« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

鎌倉市の情報公開制度運用 ?

2015年4月5日当ブログ「岡本二丁目マンション跡地寄付受入れと情報公開」を書いています。

この問題は、岡本マンション用地寄付に関する土地評価が行われた行政文書の中の評価額を非公開とし

ことです。

その中で、情報公開の「行政文書一部公開決定撤回通知書」の経緯が出ていますが、その後、異議申し

立てについて異議申し立てを却下すると「決定書」が5月29日付で出されました。

 

 

  時系列経緯

 

1.2015年1月20日情報公開請求。

 

2.2015年2月3日行政文書一部公開決定処分。

 

3.2015年2月10日鎌倉市議会総務常任委員会委員の要請により、同上文書全部公開がなされた。

 

4.2015年2月23日同上文書一部公開に対して異議申立。

 

  申立理由は、情報公開条例第4条(公開請求権)「何人も行政文書請求することができる。」と第6条

  (公開義務)「公開請求者に対し、当該行政文書を公開しなければならない。」とあるにも関わらず、

 市民の請求には一部公開とし、議員の要請に対して公開したことから異議を申し立てられた。

 

5.2015年4月1日行政文書一部公開決定撤回通知書により、全部公開とした。

 

6.2015年5月29日市は、異議申し立てについて却下の「決定書」を出した。

 

続きを読む "鎌倉市の情報公開制度運用 ?" »

鎌倉山二丁目開発の公聴会が6月5日開催される。

まちづくり手続条例により鎌倉山二丁目開発の公聴会が、開催されます。 

日時:2015年6月5日PM7:00 

場所:鎌倉市役所 第3分庁舎 講堂 



この開発は、現在地域住民が市を訴えており、市が、敗訴して最高裁に上告している。




開発の詳細資料は、市HPで「
開発行為26-2」と検索入力すれば、あり、画面下の方に資料があります。 

この開発場所は、3度目の申請になります。1回目は、8区画宅地造成(3千平米以下)。2回目は、個人

住宅
の開発。今回は、3千平米を超える10区画宅地造成です。1回目は、取り下げられ、2回目は、許可

され
造成されたが、住宅を建設することを止めている。

 

場所は、鎌倉山から七里ヶ浜住宅地へ降りる一方通行の細道に接している左側崖地(黄色のフェンス)

です。

R0020537
開発東側写真

R0020534

開発南側写真

R0020526
開発南西側写真

R0020527
開発西側からの写真

R0020528
開発南擁壁写真

R0020530

続きを読む "鎌倉山二丁目開発の公聴会が6月5日開催される。" »

安倍政権のリスク感覚

安倍政権が言う「平和・安全法制」すなわち、安全保障関連11法案審議が、衆院特別委員会で始まった。


1.集団的自衛権行使は、憲法上許されるのか。


2.今この法が必要なのか。


3.どのようなリスクがあるのか。



国会の議論を見ていると、枝葉抹消のことを議論しているように感じてならない。

 

NHK報道を見ると「新3要件」「○○事態」などを説明しているが、根本問題について報道していない。

 

 

筆者は、現役時代に民間企業においてリスク管理業務に携わってきました。

 

 

どのような組織であれ、「人・モノ・金」を基本に考えなければならない。

 

 

  政治をこれに当てはめて考えて見ると

 

1.安倍首相は、日本のリーダーとしてふさわしいか。人柄に信頼感があるか。説明責任を果たしている?

   今日の質疑を見ていると、安倍首相は、答弁を求められていないときに答弁したり、求められているとき

  に答弁しない。質問にまともに答えないなどが散見される。質疑の中身以前の問題がある。


2.モノは、整備されているか。

 

  インフラは大丈夫か。原発問題は、解決されていないし、先が見えない状態。

 

3.国の財政は、1000兆円の借金があり、返済の目途さえ立っていない。財政再建計画が無い。

 

 

続きを読む "安倍政権のリスク感覚" »

