門前払い」をしている監査委員が他にもないか、目下調査中だが、少なくとも東京都、神奈川県では同様の取扱いはない。他の政令市でもおそらく類例を見ないであろう。


 横浜市は360万人の人口を擁する最大の政令市であり、それ故に監査委員の報酬も全国一である(非常勤委員の月額報酬は35.5万円、常勤委員は同81.1万円)。

 それなのにこのような「手抜き監査」(2月19日付け神奈川新聞)が日常的になっているとは、あまりにも恥ずかしいことではないだろうか。

(以上転載))
ーーーーーーー
鎌倉市住民監査請求結果

平成26年度 請求却下 鎌倉市の財産の貸付けに関する住民監査請求
平成26年度 請求棄却 「わたり」に係る職員給与返還請求等に関する住民監査請求
平成22年度 請求棄却 行政委員の委員報酬に関する住民監査請求
平成22年度 請求却下 山ノ内字西瓜ヶ谷土地取得差止請求に関する住民監査請求
平成21年度 請求却下 鎌倉山二丁目違法支出に関する住民監査請求
平成17年度 請求却下 岡本二丁目マンション計画に関する住民監査請求
平成16年度 請求却下 鎌倉広町緑地に関する住民監査請求
平成16年度 請求棄却 鎌倉広町緑地に関する住民監査請求

ーーーーーーー
藤沢市住民監査請求結果

平成26年度 請求棄却 新庁舎建設に関する住民監査請求
平成22年度 請求棄却 鵠沼橘一丁目地内土地取得に関する住民監査請求
平成21年度 請求棄却 善行六丁目地内土地取得に関する住民監査請求
平成21年度 請求棄却 公共下水道管渠設置工事等に関する住民監査請求
平成15年度 請求却下 市道の道路自費工事施工承認及び廃道計画について

(NHK)3月21日 9時36分路上で男性撃たれ大けが 神奈川・藤沢

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150321/k10010023341000.html

鈴木藤沢市長はどう治安を回復させるのでしょうか?

逗子市の海の家が今年は20時までになりそうですが、藤沢市は海の家を18時半までにすべきですね。

【拡散希望】2015/3/22(NHK)藤沢駅前の発砲事件 暴力団員の男を逮捕

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150322/k10010023901000.html

【拡散希望】平成20年11月28日 鎌情・個審議第6号「鎌倉市情報公開条例の解釈・運用について(答申)」を受けて、実施機(鎌倉市)は何を決定したのでしょうか?


http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150322.jpg


鎌倉市住民監査請求の鎌倉市の財産の貸付けに関する住民監査請求は却下となつていますが棄却の間違いですのでご訂正お願いいたします。
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kansa/documents/j260730.pdf

長嶋竜弘さま
全国都市監査委員会のデーターによれば、「鎌倉市の財産の貸付に関する住民監査請求」は、
棄却(一部却下)が正しいと思います。
http://www.zenkan.jp/kansa/84201404-201409/j.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59336753

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年2月議会最終日(議決):

« 鎌倉市と海の家組合連合会との協議について | トップページ | 北鎌倉「明月荘」が全焼 »

無料ブログはココログ