« 鎌倉市の寄付受入れ 問題が多すぎる! | トップページ | 何度も言ってきたが再度言う  ティアラ鎌倉の補助金不必要! »

芥川賞作家・池澤夏樹「行政独裁への道 粛々と」

2015年7月7日朝日新聞文化版・終わりと始まりのコラムに芥川賞作家・池澤夏樹

「行政独裁への道 粛々と」を書いています。

15070801_2

15070802

政治の現状を三権分立と憲法からわかりやすく解説しています。

司法が、憲法判断を放棄しており、行政の独裁が進んでいると論じています。

安倍首相が、アメリカ国会で安保法制を夏までに成立させると宣言したことは、本来なら


ば、
それだけで内閣不信任の動議が出され、場合によっては解散、総選挙だったはずだ


が、国会は、行政追認の大政翼賛会と化していると...。

« 鎌倉市の寄付受入れ 問題が多すぎる! | トップページ | 何度も言ってきたが再度言う  ティアラ鎌倉の補助金不必要! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/60663310

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞作家・池澤夏樹「行政独裁への道 粛々と」:

« 鎌倉市の寄付受入れ 問題が多すぎる! | トップページ | 何度も言ってきたが再度言う  ティアラ鎌倉の補助金不必要! »

無料ブログはココログ