近隣自治体における市民オンブズマン

ブログ・坊ちゃん葉山「中核市横須賀に市民オンブズマン 30日に発足、市民を仲間に活動をの記事が出

ています。


このたび、横須賀市に元市議や市民・弁護士が集まり、市民オンブズマンが設立される。

三浦半島では、葉山町・横須賀市・鎌倉市の自治体に市民オンブズマンがあることになります。

藤沢市にもオンブズマンと言う名称の組織がありますが、行政主導で、予算が付けられた組織であり、

市民
オンブズマンとは言えません。


さっそく、横須賀市では、ゴミ処理施設建設に絡む、住民監査請求が提起されています。

活発な活動が、横須賀市行政のチェック機関となるでしょう。


鎌倉の市民オンブズマンは、上部組織・かながわ市民オンブズマン参加団体です。葉山も参加団体です。

鎌倉におけるオンブズマン活動が活発に行われることを願っています。


鎌倉が、葉山や横須賀より進んでいることは、議会が、『わたり』解消を議決したことです。これも住民が、

『わたり』の住民監査請求をしたことなどが、議会議決に影響していると考えています。

続きを読む "近隣自治体における市民オンブズマン" »

「戦う兵隊」という映画

鎌倉・映画を観る会 30周年記念上映会が「戦う兵隊」を上映したので見ました。

15052501

続きを読む "「戦う兵隊」という映画" »

5月23日山崎地区住民説明会(新焼却場決定)

タウンニュース『新ごみ焼却施設 候補地周辺住民が初会合  「建設反対」が大勢占める』を掲載して

います。
記事の中で「鎌倉市は5月23日(土)、山崎浄化センター周辺の17自治会・町内会の住民を対象

とした「候補地選定結果説
明会」を、鎌倉武道館第一会議室で開催する。」と書いてあります。



前日、環境部環境政策課に出向き、「ごみ焼却施設基本計画案への異見を募集」とあるので、資料を貰う

のと、意見提出のため地
元住民がどの様な意見を持っているかを知るために、翌日の「候補地選定結果

説明会」の傍聴希望を伝えるためでしたが、
会場が狭いため、住民優先のため、ダメと断られました。


ところが、5月23日AM10:00の説明会に地区外住民が行ったところ、
数人の地区外住民は、空席がある

ことから、同席を認められたとのことです。


5月23日説明会での松尾市長説明録音http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150523.MP3


上記録音の中における候補地選定について

 

1.災害時のエネルギー有効活用ため、下水道施設との連携が必要。 

2.市民の安全・安心を優先。 


  以上2点を挙げて説明したが、最後に
 




  
地域負担の公平性よりも、市民の安全・安心を優先させ、山崎に決めた。と言ってい



   るが...。

 

続きを読む "5月23日山崎地区住民説明会(新焼却場決定)" »

東芝の不適切会計処理

2015年5月15日東芝田中社長が、不適切会計処理につて初めて記者会見して謝罪した。 

発表によるとインフラ3部門において不適切処理が行われたとのことで、金額は500億円と報じている。

 

 

企業の不適切会計処理問題の一つには、現在の会計監査制度にあると考えています。

 

 

1.上場企業や大企業は、会計士(監査法人)の監査をやり決算を行うことが決められています。 

2.世界でグローバルに活動している企業は、会計基準も世界基準で行うように求められている。 

3.現在の制度では、会計監査を当事者の企業に誰に頼むかの権限があるから、監査する会計士には、

  当該企業が、得意先になる。そこに癒着が生まれる可能性がある。

 

 

監査制度を確立するには、国または第三者団体が、企業会計監査をやる権限を持ち、その費用を当該

企業に請求する
制度を作るべきだ考えます。すなわち、監査を受ける当該企業に依頼の権限が無い

制度が必要
です。

 

 

どこの企業でも会計士と揉めるのは、資産評価です。

とくに在庫品や売掛金の評価などで問題が起きる。

 

 

東芝のケースを考えて見ると、個人的には、不適切などではなく、不正会計であり、粉飾決算を行おうとし

ていたと
考えます。一部報道よれば、告発により発覚したと報じています。

 

