« 東芝の不適切会計処理 | トップページ | 「戦う兵隊」という映画 »

5月23日山崎地区住民説明会(新焼却場決定)

タウンニュース『新ごみ焼却施設 候補地周辺住民が初会合  「建設反対」が大勢占める』を掲載して

います。
記事の中で「鎌倉市は5月23日(土)、山崎浄化センター周辺の17自治会・町内会の住民を対象

とした「候補地選定結果説
明会」を、鎌倉武道館第一会議室で開催する。」と書いてあります。



前日、環境部環境政策課に出向き、「ごみ焼却施設基本計画案への異見を募集」とあるので、資料を貰う

のと、意見提出のため地
元住民がどの様な意見を持っているかを知るために、翌日の「候補地選定結果

説明会」の傍聴希望を伝えるためでしたが、
会場が狭いため、住民優先のため、ダメと断られました。


ところが、5月23日AM10:00の説明会に地区外住民が行ったところ、
数人の地区外住民は、空席がある

ことから、同席を認められたとのことです。


5月23日説明会での松尾市長説明録音http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150523.MP3


上記録音の中における候補地選定について

 

1.災害時のエネルギー有効活用ため、下水道施設との連携が必要。 

2.市民の安全・安心を優先。 


  以上2点を挙げて説明したが、最後に
 




  
地域負担の公平性よりも、市民の安全・安心を優先させ、山崎に決めた。と言ってい



   るが...。

 

今まで、鎌倉市が、焼却場など廃棄物処理場を分散させたのは、地域負担の公平性を考えたからでは。

 

公平性は、政治の第一に考える重要な考え方ではないか。

 

山崎でしか市民の安全・安心を守ることはできないのか。

 

今、市民の安全・安心を守るために一番先に優先する課題は、防災であり、市役所建物の津波対策である

と考えています。

 

14.5メートルの津波が市を襲う可能性があり、来れば、市役所の電気水道設備が、ダメになると議会で

報告している。

 

市庁舎がだめになり、市民の安全・安心が確保出来る訳がない。手狭な市役所建物を再配置する必要

がある。

 

 

深沢にある市有地に市役所を建設し、迷惑施設でないと言うなら隣に焼却場を建てればよいのでは。

 

いま拙速に新・焼却場を山崎に決める必要はないと考えます。



山崎の下水道未利用地は、何のために購入・保有していたのか。

 

下水道設備の増設や設備改善のために保有しているのではないのか。

 

今まで保有していたのは、無駄であったのか。説明を求めたい。

 



新焼却場を決めて建設するのに10年も掛かるのか。5年では無理なのか。

ゴミ有料化の推移を見た上で決める方が良いと考えます。


安倍首相が、安全保障関連法案を「平和安全法制」といい、今議会で成立を目論んで

いるのと同じように見える。

 

 

鎌倉市は、町づくりの方針をころころ変えすぎです。

 

 

« 東芝の不適切会計処理 | トップページ | 「戦う兵隊」という映画 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2015/5/23 鎌倉市武道館に於ける新ごみ焼却施設建設候補地選定結果説明会

(午前最終部分約8分半)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/201505231.MP3


【拡散希望】2015/5/23 鎌倉市武道館に於ける新ごみ焼却施設建設候補地選定結果説明会

(松尾市長説明約9分半)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150523.MP3

(午前最終部分約8分半)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/201505231.MP3

子供の行事で行けなかったのが残念でした。
深沢はもちろん山崎は皆反対でしたよ。でもまさか山崎に来るとは思ってなかったのに、寝耳に水なのでしょうね。

①柏尾川が氾濫する場所なのにゴミ処理施設にできるのか?
②過去に関谷に有害なゴミ最終処理処分投棄をしたので、山崎の土壌も汚染されるとのではないかと思います。すでに放射能汚泥がどこかにあるようだが、山崎はすでに汚染された場所なのか?
③ゴミ処理施設がきたら、災害時にも下水道が安定的に作動するのか?根拠は?
さっぱり支離滅裂だ。以上が根本的に疑問に思う点です。

④かりに温水プール施設をつくったとしたら、山崎こもれびと温水プール施設が2つも重なる。こんなのでいいのか?鎌倉市の言うことは計画性がなさ過ぎる。
⑤市長は最初、逗子市と広域で生ゴミ剪定ゴミは鎌倉市で、以外は逗子市でという青写真を描いていたようだが、その路線はどうなったのか?交わした協定があるとしたら、既に破棄されているのか?としたら、なぜ破棄したのか?説明責任が十分でない。


鎌倉市新ごみ焼却施設について

大局的見地からみれば山崎より深沢JR跡地がBEST!!

津波対策、災害時のエネルギー有効活用ため、市役所との連携を検討する。

1.市役所移転

2.新ゴミ焼却場

利点

0.更地

1.旧市街渋滞緩和

2.湘南モノレール側面支援

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60115404

この記事へのトラックバック一覧です: 5月23日山崎地区住民説明会(新焼却場決定):

« 東芝の不適切会計処理 | トップページ | 「戦う兵隊」という映画 »

無料ブログはココログ