« 2月議会「海水浴場のマナーの向上に関する条例」の改正」にコメント | トップページ | 平成25年度県議会政務調査費 »

鎌倉市の救急医療体制(平成25年度決算)

平成27年3月12日岡田市議ブログ「岡田りぽーと」に鎌倉市救急搬送の状況が出ています。

2015031401

   

※ 上記表は、赤字の部分が訂正されましたので修正して掲載します。(H.27.3.22)

 平成25年度に市民が救急車を利用した人数は、9,392人。搬送先病院は、湘南鎌倉総合病院が63%。

 市内の病院が、29%。市外の病院が、8%。


鎌倉市の平成25年度救急医療対策事業は、大きく分けて「休日夜間急患診療事業42,983千円二次

救急医療確保対策事業
おける「病院群輪番制業務委託料82,217千円と「単独医療機関制業務委託

9,853千円が支出されています。委託先は、休日夜間急患診療と病院群が鎌倉市医師会。単独は

湘南鎌倉総合病院
です。

病院群は、大船中央病院・湘南記念病院・鎌倉ヒロ病院・清川病院・ふれあい鎌倉ホスピタル・鎌倉病院・

鈴木病院の7病院
です。



  平成25年度成果報告書(決算)によれば、

1.休日夜間急患診療事業(応需件数:1,392件)

 ①一日当たり事業費(42,982÷365日)118千円

 ②一患者当たり事業費(42,983÷1,392件)31千円

 ③一日当たり患者数(1,392÷365日)4件


2.病院群輪番制業務委託料(応需件数3,771件。そのうち救急車による搬送数2,643件

 ①一日当たり事業費(82,217÷365日)225千円

 ②一患者当たり事業費(82,217÷3771件)22千円

 ③一日当たり患者数(3,771÷365日)10件

3.単独医療機関制業務委託料(応需件数9,122件。そのうち救急車による搬送数5,936件)

 ①一日当たり事業費(9,853÷365日)27千円

 ②一患者当たり事業費(9,853÷9122件)1千円

 ③一日当たり患者数(9,122÷365日)25件

           救急医療事業平成26年度と27年度予算比較

           休日夜間急患診療      病院群輪番制     単独医療機関制 (単位:千円)           

 平成26年度      48,913          81,037          8,518 

 平成27年度      52,008          80,455          8,502 

  休日夜間急患診療事業は、一日当たり患者数は、4件にもならない。

 平成21年度~25年度休日夜間急患診療所に救急車で搬送した人数を

 聞いた
ところ、消防本部が5年間で一人も搬送していなかった。 




 二次救急の病院群輪番制業務と統合出来るのではないか。

  年々予算を増額している休日夜間急患診療事業は必要か。

 鎌倉市医師会が受託している二次救急病院群と単独の湘南鎌倉総合病院のコスト差

 が約20倍も違う。現状のまま放置すれば、医師会への利益供与と言われる。

« 2月議会「海水浴場のマナーの向上に関する条例」の改正」にコメント | トップページ | 平成25年度県議会政務調査費 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59245050

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市の救急医療体制(平成25年度決算):

« 2月議会「海水浴場のマナーの向上に関する条例」の改正」にコメント | トップページ | 平成25年度県議会政務調査費 »

無料ブログはココログ