« 「わたり」に対する不当労働行為事件調査開始通知書 | トップページ | 北鎌倉緑の洞門を守る会が、 通行止めの早期解除を協議する住民集会 »

湘南モノレール経営権が売却か !?

朝日新聞「湘南モノレールを売却へ 三菱系3社、利用者数伸び悩む」と

産経新聞「重工など三菱3社、湘南モノレールを再生ファンドに売却へ」の記事が出ています。

湘南モノレールは、三菱重工を中心とした三菱グループが、株式の91%を保有している。今回、経営共創

基盤(東京、冨山和彦・最高経営責任者)に売却する方針を固めたと報じています。


当ブログ「上場企業の会計問題増加!」にも書いていますが、三菱重工は、造船事業でミスをして業績を

下げている。当初、造船事業の分社化を考えていたが、断念したようだ。重工は、いまジェット機に注力す

ため、事業改革を進めている。今回の湘南モノレール事業売却は、事業改革の一端ではないか。


三菱グループは、三菱電機中心に鎌倉市事業に関与している。
 

ごみ処理施設:重工。建物設備エレベーターなど:電機。公園などの指定管理;電機の子会社。 

議員:元三菱電機労組委員長。

 

 


経営共創基盤は、東北地区バス事業などを再生した会社です。トップは、バブル再生を行うため産業再生

機構で辣腕をふるった富山氏が就任している。事業再生のプロです。

 

 


湘南モノレールは、日本最古の懸架式モノレールで、設備更新が課題となっておるが、富山氏が、解決

して
くれることを期待したい。

 

 


湘南モノレールと江ノ電は、鎌倉市における鉄道会社です。

 



鎌倉市は、湘南モノレールの
再生に積極的に関与すべきと考えます。

« 「わたり」に対する不当労働行為事件調査開始通知書 | トップページ | 北鎌倉緑の洞門を守る会が、 通行止めの早期解除を協議する住民集会 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

湘南モノレールに運行の改善を提案しても今まで三菱グループが全株持っていて元々実験線の
性格が強い路線だから馬の耳に念仏だった。
利用者の声に耳を貸さなかった企業に税金投入は必要ない、自業自得なんだから、鎌倉市は
関与しない方が良い。

銀さとしさま
湘南モノレールは、腰越・深沢地区住民の「足」です。この地区の通勤者の利用が多いと考えています。三菱は、この事業が重荷になったと考えて、売却したと思います。本音は、国産ジェット機開発でお金がいる。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/59980713

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南モノレール経営権が売却か !?:

« 「わたり」に対する不当労働行為事件調査開始通知書 | トップページ | 北鎌倉緑の洞門を守る会が、 通行止めの早期解除を協議する住民集会 »

無料ブログはココログ