なぜ、粉飾かというと、一部門だけではない。多数の部門で行われていたことを社長自身が認めている

ことからです。

 

 

その後の報道によれば、東芝が、3.11以降の原発部門の落ち込みをカバーできずに赤字を隠すために

行ったように
報道されている。調査が進めば、あらゆる部門で不正決算が行われていたのではないか

と...。

 

 

 

 

続きを読む "東芝の不適切会計処理" »

前鎌倉市教育長候補の代田昭久氏の名前が出ている

佐賀県武雄市が樋渡啓祐前市長時代に実施した「タブレット」を使った教育事業に、疑惑があるという報道

出ています。

武雄市小中学校のタブレットを使った教育は、大々的に全国ニュースになり、マスコミが大きく取り上げた。




前・武雄市長樋渡氏
は、当ブログ「鎌倉おやじ」を世間に広めてくれた人です。

その経緯は、鎌倉市が、武雄市に倣い、鎌倉産品を通信販売するコンテンツを構築する事業を立ち上げる

べく予算計上した
が、中澤市議が、議会において反対し、松尾市長が、議案を取り下げることになった。

その時、樋渡市長が市長ブログ
で、「鎌倉おやじ」の記事とリンクさせたから、1日当たりのアクセスが何千

にもなり、驚きました。当時の樋渡氏の影響度を
実感した次第です。当時、彼は、全国の市長の中で「改革

派」市長として有名でした。その後、彼は佐賀県知事選に自民党
で出馬したが、落選しました。



代田昭久氏
は、松尾市長が、鎌倉市教育長として議会に同意を求めた人です。代田氏は、リクルート出身

です。東京都世
田谷区立中学校校長を民間人として務め、夜ゼミを導入した。公教育に学習塾を税金で

導入した人です。
彼は、リクルート退社後、2~3社の会社を立ち上げ事業をやり、鎌倉小町通りに飲食店

をやってました。
当ブログで、彼は、教育者じゃなく事業家ではないかと、書いた記憶があります。代田氏

の記事を書いた時にも、世田谷区
民からメールをいただきました。代田氏の教育長人事は、議会で否決

された後に、小町の飲食店にいましたが、武雄市の
教育監に就任したとの報道がありました。彼は、武雄

市でもタブレット納入に関わっていたのです。


ニュースサイト・ハンター「
武雄市タブレット端末教育事業 疑惑の機種選定(1)  」の中に記載がある「武

雄市小中学校
タブレット端末導入選定委員」名簿に代田昭久氏の名前が載っています。代田氏は、樋渡

氏の関係
で武雄市教育監になっているから、そのうち、交代するでしょう。

続きを読む "前鎌倉市教育長候補の代田昭久氏の名前が出ている" »

横須賀にいた原子力空母は、福島第一原発2基分と同規模

米海軍の原子力空母ジョージ・ワシントンが、横須賀から離日したという記事を見ました。

 

東京新聞記事「米原子力空母離任 「横須賀 常に核の危険」によると、ジョージ・ワシントンの原子炉は、

120
万キロワットと推定されると書いてあります。ジョージ・ワシントンの後釜として、今秋に横須賀を母港

として、ロナルド・レーガン原子力空
母が来ると言っています。

 

 

東京電力福島第一原発の設備の1号機46万キロワットと2号機(4号機)78.4万キロワットを合計すると

124.4万キロワット。2基分の能力がある。

 

 

2011.3.11事故での4号機の使用済み燃料棒プールへ自衛隊ヘリコプターが水を掛ける映像や東京

消防庁の強力消火
銃が水を掛ける映像を思い出しました。

 

4号機の燃料棒プールに水が無くなり、爆発すれば、東京に住めなくなると後で聞いたことがあります。

 

 

県が発表した「津波予想」では、鎌倉市七里ヶ浜に地震発生後10分で14.5メートルの波が来る。

 

津波対策が喫緊の問題でありますが、原子力汚染対策も必要です。

 

空母の原子力事故があれば、鎌倉市の一部が10キロ圏内だから、避難対策・計画を立てる必要がある。


米軍原子力空母が、福島原発の2基分もあるとは知らなかった !!

