« 2月議会質疑(予算委員会) | トップページ | 逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その2 »

逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その1

先日逗子市に情報公開請求をするために逗子市役所を訪れた。約50分ほど電車が遅れたために逗子市

役所に着いたのは、12時15分ごろになりました。情報公開の場所を調べて食事をしたうえ午後1時以降

に受付をしようと考えて窓口を訪れたが、窓口がすぐに対応してくれた。

 

 

1.窓口対応が素晴らしい。

 

  情報公開の内容を聞き、担当職員が、情報公開の書類ファイルを持参し窓口に来てくれた。担当者が

  書類を確認しながら内容の確認が出来ました。お昼休みの時間帯であるのに、素晴らしい対応でした。

 

2.担当職員が同席し、翌日、書類を手渡できる。

 

  翌日午前、書類が出来上がりましたと情報公開窓口から連絡があり、いつ来られますかと問われ、明

  日伺うと言いましたところ、何時ごろ来られますかと問われたので、午前中に伺うと言った。訪問したと

  ころ、一昨日対応した担当
職員が窓口職員とともに出てきて、要望した書類は、これでよいですかと聞

  かれた。確認したうえ、書類を受領した。

 


  ※ 逗子市条例で、7日以内に書類交付。鎌倉では、15日以内。鎌倉は、担当職員同席しない。

 

3.情報公開決裁

 

  情報公開窓口責任者も同席していたので決裁について聞きました。全部公開は、課長。一部公開は、

  部長が決裁する。非公開に異議があれば、情報公開審査委員 (救済機関)がチェックし、公開決定

  を勧告する(30日以内)。鎌倉市の場合、非公開に異議があれば、請求者が、情報公開審査会に異

  議申し立てをするが、期限が無い。今回は全部公開でした。

 

  情報公開窓口の対応からすると逗子市民の不満はないでしょう。筆者は、鎌倉市の情報公開に

  関する非公開時における職員の対応を見ているだけに、羨ましい限りです。不満があれば、異議

  申し立てをすればよいとの態度です。異議申し立てをすれば、結果は約1年間ほどかかります。


   
逗子市は、書類担当部署が、最後まで係わるから職員の情報公開に対する理解が深まり対応が

  よくなっていると考えます。

  逗子市ではどこのセクションでも対応が良いのではないかと想像します。

  逗子市役所の市民に対する「考え」が、鎌倉市役所と根本的に違うのではないか?

  上記資料  情報公開決定通知書

 

 

 

« 2月議会質疑(予算委員会) | トップページ | 逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その2 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59597427

この記事へのトラックバック一覧です: 逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その1:

« 2月議会質疑(予算委員会) | トップページ | 逗子市と鎌倉市の情報公開度の違い  その2 »

無料ブログはココログ