« 2015年4月全国県議選における選挙公報未発行の詳細 | トップページ | 鎌倉市医師会  予防接種事故報告書  鎌倉市へ提出 »

白紙請求書問題が、藤沢市に波及した

2015年10月7日朝日新聞記事

15100801

鎌倉市の白紙請求書は、47事業で、573事業者数になると発表されていますが、

藤沢市の場合は、17項目とあるだけで、実際の数字は発表されていないようです。

今回の問題は、鎌倉市民が、藤沢市民病院などの藤沢医療機関で予防注射接種をした

ことから判明した?

ワクチンの期限切れも全国で問題となっているが、白紙請求書も全国的な問題となる可能性

があります。

« 2015年4月全国県議選における選挙公報未発行の詳細 | トップページ | 鎌倉市医師会  予防接種事故報告書  鎌倉市へ提出 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望1】2015/10/10 鎌倉市議会ウォチャー

議会休会中の今週毎日鎌倉市議会議員控室を見ましたが、殆どの議員(松中、中澤、長嶋、上畠議員以外)がいません。
鎌倉市役所の緊急事態なのにHPやブログで何も状況説明等を発信していません。

【拡散希望2】2015/10/10 鎌倉市議会ウォチャー

議会休会中の10/3,4韓国安東市に行った議員(議長、副議長を含む)が何人もいました。
鎌倉市役所の緊急事態なのにHPやブログで何も状況説明等を発信していません。
松中、中澤、長嶋、上畠議員は状況説明を頻繁に発信していますのでご覧ください。

【拡散希望3】2015/10/10 鎌倉市議会ウォチャー

「鎌倉市役所の悲惨な状況はかうだ!!」
上畠鎌倉市議会議員の昨日facebookより
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=935951779792805&id=473134059407915

【拡散希望4】2015/10/10 鎌倉市議会ウォチャー

鎌倉市議会基本条例第7条第3項による上畠鎌倉市議会議員の文書質問に対する(答弁書)→http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20151010.pdf

他の議員は休会中に何もしないのか?


●(葉山インサイダー)鎌倉市の空請求書 7年間で1万650枚 職員が代筆していた。トップは医師会がらみ

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/85c7d568603c5235cb85d6aafae7d680

> 白紙請求書問題はどうして発覚したのですか
>

●発端は、鎌倉市議会議員への開業医から内部告発(白紙請求書)です。

その議員が鎌倉市に調査要請した資料の中に藤沢市民病院の契約書があったのです。

そこで、藤沢市での情報公開請求結果、事務通知文書が出てきたのです。

(三宅鎌倉市議会議員ブログ)http://mmiyake.kanagawanet.jp/blog/2015/10/08/4807/

藤沢市の場合には市民病院なので、情報公開の対象だったのです。

事務通知の受け取り側は民間が多いので、送り主(行政側)を調べる事になります。


●朝日新聞記事

下記HPの「9月19日 白紙請求書、藤沢市に飛び火か?」で指摘しました。

http://homepage3.nifty.com/daigiri-news/index.htm

資料を藤沢市議会議員に提供したのですが、何もしませんでした。

そこで朝日新聞記者に同じ資料を提供した結果が10月7日付け朝日新聞朝刊記事です。

藤沢市は仕方なく10月8日記者発表したので、他紙が10月9日記事にしたのです。

藤沢市発表は17項目であって、契約件数ではありません。

規模の大きい藤沢市では鎌倉市より白紙請求書件数は多いと。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/61952622

この記事へのトラックバック一覧です: 白紙請求書問題が、藤沢市に波及した:

« 2015年4月全国県議選における選挙公報未発行の詳細 | トップページ | 鎌倉市医師会  予防接種事故報告書  鎌倉市へ提出 »

無料ブログはココログ