続きを読む "横須賀にいた原子力空母は、福島第一原発2基分と同規模" »

葉山インサイダー「葉山町の山梨町長が 我が家のゴミ収集にやってきた」

5月18日付葉山インサイダー「葉山町の山梨町長が 我が家のゴミ収集にやってきた」の記事を見て感じ

ことを書きます。

 

鎌倉市の現業組合が、県労委に「わたり」廃止に伴う激変緩和措置は、不当労働行為に当たるから救済

命令を出して
ほしいと申し出ました。当ブログ「不当労働行為救済申し立ての総務委員会」に書いてます。

 

 

現業組合の主な構成員は、環境部のごみ清掃作業員、保育園職員、学校の給食調理員が主な人たち。

 

現在、現業組合から申し立てられ、市と教育委員会と議会が被申立人になっています。

 

 

松尾市長と滝沢副市長と小林副市長と石井環境部長と佐藤総務部長は、一日清掃作業員として職員

と同じ作業をしたら、
現場を把握できるのではないか。作業後に一緒に風呂に入り話を聞けばよい。

松尾市長以外は、体力的に無理なら一日
パッカー車に同乗するだけでもよい。

 

 

松尾市長以下4名が、保育園の一日職員を合わせてやれば完璧です。

 

教育委員長や教育総務部長も一日給食調理員をやれば、実態が把握できる。

 

 


現業組合との団体交渉が、スムーズに行えると考えます。

 



県労委に組合が訴えることなどなくなるのではないでしょうか。

 

 

 

続きを読む "葉山インサイダー「葉山町の山梨町長が 我が家のゴミ収集にやってきた」" »

議会基本条例制定後の鎌倉市議会報告会・意見聴取会

2015年5月16日鎌倉市役所5月17日大船支所にて議会報告会・意見聴取会が開催されました。

議会基本条例制定後はじめての報告会です。市役所では17名。大船支所では20名の市民出席者がありました。

5月16日(土)鎌倉市役所

司会:赤松市議。挨拶:中村議長。その後、常任委員会報告後に質疑と意見聴取がありました。

出席市議:岡田・納所・西岡・池田・永田・小野田・保坂・大石・日向・吉岡・中澤・三宅・渡辺(昌)、赤松、中村。15名。

各常任委員会報告


岡田総務委員長報告

神奈川県から新たな津波予想が発表。

従来津波予想:坂ノ下に80分後に14.5㍍津波が来る予想でしたが、今回は、七里ガ浜に10分後に14.5

津波が来るとの予想です。津波第一波が7分後5メートル。8分後、第二波8メートル。10分後14.5メートル。

市HPに津波浸水予想図が掲載。3Dの津波襲来予想映像が出来ると報告がありました。


納所教育子どもみらい委員長報告

保育園・子育て支援センター移転・統合。学童保育施設基準変更や学童保育増加に伴う対策が報告されました。

※保育園とともに学童保育の場所の確保が、問題。


西岡観光厚生副委員長報告

海の家問題・同条例改正。ごみ焼却問題が、報告されました。山崎下水道用地を市が、新焼却場用地に決定しました。

※今後の動向が注目されます。


池田建設委員長報告

1.旧鎌地区における交通渋滞緩和のための「ロードプライシング」調査・検討の委員会設置。

2.由比ガ浜4丁目商業施設建設ついての条例手続と陳情に対する報告。

3.鎌倉山二丁目住宅開発に対する陳情採択。

※北鎌駅裏トンネル問題は、報告が無かった。

 


