« 「戦う兵隊」という映画 | トップページ | 安倍政権のリスク感覚 »

近隣自治体における市民オンブズマン

ブログ・坊ちゃん葉山「中核市横須賀に市民オンブズマン 30日に発足、市民を仲間に活動をの記事が出

ています。


このたび、横須賀市に元市議や市民・弁護士が集まり、市民オンブズマンが設立される。

三浦半島では、葉山町・横須賀市・鎌倉市の自治体に市民オンブズマンがあることになります。

藤沢市にもオンブズマンと言う名称の組織がありますが、行政主導で、予算が付けられた組織であり、

市民
オンブズマンとは言えません。


さっそく、横須賀市では、ゴミ処理施設建設に絡む、住民監査請求が提起されています。

活発な活動が、横須賀市行政のチェック機関となるでしょう。


鎌倉の市民オンブズマンは、上部組織・かながわ市民オンブズマン参加団体です。葉山も参加団体です。

鎌倉におけるオンブズマン活動が活発に行われることを願っています。


鎌倉が、葉山や横須賀より進んでいることは、議会が、『わたり』解消を議決したことです。これも住民が、

『わたり』の住民監査請求をしたことなどが、議会議決に影響していると考えています。


鎌倉市の現業組合が、「わたり」解消の議決に対して、県労委に救済申し立てを行っており、県労委がどの

ような判断を示すのか。今後の経過を観なければなりませんが...。

裁判にまで発展すれば、5年以上結論を得るまでかかるでしょう。


ブログ・坊ちゃん葉山において「オンブズマン活動の基本は、情報公開請求による情報

 

開示と住民監査請求。」と書かれています。

 


鎌倉市民オンブズマンが、情報開示により、問題点を洗い出して、住民監査請求に


つなげてくださることを
願っています。

 

市民の一人として期待しています。

« 「戦う兵隊」という映画 | トップページ | 安倍政権のリスク感覚 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


横須賀市の公文書公開制度のご案内

手数料300円!!

12時~13時は休憩

http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0250/g_info/l100050161.html

横須賀市は国の悪い所を真似しています。

市民オンブズマンよりも川崎市の様に本物のオンブズマン制度導入を求めるべきです。

本物のオンブズマン制度とは何を意味するのでしょうか?

ご存知の方はわかりますが。。。。

(民間)かわさき市民オンブズマン

http://www.kawasaki-ombuds.sakura.ne.jp

(市営)川崎市市民オンブズマン

http://www.city.kawasaki.jp/750/soshiki/19-1-0-0-0.html


【拡散希望】2015/5/28(カナロコ)「なぜ山崎」住民反発 鎌倉市の新焼却施設 地元に説明開始

http://www.kanaloco.jp/article/98854

2015/5/23 鎌倉市武道館:新ごみ焼却施設建設候補地選定結果説明会(音声)

(松尾市長約9分半)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150523.MP3

(午前最終部分約8分半)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/201505231.MP3

(資料)http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150527.jpg

2015/5/30(カナロコ)川崎市市民オンブズマン 苦情99件、相談228件

http://www.kanaloco.jp/article/99304


【拡散希望】公表データで示す藤沢市の情報公開度合い

http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150530.jpg


川崎市みたいなのができると良いですね。
でもいつもこういうのに来る人は爺ばかりで、
年齢と性別が偏り過ぎなのが気になります。

情報公開のための住民請求、監査請求
などリスト作って、アップしてくださると、
市民が協力しやすいのではないですか。
協力したいポランティア市民のメーリングリストつくって、
情報流せば良いと思います。

監査請求とかもしたいけど、いかんせん
いつも役所まで行くのがおっくうなのだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60151585

この記事へのトラックバック一覧です: 近隣自治体における市民オンブズマン:

« 「戦う兵隊」という映画 | トップページ | 安倍政権のリスク感覚 »

無料ブログはココログ