« 鎌倉市現業職員が、『わたり』廃止で県労委に訴えた ! | トップページ | 憲法記念日を迎えて憲法を考える »

今期議会が2年を経過  残り2年を考える

今期の市議は、2013年4月市議選で43名が立候補。26名が当選。まれに見る激戦で当選している。

その
内訳は、現職19名。新人が7名です。新人の内訳は、松尾市長が推薦した6レンジャーの3人が、永

田・
小野田・日向市議。みんなの党・河村市議。無所属・竹田市議。自民党・上畠市議。ネット・保坂市議。

今期議会での新人で発言が多かったのは、竹田・上畠・保坂市議の3人です。


2月議会のメインテーマは、予算審議と代表質問

 予算審議 

消費税増税などによる2015年増額予算が適正かどうか行政改革がなされている

どうかです。




増税分の配分が適正かが、ポイントですが、予定の4日間で審議が終了した。こんなことは最近の予算

審議
ではなかった。ゴミ処理能力を超える1700トンの処理を騒いでいましたが、予算未計上などの理由

を解明
できないなど今年の予算委員の勉強不足と能力不足が明らかになった。 

名越クリーンセンターの管理運営に関する協定書(平成27年4月1日付)を見れば、理解できます。

の協定書は、これまでのゴミ政策を変更する重要な書類です。



予算審議については「2月議会質疑(予算委員会)」
に書いています。



  議会基本条例施行後初めての議会

1.議員同士の意見が活発に行われたとは言えない。

2.2月議会が基本条例制定後も変わっていない。 

 
基本条例が制定され、議論が活発に行われると期待したが、 海の家決議案で条例制定に尽力した

基本条例委員長・副委員長
の会派が、討論もせずに退席している。

議会報告会が、開催されます。

日時:5月16日(土)AM10:00。場所:市役所議会全員協議会室

日時:5月17日(ひ)PM:14:00。場所:大船行政センター3階。

 





代表質問
 

松尾市政方向と会派の要望



2015年5月1日発行
「議会だより」から

  ゴミ問題

1.代表質問記事で新・草莽の会以外が、ゴミ政策に言及している。 

   焼却能力を超える1700トンの処理 

  みんな・鎌倉みらい・共産・ネットが、1700トン分の処理方針が無いと言及。公明も西岡市議が、予算

  委
員会で追及していた。「鎌夢会」はゴミ政策賛成の立場。

 


2.海の家問題

  海水浴場マナー向上に関する条例の一部改正において、議員提案の海の家営業終了時間を午後8時

  半を明記した
案が、反対多数で否決。松尾市長に営業時間午後8時半を堅持するよう求めた決議案も

  否決。

特記したいのは、鎌夢会や鎌倉みらいが、条例案に反対。決議案には、退席したことです。

  
決議案は松尾
市長への応援だと考えるが両会派は採決に参加しなかった。

  海水浴場は、海岸などでの治安悪化が懸念されるだけに問題が起らないように祈ります。

  参考

  産経新聞「荒れる湘南ビーチ「乱れる風紀」で“鎌倉市×海の家・財界”の攻防


3.開発問題

  開発セクションは、相変わらず、問題を起こし続けて訴訟に発展している。

 ①岡本二丁目用地活用

  鎌倉市は町づくり政策方針をころころ変えている。まるで、損得で動く不動産業者のようだ。

 ②鎌倉山二丁目訴訟問題

  地域住民から提訴され東京高裁で敗訴し、横浜地裁で再審する前に最高裁に上告。権限ない問題で

  市は
争っている。税金の無駄遣いであり市民無視そのものだ。


 これからの2年間


 今後のゴミ問題

1.逗子市とのごみ処理協定は、どうするのか。 

  逗子が焼却。鎌倉が、生ごみ処理の分担は、無くなったのか。 

2.なぜ、10年後に名越で焼却を止めると約束したのか。 

  2015年4月ごみ収集量速報値が、前年比21%減と出ているのに...。

3.鎌倉廃棄物処理政策は分散処理だったが、大幅変更になる山崎での集中焼却を行うのか。 

4.4つの候補地の中で、半径2キロ圏では山崎の人口密度が一番多いのではないか。

 

 訴訟問題

1.鎌倉山二丁目訴訟 

  市は、岡本二丁目で事業者の訴訟に補助参加して敗訴。鎌倉山では、最高裁にはじめて上告したが、 

  勝ち目はあるのか。市民目線で行っているとは思えない。敗訴すればだれが責任を取るのか。 


2.「わたり」廃止問題を現業職員組合が、県労働委員会へ提訴。
 

 ①『わたり』廃止が県下の最後になるなどは、鎌倉行政の怠慢の問題です。 

 ②松尾市長が、「再議」まで行い議会に抵抗したことを組合は、何にも感じていない。これまでの組合との

   交渉でのコミュニケーションが出来ていなかったのか。組合との交渉を公開すればよい。組合も市民の

   前で理不尽な要求はできないでしょう。

 ③市は労働委員会提訴の中で組合との『膿み』を出して改善する良い機会と捉えて行うべし。

  葉山インサイダー「鎌倉市の清掃 給食調理員は金銭欲が露骨すぎないか? カットされた給与を

  返せと県に申立
」によれば、清掃・給食調理員などの『わたり』対象者の平均給与は、800万円だった

  が、「わた
り」解消により680万円となったと書いています。

   長嶋達弘市議ブログ「鎌倉市議会議員源泉徴収票」によれば、2013年市議給与は、766万円です。

 

 

  「わたり」を放置していいたため、市議より「わたり」現業職員の方が、給与が高か

  かったのです。

  一清掃員や調理員が、職歴が長いだけで800万円も貰っていたのです!!

 

  職員から「先生」と言われているが、議員は、係長クラスの給与しか貰っていないことになる。

 

  行政・議会は、組合とは司法の場まで視野に入れて徹底的に争うべきです。

 

  

 

 

 

 

 

 

« 鎌倉市現業職員が、『わたり』廃止で県労委に訴えた ! | トップページ | 憲法記念日を迎えて憲法を考える »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

陳情資料を(常任委員数+X)必要部数を提出しなければならい根拠規定はあるのでしょうか?


陳情資料のコメントさんへ

議会事務局に根拠があるのか問合せすることをお勧めします。
議員が議会に提出する資料も必要部数を議員がコピーしているのかと聞かれればよい。

【拡散希望】2015/5/3 (産経ニュース)荒れる湘南ビーチ「乱れる風紀」で“鎌倉市×海の家・財界”の攻防

http://www.sankei.com/premium/news/150503/prm1505030014-n1.html


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59838457

この記事へのトラックバック一覧です: 今期議会が2年を経過  残り2年を考える:

« 鎌倉市現業職員が、『わたり』廃止で県労委に訴えた ! | トップページ | 憲法記念日を迎えて憲法を考える »

無料ブログはココログ