永田予算委員長報告

ゴミ政策について

1.ごみ処理予算において、実績から見ると1700トン処理費が計上されていない。

2.戸別収集モデル地区における有料化後のごみ削減量推移をみる事業が9か月間しか計上されていない。

3.1700トン削減のため、燃やすゴミの「炭化・RPF化」の検討。

※ゴミ有料化で4月のゴミ削減が20%以上となり、このまま推移すれば、1700トン問題は、解消する。

 戸別収集モデル地区における戸別収集は、3年以上実施しており、目的は達成している。代表質問における市長答弁

 でも、本年9月まで実施との発言があるが、予算は12月分まで計上。審査で3か月分が削減されていない。予算委員

 会委員は、1700トン問題を取り上げているが、行政と名越地区住民との「名越焼却場協定書」により年間処理量

 3,000トン増を締結が判明し、問題解消。

 今年度予算委員会のゴミ質疑は、十分ではなかったと考えます。

 

続きを読む "議会基本条例制定後の鎌倉市議会報告会・意見聴取会" »

「不当労働行為救済申し立て」の総務委員会

2015年5月15日総務常任委員会協議会が開催され、鎌倉市職員組合現業職員協議会(現業組合)が県労委に申し

立てた不当労働行為救済申し立ての内容が報告されました。

会議の冒頭に、中澤委員から資料(現業組合との労働協約、現業職員が配置されている各所属長との時間外協定書の

資料要求が出され、議題に入る前に休憩となった。

再開後質疑


永田委員質疑

Q:議会事務局に組合から議会が申し立てられたケースがあるか。

A:全国市議会議長会に問い合わせたが、前例はない。


中澤委員質疑

現業職員協議会は、労働組合法の組合です。再任用職員も組合員。パート・アルバイトも組合に加入できる。

協定書は、正規職員と再任用のみ。現業組合との団体交渉議事録は、作成していない。保育課との時間外協定書は、

時間外が、発生しないので協定していない。

保育園

保育園において、園児名のゴム印が捺印された組合ニュースが、時間内に保護者に配布されている。これは、市備品

の無断使用と個人情報保護と時間内組合活動の観点から問題である。

県労委の申し立て

市議会議長が被申立人となっているが、実態は、議員個人が被申立人である。

議事録

議事録はないが、出席者個人メモはある。議会も被申立人で行政と同じ立場ですと委員会に提出を求められ、理事者と

協議の上、個人メモが配布された。議会に提出された以上、個人メモであれ、行政文書ですが、内容は、見たところ、同

席者が、走り書きしたもので、判読できない部分があるもの。



組合との交渉記録が、走り書きした第三者が判読できない書類しかないのはおかしい。

文書管理規定及び文書作成基準からも違反している。

市長や副市長は、労使交渉経緯を口頭で報告を受けていたことになる。


鎌倉市は、現業組合から県労委に申し立てられているが、争点において文書がなけれ

ば、お互いに「言った、言わなかった」の世界に陥ることになる。



またもや、文書作成・文書管理上の「デタラメ」ぶりが、明らかになった。

安倍政権が、安保法制11法案を国会に提出

昨年7月に安倍内閣が憲法解釈変更となる「集団的自衛権」を認めることを内閣で決定したことが発端です。

まず考えられることは、時の内閣が、憲法解釈を勝手に変えられるのかという問題です。憲法を改正せずに解釈を変更する

などは、出来ないのは、明らかだと考えます。また、過去の自民党歴代政権は、個別自衛権はあるが、集団的自衛権はない

と言及してきました。


識者が、「戦争しない国から、戦争できる国に帰る法案です」と言っています。


私を含めた多くの国民は、これら法案は理解できていない。



わかっているのは、手続がおかしいことです。

 



1.憲法に抵触する法案なのに、憲法解釈を変更した法案などはもってのほかです。
 

2.安倍政権は、先の衆議院選で安保法制変更を打ち出し、選挙を勝ったのではない。安保変更は、信任

  を受けていない。
自民党と公明党だけの協議でまとめただけである。 

3.国際情勢から見て、手続きを無視せざるを得ない日本の存立を脅かせる安保問題が差し迫っている

  状況にあるとは、
考えられない。

 

国会が憲法に反しない法案は、審議できるが憲法解釈変更の法案を受理するのか。


国会は、受理すらできないと考えるが...。

 



国会が、審議を始めるならば、集団的自衛権を認める憲法解釈が妥当かどうかから



始めるべきです。

 

