« 欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスが日本国債格下げ | トップページ | 逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その3 »

NHK会長と鎌倉市副市長

NHK「クローズアップ現代」の番組作成においての「やらせ」疑惑の調査結果が、「クローズアップ現代」の

報道に関する調査報告」という4月28日クローズアッツプ現代の番組で放送されました。調査委員会委員

長のNHK副会長を始めとする幹部から国谷裕子キャスターまでが謝罪したが、NHK籾井会長は一切出て

こず、謝罪の言葉が無い。

「やらせ」疑惑は、NHKの組織や職員のことであるにも関わらず、表に出ての謝罪は、幹部に任せている。

組織のトップとしていかがなものか。組織のトップとしての職責を果たしていないのではないか。



「トップが腐っていれば、組織も腐る」と言いますが、その典型例ではないでしょうか。



籾井会長は、就任以来会長個人言動により、野党やマスコミから叩かれている。会長は、開き直りと言え

るほど反論していたが、タクシー問題が出た時に前・大谷副市長が、議会でタクシー使用について追及され

たのを思い出しました。


籾井会長は、民間からの「天上がり」。現・小林副市長と前・大谷副市長は、建設省 国交省からの

「天下り」 です。



小林副市長は、鎌倉山二丁目訴訟や新ごみ処理施設候補
地決定を担当しているナンバー2です。


訴訟は、市長専決で代理決裁できないのに決裁を行った。市は、法を所管
する国・県の立場でない。

都市計画法の許認可権は、県から委任を受けているだけなのです。顧問弁護士は、市にとって上告して

も、しなくて不利益が無いと言っているにもかかわらず最高裁に上告。結果的に市民の訴えを引き延

すことになり、
税金の無駄遣いを行っていると言える。


新ごみ処理施設候補地決定は、政策決定に疑問を持たれる形で決定していると言わざるをえない。



総合商社・安宅産業は、アメリカの石油事業失敗で潰れたが、三井物産は、中東の石油事業失敗を乗り越

えた
立派な会社だと思っていました。

籾井会長は、三井物産の役員を務めグループ会社のトップを務めているが、三井物産はじめ三井グルー

プ名
汚していないのか。籾井氏を役員にした過去の物産トップなどの見識は、どのようなものか。

三井は「人の三井」というほど人材豊富なグループと言われていましたが、この言葉は、過去のものか。



NHK会長や鎌倉市副市長の人事権者の責務は、非常に重い。



NHK会長の人事権者は、安倍首相だろう。



鎌倉副市長の人事権者は、一次には、建設省
国交省人事課? 二次には、松尾市長

  


だろう。

 

 

 

« 欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスが日本国債格下げ | トップページ | 逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その3 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

建設省は国交省のことか

不死身の花子さまへ
その通りです。間違っているので国交省に訂正いたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59808137

この記事へのトラックバック一覧です: NHK会長と鎌倉市副市長:

« 欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスが日本国債格下げ | トップページ | 逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その3 »

無料ブログはココログ