« 鎌倉市医師会委託・予防接種事業について | トップページ | 鎌倉市医師会委託・予防接種について  2 »

鎌倉市職員組合副委員長の懲戒処分 2

2015年9月15日毎日新聞「戒告処分:鎌倉市職員、遅刻を44回 /神奈川」によれば、

「2014年1月から15年7月にかけ、計44回遅刻を繰り返した。いずれも1〜5分の遅刻

だったが、後輩職員が出勤時間の記録を改ざんし、定刻扱いとしていた。出勤時間の改

ざんについては処罰ルールがなく、先例もないため、処分から除外したが、男性職員が

市職労幹部であることなどから、市議会の一部は「お手盛り処分」として厳しく追及する

構えだ。」と書かれています。

  問題点 

1.勤怠管理は、現場の所属長以外に考えられない。一般職員が、勤怠データーを見ると

  か
修正が出来る環境は信じられない。市は、どこのセクションでもデーター改ざんが出

  来ると言うことだ。直ちに、所属長など管理職以外は、操作出来ないようにすべきです。


2.「鎌倉市職員の懲戒処分に関する指針」によれば、この件は、別表の遅刻・早退に当た

  り戒告となるが、虚偽報告にもあたり、減給又は戒告にも相当するが、考査委員会の判

  断
は甘いと言わざるを得ない。悪意ある行為は厳しく処分すべきだと考えます。



3.出勤時間は、職員が所属するセクションで執務できる状態を言うと総務部長が発言して

  いる。事務職員であれば、パソコンを立ち上げ事務が出来る状態と言える。作業員であ

  れば、作業服に着替えて作業できる状態ではないでしょうか。出勤時間8時半にタイム

  カードを押せばいいものではない。市では、一日の1時間でも休暇制度があると言う。

  副組合長は、有給休暇を使い果たし、データー改ざんをやったと推測する。民間企業

  ではありえない1時間の休暇制度は、改正すべきではないか。

3.3.の改 

 

ざんについては処罰ルールがなく、先例もないため、処分から除外

« 鎌倉市医師会委託・予防接種事業について | トップページ | 鎌倉市医師会委託・予防接種について  2 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】鎌倉市の期限切れワクチン接種から出てきた白紙請求書、藤沢市に飛び火か?

http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20150919.jpg

副組合長が遅刻をして組合副委員長が懲戒処分されたのですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/61632421

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市職員組合副委員長の懲戒処分 2:

« 鎌倉市医師会委託・予防接種事業について | トップページ | 鎌倉市医師会委託・予防接種について  2 »

無料ブログはココログ