 

北鎌倉緑の洞門を守る会が、 通行止めの早期解除を協議する住民集会

北鎌倉緑の洞門を守る会が、6月1日住民集会を開催します。


日時 6月1日(月)午後5時半開場 午後6時開会

◆会場 山之内公会堂(北鎌倉駅から東慶寺方面に徒歩2分)

◆資料代・参加費:500円

◆主催:北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)

◆早稲田大学大学院(理工)教授 小泉淳氏をお招きします。


緑の洞門を利用していた北鎌地区住民及び学童は、通行止めにより迷惑を受けている。



問題点の整理

1.通行止めは妥当な判断なのか。

2.通行禁止による通行者対策は、どうしているのか。

3.トンネル地質調査の方法は?

4.小泉教授の考えは?



都合のつく方
は、できるだけ参加していただければと思います。

鎌倉おやじ

湘南モノレール経営権が売却か !?

朝日新聞「湘南モノレールを売却へ 三菱系3社、利用者数伸び悩む」と

産経新聞「重工など三菱3社、湘南モノレールを再生ファンドに売却へ」の記事が出ています。

湘南モノレールは、三菱重工を中心とした三菱グループが、株式の91%を保有している。今回、経営共創

基盤(東京、冨山和彦・最高経営責任者)に売却する方針を固めたと報じています。


当ブログ「上場企業の会計問題増加!」にも書いていますが、三菱重工は、造船事業でミスをして業績を

下げている。当初、造船事業の分社化を考えていたが、断念したようだ。重工は、いまジェット機に注力す

ため、事業改革を進めている。今回の湘南モノレール事業売却は、事業改革の一端ではないか。


三菱グループは、三菱電機中心に鎌倉市事業に関与している。
 

ごみ処理施設:重工。建物設備エレベーターなど:電機。公園などの指定管理;電機の子会社。 

議員:元三菱電機労組委員長。

 

 


経営共創基盤は、東北地区バス事業などを再生した会社です。トップは、バブル再生を行うため産業再生

機構で辣腕をふるった富山氏が就任している。事業再生のプロです。

 

 


湘南モノレールは、日本最古の懸架式モノレールで、設備更新が課題となっておるが、富山氏が、解決

して
くれることを期待したい。

 

 


湘南モノレールと江ノ電は、鎌倉市における鉄道会社です。

 



鎌倉市は、湘南モノレールの
再生に積極的に関与すべきと考えます。

「わたり」に対する不当労働行為事件調査開始通知書

2015051101

続きを読む "「わたり」に対する不当労働行為事件調査開始通知書" »

横浜市消防ミスによる焼死者発生  !!

毎日新聞「消防出動せず:アパート全焼 1遺体、通報者か 横浜 」と記事が出ている。 

この記事を見て、鎌倉市の事例を思い起こしましたので、改めて記事にします。


鎌倉市の事例

鎌倉市消防署玉縄出張所の隣家が、火事になりました。その家には老人が一人で住んでいましたが、救

出も
できず、焼死され、家も全焼となりました。玉縄出張所には救急車も消防車も常駐しているはずだが。

 

当時は、石渡市長時代でした。市長記者会見で、なぜ、助けられなかったか質問したところ、兵藤総務部長

が、火事が発生した時に出張所職員が消防訓練に出ていて消火・救出が遅れたとの回答をした。消防訓

練時の玉縄地区の体制
を聞いたところ、大船消防署が出動することになっていたために現場到着が遅れ

たとのことでした。

 

 

続きを読む "横浜市消防ミスによる焼死者発生  !!" »

上場企業の会計問題が増加!

