« 「不当労働行為救済申し立て」の総務委員会 | トップページ | 葉山インサイダー「葉山町の山梨町長が 我が家のゴミ収集にやってきた」 »

議会基本条例制定後の鎌倉市議会報告会・意見聴取会

2015年5月16日鎌倉市役所5月17日大船支所にて議会報告会・意見聴取会が開催されました。

議会基本条例制定後はじめての報告会です。市役所では17名。大船支所では20名の市民出席者がありました。

5月16日(土)鎌倉市役所

司会:赤松市議。挨拶:中村議長。その後、常任委員会報告後に質疑と意見聴取がありました。

出席市議:岡田・納所・西岡・池田・永田・小野田・保坂・大石・日向・吉岡・中澤・三宅・渡辺(昌)、赤松、中村。15名。

各常任委員会報告


岡田総務委員長報告

神奈川県から新たな津波予想が発表。

従来津波予想:坂ノ下に80分後に14.5㍍津波が来る予想でしたが、今回は、七里ガ浜に10分後に14.5

津波が来るとの予想です。津波第一波が7分後5メートル。8分後、第二波8メートル。10分後14.5メートル。

市HPに津波浸水予想図が掲載。3Dの津波襲来予想映像が出来ると報告がありました。


納所教育子どもみらい委員長報告

保育園・子育て支援センター移転・統合。学童保育施設基準変更や学童保育増加に伴う対策が報告されました。

※保育園とともに学童保育の場所の確保が、問題。


西岡観光厚生副委員長報告

海の家問題・同条例改正。ごみ焼却問題が、報告されました。山崎下水道用地を市が、新焼却場用地に決定しました。

※今後の動向が注目されます。


池田建設委員長報告

1.旧鎌地区における交通渋滞緩和のための「ロードプライシング」調査・検討の委員会設置。

2.由比ガ浜4丁目商業施設建設ついての条例手続と陳情に対する報告。

3.鎌倉山二丁目住宅開発に対する陳情採択。

※北鎌駅裏トンネル問題は、報告が無かった。

 


永田予算委員長報告

ゴミ政策について

1.ごみ処理予算において、実績から見ると1700トン処理費が計上されていない。

2.戸別収集モデル地区における有料化後のごみ削減量推移をみる事業が9か月間しか計上されていない。

3.1700トン削減のため、燃やすゴミの「炭化・RPF化」の検討。

※ゴミ有料化で4月のゴミ削減が20%以上となり、このまま推移すれば、1700トン問題は、解消する。

 戸別収集モデル地区における戸別収集は、3年以上実施しており、目的は達成している。代表質問における市長答弁

 でも、本年9月まで実施との発言があるが、予算は12月分まで計上。審査で3か月分が削減されていない。予算委員

 会委員は、1700トン問題を取り上げているが、行政と名越地区住民との「名越焼却場協定書」により年間処理量

 3,000トン増を締結が判明し、問題解消。

 今年度予算委員会のゴミ質疑は、十分ではなかったと考えます。

 

5月17日(日)大船支所

司会:高橋市議。挨拶:前川副議長。その後16日と同様に各委員長報告がありました。

出席市議:岡田、三宅、吉岡、小野田、山田、高橋、西岡、久坂、中村、渡辺(隆)、河村、納所、大石、渡辺(昌)、池田、

        竹田、前川、保坂。以上18名。

各委員会報告は、前日と同じ。

質疑では、山崎地区住民が、新ゴミ焼却建設候補地に山崎が決まり、不満の発言。

1.下水処理場開設以来、地区住民要望が、いまだに一つもなされていない。

2.処理場隣接住民は、処理場稼働による悪臭や振動の被害を受けている。

3.新ゴミ処理場候補地検討の会合に山崎地区町内会の参加が認められていない。


※市の山崎地区への対応がまずい。山崎地区住民の『怒り』が爆発しそうです。

その他の意見

1.議会基本条例が施行されたが、議会がどのように変わったか。委員会などで議員間討議を深めてほしい。

2.海岸津波対策。避難設備や避難路や避難対策。

3.子供の身体能力県下ワースト2位。対策を。

4.市の予算は、市民税でほとんど賄われている。観光事業収入ではない。予算は市民対策に使ってほしい。

5.議会の説明は、行政用語や専門用語を使わず、平易な言葉で!

6.傍聴席の椅子。折り畳みパイプ椅子では、足や体の悪い人が長時間座ってられない。改善を!

   議会3期前に陳情が出ている問題である。議会として改善しないと恥ずかしいのではないか。

7.議会報告会に行政部門の出席を。行政への要望などに対応できない。

8.市内中学生に議会傍聴などをさせ、関心を持たせたらよい。

9.公共施設再編計画は、重要施策であり、市民などの意見を聞く必要があるが、計画書が一部2千円もする。

  無償配布してほしい。

10.議会報告会を2か所だけでなく、支所ごとに開いて、地区要望なども聞いてほしい。


出席者から出た意見を見てみると「ごみ」と「北鎌トンネル」に当面の市民の関心がある。



出席者を見ると、旧鎌地区より大船地区の方が、行政・議会への関心が高そうです。

« 「不当労働行為救済申し立て」の総務委員会 | トップページ | 葉山インサイダー「葉山町の山梨町長が 我が家のゴミ収集にやってきた」 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

おやじさん、鎌倉、大船共に出席されたのでしょうか?
大船だけ出席しました。
今度同様の会合があったら皆さんに出来るだけ広くご挨拶できたらと考えています。
これからも情報発信よろしくお願いいたします。


【拡散希望】神奈川県立藤沢高等学校跡地価格設定での民間売却について。

2015/4/28 神奈川県公報 号外42号

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/765209.pdf

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60042739

この記事へのトラックバック一覧です: 議会基本条例制定後の鎌倉市議会報告会・意見聴取会:

« 「不当労働行為救済申し立て」の総務委員会 | トップページ | 葉山インサイダー「葉山町の山梨町長が 我が家のゴミ収集にやってきた」 »

無料ブログはココログ