« 安倍首相の言葉使い !? | トップページ | 新国立競技場白紙撤回  責任者は誰だと大騒ぎ »

鎌倉市関連政治家の安保法案への態度

国会で審議中の安全保障関連法案について、鎌倉市に関連する政治家の態度を検証。


地方議会における安保法案意見書


神奈川県議会(神奈川新聞「
安保法案反対意見書を否決」) 

7月13日神奈川県議会では、共産党提案(制定断念を求める)は、共産党議員6名のみが

賛成。ネット提案(法案撤回を求める)は、共産党6名とネット1名の合計7名のみが賛成。

両案とも否決された。


記事からすると、中村省二県議と早稲田夕季県議は、反対?

 


鎌倉市議会(保坂市議HP「安全保障関連法案の撤回を求める意見書を可決」)

7月1日共産党・ネット共同提案意見書(法案撤回を求める)が、賛成13、反対10、退席2

により可決されました。

421344886e2c067b987122fe18eee3ab230


衆議院(東京新聞
【安保法案 衆院本会議採決の投票行動】自民の2氏 本会議欠席

集計では、賛成三百二十七人、退席百三十六人、欠席七人、反対二人。与党議員のう

ち、自民党の村上誠一郎、若狭勝両氏は本会議を欠席したとある。


鎌倉関係では、自民党・山本朋広議員が賛成。浅尾慶一郎議員が、退席。


旧みんなの党関連議員について

民主党はじめ野党の多くは、安保法案衆議院の採決で、退席した。浅尾議員も、退席した

が、鎌倉市議会会派「みんなの鎌倉」は撤回を求める意見書に渡辺隆市議以外が、反対

している。現在「みんなの鎌倉」は、市議会最大会派であり、本年6月議会前までは、中村

議長を輩出していた。この会派の市議は、浅尾議員傘下の市議である。


なぜ、浅尾議員と異なる態度、すなわち、安保法案反対意見書に反対したのか!


浅尾氏は、2015年1月、地域政党
「神奈川みんなの改革」を結成し、代表に就任したはず

だが、みんなの改革は、どうなったのだろうか。



浅尾議員の傘下市議の動きをみると地域政党は、崩壊した!?

参考記事

http://fujikama.coolblog.jp/2015/JAN/20150711KNG.jpg

« 安倍首相の言葉使い !? | トップページ | 新国立競技場白紙撤回  責任者は誰だと大騒ぎ »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60910325

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市関連政治家の安保法案への態度:

« 安倍首相の言葉使い !? | トップページ | 新国立競技場白紙撤回  責任者は誰だと大騒ぎ »

無料ブログはココログ