ここに来て、多くの上場企業決算発表が行われているが、有名企業の業績不振が、目白押しです。

決算発表時期になり、突然発表を延期したり、業績の下方修正が発表されています。

1.三菱重工業

  日経新聞「三菱重工、純利益31%減 15年3月期 豪華客船の特損響く」とある。造船

  事業
は、創業時からの事業ですが、失敗している。重工は、三菱財閥グループの起点となる

   会社であり、鎌倉
にある三菱電機は、重工電気部から派生した企業です。重工により日本で
 
  初めて開発するジェット機が、
2年後に飛ぶと言われているが、大丈夫か。

2.東芝

  毎日新聞『東芝:「過去に不適切な会計処理」決算公表6月以降に延期によれば、業績予想

  を
「未定」とし、今期配当を無配とした。前期業績も修正する可能性があるように書かれてい

  ます。5月11日株価はストップ安。東芝グループ企業「東芝テック」も平成15年3月期業績を一

  転して
最終赤字とした。その他東芝グループ企業にも影響が出て来るでしょう。

3.シャープ

  朝日新聞『シャープが「中小企業」に? 資本金1億円への減資検討』と記事が出ています。

  シャープは、シャープペンシルを作った開発が得意なエレクトロニクス企業です。液晶で伸び

  たが、液晶で失敗してしまった。今後は、経産省や主力金融機関が、どうするかに掛ってい

  ます。また、この件は、日本のエレクトロニクス産業問題でもあります。

 

続きを読む "上場企業の会計問題が増加!" »

鎌倉市現業組合の県労委申立書について

鎌倉市職員労働組合現業評議会(以下現業組合という)が神奈川県労働委員会に被申立人鎌倉市・

市教育委員会・鎌倉市議会に対して「わたり」激変緩和措置廃止は、不利益処分に当たると訴えました。

その申立書が、県労委から2015年5月8日付で市議会に送付され、5月11日に市議会各派代表者会議

が開かれました。
 


市議会は、申し立てに対する対応を5月18日までに県労委に回答する必要があります。
 

議会は、議会の意見や弁護士の意見を踏まえて決断。その結果を18日には発表することになるでしょう。

 

 

市議会への現業組合の申し立ての疑問(社会通念からの考察)

1.申立書が送られてきたが、議会が被申立人となりうるのか。適格性があるのだろうか。 

2.地方自治体は、二元代表制を取っている。議会が負ければ、二元代表制が機能しなくなる。

3.「わたり」は、条例で決められていない。市の内規と言える「一般職・技能労務職昇任取扱要綱」により

    
平成23年度まで「わたり」が発生していました。 

4.現業組合は、交渉を市と教育委員会とで行っている。労使交渉の経緯や内容を議会に報告している

  のか。 

5.議会は、現業組合と争うことになれば、弁護士などの経費が掛かる。議会は当事者でないのに

  支出できるのか。
安易な支出は、住民監査請求の対象になるのでは?

 

 

参考資料

市議会議長宛「意見書」 発信者:神奈川自治労連弁護団

 

鎌倉市HP「告示・公告」の窓が設定された。

2015年5月1日より市のホームページのトップにある『市政情報』の中に「告示・公告 」が設定された。

鎌倉市の条例、規則等の公布や告示、公告等の公表は、ホームページで平成27年度より閲覧できるよう

になりました。



鎌倉市の情報公開度が少し前進したと考えます。



市の業務は、法律や市の条例・規則に基づき公開する必要がありますが、従来は、鎌倉市公告式条例に

より
市役所前の掲示場に掲示されていました。

 

実際は、ほとんどの市民が、公開されていることすら知りません。市民に周知すべきことが、ないがしろ

になっていました。現に、担当セクションにより、お知らせのページに掲載しているケースがあるときとない

ときがあるなど「バラバラの運用」が従来は行われていました。




市のホームページ「告示・公告」の要望は、平成26年6月に市民から要望書が出されて設定された。

憲法記念日を迎えて憲法を考える

5月4日の報道では、改憲派と護憲派の集会が報じられています。

国民が、選挙に行かなくなる中、安倍政権が、多数を取り、声高に改憲を主張しています。


憲法とは何ぞやを国民目線で考えて見たい。


立憲主義とは、国民を権力の乱用から守ることなのです。




その証拠に、すべて公務員になるには憲法を守ると宣誓しなければならないのです。

国家公務員も地方
公務員も同じです。


事例

鎌倉市職員の服務の宣誓に関する条例

第2条(職員の服務の宣誓) 「宣誓書に署名してからでなければ、その職務についてはならない。」と規定。


鎌倉市の宣誓書
 

「私は、ここに主権が国民に存することを認める日本国憲法及び法律を尊重し、且つ、擁護することを固く誓います。

私は、地方自治の本旨を体するとともに公務を民主的、且つ、能率的に運営すべき責務を深く自覚し、全体の奉仕者

として、誠実、且つ、公正に職務を執行することを固く誓います。」   年 月 日  職氏    印

 

