« 横須賀にいた原子力空母は、福島第一原発2基分と同規模 | トップページ | 東芝の不適切会計処理 »

前鎌倉市教育長候補の代田昭久氏の名前が出ている

佐賀県武雄市が樋渡啓祐前市長時代に実施した「タブレット」を使った教育事業に、疑惑があるという報道

出ています。

武雄市小中学校のタブレットを使った教育は、大々的に全国ニュースになり、マスコミが大きく取り上げた。




前・武雄市長樋渡氏
は、当ブログ「鎌倉おやじ」を世間に広めてくれた人です。

その経緯は、鎌倉市が、武雄市に倣い、鎌倉産品を通信販売するコンテンツを構築する事業を立ち上げる

べく予算計上した
が、中澤市議が、議会において反対し、松尾市長が、議案を取り下げることになった。

その時、樋渡市長が市長ブログ
で、「鎌倉おやじ」の記事とリンクさせたから、1日当たりのアクセスが何千

にもなり、驚きました。当時の樋渡氏の影響度を
実感した次第です。当時、彼は、全国の市長の中で「改革

派」市長として有名でした。その後、彼は佐賀県知事選に自民党
で出馬したが、落選しました。



代田昭久氏
は、松尾市長が、鎌倉市教育長として議会に同意を求めた人です。代田氏は、リクルート出身

です。東京都世
田谷区立中学校校長を民間人として務め、夜ゼミを導入した。公教育に学習塾を税金で

導入した人です。
彼は、リクルート退社後、2~3社の会社を立ち上げ事業をやり、鎌倉小町通りに飲食店

をやってました。
当ブログで、彼は、教育者じゃなく事業家ではないかと、書いた記憶があります。代田氏

の記事を書いた時にも、世田谷区
民からメールをいただきました。代田氏の教育長人事は、議会で否決

された後に、小町の飲食店にいましたが、武雄市の
教育監に就任したとの報道がありました。彼は、武雄

市でもタブレット納入に関わっていたのです。


ニュースサイト・ハンター「
武雄市タブレット端末教育事業 疑惑の機種選定(1)  」の中に記載がある「武

雄市小中学校
タブレット端末導入選定委員」名簿に代田昭久氏の名前が載っています。代田氏は、樋渡

氏の関係
で武雄市教育監になっているから、そのうち、交代するでしょう。

« 横須賀にいた原子力空母は、福島第一原発2基分と同規模 | トップページ | 東芝の不適切会計処理 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2015年5月30日(土)19時 横須賀市民オンブズマン立ち上げのお知らせ

(チラシ)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150530YKSK.jpg



【拡散希望】2015/5/23 鎌倉市武道館に於ける新ごみ焼却施設建設候補地選定結果説明会

(松尾市長説明約9分半)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150523.MP3


鎌倉市が参加を希望していた、武雄市発の自治体運営通販サイト「JapanSG」ですが、「自治体特選ストア」とまたまた名称が変わっており(発足当初は「FB良品」)、また武雄市も運営事務局から離脱しています。

先月には「自治体特選ストア暗雲、低収益で脱退相次ぐ 武雄市発特産品共同販売サイト」 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/168983 との報道もされていますので、鎌倉市が参加しなかったのは正解だったと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60092548

この記事へのトラックバック一覧です: 前鎌倉市教育長候補の代田昭久氏の名前が出ている:

« 横須賀にいた原子力空母は、福島第一原発2基分と同規模 | トップページ | 東芝の不適切会計処理 »

無料ブログはココログ