« 鎌倉市議会における請願・陳情 | トップページ | 鎌倉市現業組合の県労委への「わたり」救済申立(第一準備書面) »

安倍政権の安保法制

国の安全保障問題は、国の存立そのものをどのように図るかの問題です。


その考え方は、最高法規である「憲法」に書かれています。日本は、自らの国を攻撃され

ない限り、他国と戦争をしないと宣言している。


安全保障は、国の根幹に係わるもので、国会で三分の二を占める議席を保有するからと

言って、民意に背き、議決するべきものでないのは明らかです。



国の安全を図るについて、武力による抑止力が必要なことはわかりますが、平和のための

方策は武力だけではありません。



安保保障については、国のあり方に係わる最重要課題です。武力・外交・友好国・国連を

通じた国際協力など、あらゆることを議論する必要があります。



戦後この方、日本は、欧米支援で復興しました。復興
後は、紛争が起こっている国々や、

貧困にあえいでいる国々に経済支援を行ってきました。これらは、国際的にも評価を得てい

ると信じています。



安倍首相は、安保法制関連法案を強行採決することなく、少なくとも国民に対して総選挙

賛否を問うべきです。

 


安倍首相の安全保障変更の手法は、間違っています。


ダメよ~ ダメダメ!?

« 鎌倉市議会における請願・陳情 | トップページ | 鎌倉市現業組合の県労委への「わたり」救済申立(第一準備書面) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60709768

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権の安保法制:

« 鎌倉市議会における請願・陳情 | トップページ | 鎌倉市現業組合の県労委への「わたり」救済申立(第一準備書面) »

無料ブログはココログ