続きを読む "憲法記念日を迎えて憲法を考える" »

今期議会が2年を経過  残り2年を考える

今期の市議は、2013年4月市議選で43名が立候補。26名が当選。まれに見る激戦で当選している。

その
内訳は、現職19名。新人が7名です。新人の内訳は、松尾市長が推薦した6レンジャーの3人が、永

田・
小野田・日向市議。みんなの党・河村市議。無所属・竹田市議。自民党・上畠市議。ネット・保坂市議。

今期議会での新人で発言が多かったのは、竹田・上畠・保坂市議の3人です。


2月議会のメインテーマは、予算審議と代表質問

 予算審議 

消費税増税などによる2015年増額予算が適正かどうか行政改革がなされている

どうかです。




増税分の配分が適正かが、ポイントですが、予定の4日間で審議が終了した。こんなことは最近の予算

審議
ではなかった。ゴミ処理能力を超える1700トンの処理を騒いでいましたが、予算未計上などの理由

を解明
できないなど今年の予算委員の勉強不足と能力不足が明らかになった。 

名越クリーンセンターの管理運営に関する協定書(平成27年4月1日付)を見れば、理解できます。

の協定書は、これまでのゴミ政策を変更する重要な書類です。



予算審議については「2月議会質疑(予算委員会)」
に書いています。



  議会基本条例施行後初めての議会

1.議員同士の意見が活発に行われたとは言えない。

2.2月議会が基本条例制定後も変わっていない。 

 
基本条例が制定され、議論が活発に行われると期待したが、 海の家決議案で条例制定に尽力した

基本条例委員長・副委員長
の会派が、討論もせずに退席している。

議会報告会が、開催されます。

日時:5月16日(土)AM10:00。場所:市役所議会全員協議会室

日時:5月17日(ひ)PM:14:00。場所:大船行政センター3階。

 

続きを読む "今期議会が2年を経過  残り2年を考える" »

鎌倉市現業職員が、『わたり』廃止で県労委に訴えた !

2015年5月1日神奈川新聞記事「労組が県に救済申し立て 鎌倉市職員『わたり』廃止で」が出ている。

市の一般職員と現業職員は違い、現業職員は、争議権団体交渉権があると聞いていますが、「わたり」は、

県下自治体で最後まで残っていたのが鎌倉市でした。鎌倉市議会9月議会において、「わたり」廃止の市

提案には、6年間の「激変緩和措置」が含まれていましたが、議会の修正提案により、即廃止されたもの

です。

わたり」廃止の内容は、「新・給与体系議案の修正案が確定した!」に詳しく書いています。

 


国は
、東日本大震災が発生したことにより、国家公務員給与を2年間暫定削減しました。鎌倉市

は、これに対応せず、
独自に財政難を根拠に2年間7.7%削減した。2014年10月より

「わたり」廃止により市職員の給与は削減されたが、7.7%暫定削減が終了し、7.7%分が、

上がっています。

 

 

 

 

 

続きを読む "鎌倉市現業職員が、『わたり』廃止で県労委に訴えた !" »

北鎌倉トンネル通行禁止についての緑の洞門ニュースNO.2

「北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会) 代表 出口茂」からの情報によれば、「「緑の洞門ニュースNO.2」を

北鎌倉地区に全戸配布したとのことです。

No_566x800

続きを読む "北鎌倉トンネル通行禁止についての緑の洞門ニュースNO.2" »

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

無料ブログはココログ