« 鎌倉市民が鎌倉市にふるさと納税しても市がプラスになる!! | トップページ | 「労働者派遣法」と「小選挙区制度における政党公認権」 »

鎌倉に観光客が平日にも増えて混乱 !?

鎌倉おやじは、平日に市役所に行くことが多い。

JR横須賀線を利用していくが、平日の午後であっても鎌倉駅で電車から降りて西口へ出る

のも大変。さらに市役所への通り道も歩道を観光客が占拠しており、スムースに歩けない。

市民が観光客に遠慮して歩いている始末です。

旧鎌地区の住民は、日頃のお買い物が大変だろうと推測します。もはや、旧鎌は、市民が

住むのに適したところではない。観光客対象の飲食店や土産物店の街だ!

私などは、土曜や日曜日には、観光客が多いところには近づかないでいたが、平日も市民

が行動するには、大変になってきた。


首都圏で「安・近・短」の観光地「かまくら」が、浸透して
町が混乱している。テレビも安上がりで

率が取れるのか知らないが、鎌倉を舞台にした安直な観光番組が多く作られて、混雑に拍車

がかかっている。


七里ヶ浜に住んでいる友人が、最近大船周辺に住所を変えた。江ノ電を観光客が占拠し、土日祝祭日に

出かけられない。買い物や病院に行くのも大変。急病になったら命も脅かせられる。大船地区は、買い物

・病院に配ないので引越しした理由とのこと。


先日、江の島が、オリンピックのヨット会場に選定された。

6月議会が始まっていますが、議員の発言を聞いていると、江の島にオリンピックが決まり、観光客対策

必要と発言している。鎌倉市議の多くは、自営業者の出身者が多いからか。議員の関心は、観光客対

策が
番のようです。

市は、過去から、観光客向けの豪華トイレ1か所に3千万円以上掛けて作ったり、観光客対策には熱心

ですが、
市民生活向けの政策には無関心すぎるのではないか。

緑が多い住環境があるから、私は、鎌倉を住まいにしたが、市民サービスが少なく、人が多くて混乱した

鎌倉から逃げ出そうかと考えてしまう今日この頃です。


平成25年度鎌倉草創塾研究結果報告書(平成26年6月)財政シュミレーションから見た鎌倉市の将来ビジョンの考察

22ページ記載の平成24年度決算概要における歳入内訳は、



市税が、62%。そのうち、個人市民税が、45%を占め。法人市民税は、5%に過ぎない。

個人と法人を合わせて、50%を占める。残りは、固定資産税38%。都市計画税10%。

市たばこ税2%。鎌倉市の法人市民税は、5%で、たばこ税より3%だけ多いだけです。




法人市民税収入は、鎌倉市の収入のうち、3%しかない。

 

鎌倉市は観光政策に重きにおいていますが、果たしてそれでよいのでしょうか。


財政シュミレーションでは、20年後は、個人市民税が、156億から144億円になり、

法人市民税は、17億から16億と推測している。市税総額では、350億から340億円

と推定している。

財政シュミレーション88ページでは、平成30年度までは歳入が歳出を上回るが、

平成31
年度からは、歳出が上回り、赤字に陥ると推測している。


鎌倉市は、4年後には赤字に陥るのです!!


鎌倉市は、世界遺産登録や観光客対策に多額の税金を振り向ける余裕はない。


まずは、市民生活を守るために社会福祉に税金を振り向けるべきです。


鎌倉市は、市民の市民税で多くを賄っている。
市税を負担している人に応分の支援を


するべきで、負担していない法人には、
それなりの支援でよいと考えます。

« 鎌倉市民が鎌倉市にふるさと納税しても市がプラスになる!! | トップページ | 「労働者派遣法」と「小選挙区制度における政党公認権」 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】情報公開にまつわる日々の出来事-情報公開クリアリングハウス理事長日誌

2015/6/11 廃棄をまぬがれた公文書リストを見てめまいがしてきた

http://johokokai.exblog.jp/24244628/


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60378854

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉に観光客が平日にも増えて混乱 !?:

« 鎌倉市民が鎌倉市にふるさと納税しても市がプラスになる!! | トップページ | 「労働者派遣法」と「小選挙区制度における政党公認権」 »

無料ブログはココログ