« 鎌倉市労使交渉に係る内容の公表基準(平成27年6月議会) | トップページ | 70年を迎えた沖縄慰霊の日 »

鎌倉市職員労働組合HPと組合宣伝ビラ

2015年6月19日に鎌倉市職員労働組合が、HPを立ち上げました。

HP名は市民とともに歩む”鎌倉市職員労働組合”」となっています。

平成27年6月宣伝ビラhttp://www.kamakumi.com/wp-content/uploads/2015/06/20150617.pdf 

に、県労委に不当労働行為の救済申し立てをしたことが書かれており、その論点が書かれています。


このビラは、職員組合の知識レベルが低いことを露見したものです。

1.自治体職員は、地方公務員法により雇用が保障されており、民間労組と同様には出来ない。

2.自治体職員給与は、条例で決まり、労使間では決められない。議会の議決が必要。

3.単純労務職の職員が600万円以上の年収を取っているケースが多い。民間と比べ高給です。

4.平成24年4月日本一の給与であったことを言い訳している。

5.「生活不安を払拭できる近隣市並みの給与を」と言いながら、片方では「鎌倉市職員の給与は近隣市

  並み」と言っている。

 

 

 

   宣伝ビラの論点

1.労使間で約束を破るのは、憲法と法律に反します。

 ①「住民の繁栄無くして自治体労働者の幸せはない」これが私たちの信条です。

 ②労働条件は労使の話し合いで決めるのが社会のルールです。

 ③話し合いの中で組合が給与引き下げに応じることも。

 ④当事者でない市議会が介入 これは憲法と法律に違反します。

 ⑤市長が話し合いに応じないのも憲法や法律に違反。

 ⑥生活不安を払拭できる近隣市並みの給与を。

 ⑦市役所を正常化したい、だから県労働委員会に訴えました。

2.鎌倉市の給与は日本一ではありません。

 ①鎌倉市職員の給与は近隣市並み

 ②日本一の給与??

 ③そこには不払い残業の実態



組合は、暫定削減で2年間給与削減があったことを強調していますが、2014年10月より

7.75%上がって元に戻っていることを忘れている!





6月26日号タウンニュース「鎌倉市 夏にボーナス支給」によれば、

「一般職の平均支給額(支給率1・975月)は75万6899円で、前年比5万7146円(8・17%)のプラスと

なった。
人事院勧告に基づいて、支給率を前年の1・9月から引き上げたことや、給与の暫定削減が昨年

9月に終了したことなどが原因。6月1日現在の職員数は1302人で平均年齢は42・4歳。」



給与が7.75%上がり、元に戻ったから、前年比8.17%上がったのは、明らかです。




国が東日本大震災発生に伴い国家公務員給与削減を行った。鎌倉市の
給与が2009年4月自治体で日本

の給与となったため、市が財政難を理由として給与引き下げを提案し、組合も了承したのではないか。

鎌倉市「わたり」解消は、地方公務員法の不備により、職務職級に応じた給与になっていないことから、

総務
省が、地方自治体へ「通達」という形で「わたり」廃止を求めていたものです。

神奈川県下自治体で唯一鎌倉だけが、「わたり」を廃止していなかった。市は、給与体系の変更に伴う「わ

たり」廃止
をするため労使交渉を行っていたが、合意できたのは、6年間の激変緩和措置を含むもの。

議会に提案したが、議会は、激変緩和措置を無くす修正案にて可決した。

議会は、「日本一の給与」「わたりの市民による住民監査請求」などを勘案して給与議案を修正したものと

考えます。

組合記事「いわゆる「わたり」は違法な支出ではありません」において、

市民の「わたり」廃止の住民監査請求は、監査委員により、却下されたと言っていますが、市の監査

委員が、
判断したもので、司法が判断した最終決定ではありません。

また、代表監査委員は、市長提案で就任している人物です。

京都の城陽市では、「わたり」廃止が、監査委員により認められています。

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CB0QFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.city.joyo.kyoto.jp%2Fgovernment%2Finspection%2Fdownload%2Fpage22-2&ei=qOuMVf3rA4PNmwXrqoHACw&usg=AFQjCNErMQqCPJENuQ_BUE2-FPk9kBNr9Q&sig2=TBHmuCY1HuPy-qFLD8j2aw

 

« 鎌倉市労使交渉に係る内容の公表基準(平成27年6月議会) | トップページ | 70年を迎えた沖縄慰霊の日 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2015/6/27 鎌倉市議会資料

松尾市長、解体か?

御成小学校旧講堂現況調査報告書

http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/201506271.pdf

旧鎌倉町立図書館現況調査中間報告書

http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/201506272.pdf

そんなに金が欲しいの? 十分でしょう。ちまちま不平不満みたいなことをいわず、もっと稼げる仕事に転職すれば。こんな職員さんの為に多額の税金を支払いしているとおもうと! ふるさと納税でもするか。

不払い残業は?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60519539

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市職員労働組合HPと組合宣伝ビラ:

« 鎌倉市労使交渉に係る内容の公表基準(平成27年6月議会) | トップページ | 70年を迎えた沖縄慰霊の日 »

無料ブログはココログ