« 山崎地区新ごみ焼却施設選定説明会が開催される!? | トップページ | 6月議会で可決された「監査の動議」の影響について »

日経による英経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)買収

2015年7月24日日経新聞が、FTを1600億円で買収を発表しました。

ついに、メディアにも買収によるグローバル化か!?


今や、高齢者ぐらいしか紙ベースで新聞を読まない。

新聞業界は、紙ベースからネットへの大変換が起っている。そこに少子化による販売部数

減が拍車をかけている。日系メディアも外国に進出するしかないのか。


日経による買収は、従来欧米メディア買収額からみると、高額による買収だと報じている。

日経がFTを手に入れたかったと言うことだろうが、日銀によるバラマキ効果によるもので

可能となったとみるべきでしょう。




  欧米メディアがこの買収劇にコメントしている。

1.新聞のグローバル化とデジタル化にとって画期的な進展。(金融犯罪)「日本では被害者

  不在の犯罪と捉えられがちだ。欧米では株主が何より重要だ」としたうえで、オリンパス

  の粉飾決算事件に対する日経の追及が甘かったと指摘した(英ガーディアン紙)

2.日本メディアの企業文化について「企業や政府機関を敬う傾向があり、多くの面で欧米

  メディアと違う」(米ウオールストリート・ジャナル)



この買収劇をメディア面と経済活動面から考えて見たい。



日経は、日本だけの活動では、縮小になることから、買収によるグローバル化を選択した。

日本のメディアもグローバル化すれば、日本独自の考え方だけでは、理解されないだろう。

特に企業活動など経済報道は、グローバル化すればするほど、世界経済を牛耳っている

欧米の考え方に左右されるでしょう。


今回の東芝粉飾事件についても、あやふやな処理をすれば、日本企業による資金調達に

影響し、金利などが高くなる恐れが出てくる。世界の金融が、納得する透明性のある処理

が求められます。日経は、東芝の件でどのような報道をするでしょうか。さっそく、試金石に

なるでしょう。



ここに来て、日本企業による外国企業買収が、多く報道されています。


買収
には、株式の買収と経営者の引き抜きがあります。


なぜ、多くの企業買収が行われているのか、考えると



どうしても’90’年代バブルを連想してしまいます。

 

今は、アベノミックス効果による日銀券バラマキが多くの原因ではないでしょうか。

 


日本国内だけでは、企業活動・収益が縮小するしかない。金余りを受けて外国企業買収



走る企業が出現すると言う構図がう生まれてきたと考えられないか?

 

 

 

 

« 山崎地区新ごみ焼却施設選定説明会が開催される!? | トップページ | 6月議会で可決された「監査の動議」の影響について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60884107

この記事へのトラックバック一覧です: 日経による英経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)買収:

« 山崎地区新ごみ焼却施設選定説明会が開催される!? | トップページ | 6月議会で可決された「監査の動議」の影響について »

無料ブログはココログ