« 議会基本条例制定後初めての2月議会 | トップページ | 鎌倉市と海の家組合連合会との協議について »

岡本二丁目マンション跡地の活用について

平成27年3月17日総務常任委員会が開催され、市の組織見直しが報告されました。

その内容は、昨年11月岡本二丁目用地活用担当という特命担当が平成27年3月末まで設置されました

が、
今回、予定通り3月末で特命担当を廃止し、この土地の所管は、子どもみらい部とするという報告です。



岡本二丁目用地は、昨年10月にセコムホームライフ株式会社から寄付を受けたものです。

市の「用地活用の基本方針(案)」を基に平成27年1月26日(月)~2月24日(火)までに意見を募っていま

したが、市の基本方針などは、現在決まっていませ
ん。ところが、この土地の所管を子どもみらい部として

います。

基本方針(案)には、用地の位置づけを「健康・福祉・子育て・青少年」などに関する行政課題を解決するた

めの用地と位置
づけていますが...。



用地活用が決まっていない現状からすれば、所管は、総務部管財課とすべきですが、

なぜ、子どもみらい部なのか。

 

このことから、用地活用の基本計画(案)に基づき意見募集を行いましたが、基本計画(案)は、 

案ではなく、意見募集は、あくまでも「ガス抜き」であると言わざるを得ない状況です。

 

 

ところが、総務常任委員会委員からも特段の意見も無く、報告は了承されました。

 



しかしながら、事実上この用地活用を子ども子育てを中心とした建物を作ると言っているの
 

と同じです。

 

 

市は、用地活用の政策決定を組織見直しという形で報告しましたが、なぜか用地の

位置づけを一切説明していません。

 

 

市は、政策決定に関する説明責任を果たしていないのではないか。

 

追記

同日に報告があった「岡本二丁目マンション問題等について」は、後日書きます。

« 議会基本条例制定後初めての2月議会 | トップページ | 鎌倉市と海の家組合連合会との協議について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59314410

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本二丁目マンション跡地の活用について:

« 議会基本条例制定後初めての2月議会 | トップページ | 鎌倉市と海の家組合連合会との協議について »

無料ブログはココログ