« 北鎌倉トンネル開削案決定の行政手続きは、おかしい!? Ⅱ | トップページ | 鎌倉市公共工事における旭化成建材が関与した杭工事が3件ありました。 »

最終局面に入った北鎌トンネル開削問題 一

2015年10月26日9月議会建設常任委員会にて北鎌トンネル開削反対陳情3件が審議

されました。

陳情

1.陳情第17号:「北鎌倉隧道の安全対策の方向性の決定について」(市長決裁:27鎌道路

  第502号)の再考を求める陳情

2.陳情第18号:北鎌倉隧道手前私有地の道路不法占拠の確認を求める陳情

3.陳情第21号:「北鎌倉隧道安全性検証等業務」についての調査の陳情



松尾市長・小林副市長出席の理事者質疑において松尾市長が、

今一度、トンネル保全を再考する時間をいただきたい。

結論を9月議会中に出す。」と発言しました。


過去2回に亘り安全性検証業務によるトンネル開削が妥当とするサンコーコンサルタントの

検証業務等を再度検証することと、保全策がないのかを調べるために日本トンネル技術

協会に委託したものです。この中間報告書により開削を決定しました。

3件の陳情は、2015年8月20日本トンネル技術協会中間報告書により市が、トンネル開削

の政策決定に対する陳情です。

  陳情第17号の陳情者陳述より
1.7月17日、日本トンネル技術協会検証会議後の市長との懇談会にて出席していた委員
  から聞いたが「市長が、トンネル開削の考えを示した」。これについては、小磯都市整備
  部長と市長が否定。

2.トンネル安全性検証業務では5回の打合せと2回の検証会議が行われているが、市が
  過去2回に亘り検証業務を委託していたサンコーコンサルタントが出席し、実務を担って
  いた。過去の安全性検証について調査しているのにおかしい。と発言。

  陳情第21号の陳情者発言より
1.日本トンネル技術協会との契約金額は、486万円。内訳から見ると外注費は、320
  万円で、サンコーコンサルタントへの丸投げではないのか。

2.7月17日以後に検証会議は開催していない。中間報告書及び最終報告書について委員
  長以外は関わっていないのではないか。

  陳情第18号の陳情者陳述より
1.トンネルの鎌倉側は、市道だが私有地であり、賃料を支払っていない不法占拠だ。

2.予算案が可決されたら、執行停止を裁判に訴える。


  都市整備部の説明

1.安全対策協議会で、開削案に了承を得ている。
2.中間・最終報告は同一である。
3.ホーム通行などJRの協力は得られていない。
4.私有地の地権者には、予算可決後に同意を求める。




  赤松・岡田委員と番外・保坂市議が質問(主な内容)
1.景観・文化財・歴史町づくりの審議会に諮問すべきでは
2.北鎌トンネルは、歴史まちづくり法における重点地区に入るか
    A:重点予定地区です。 
3.報告書は、保存と開削の両論があるが、開削なのか。
4.サンコーの下請けで報告書の第三者性は担保されるか。
    A:第三者性は阻害されない。(都市整備部長)

  理事者質疑(松尾市長・小林副市長)
1.景観・文化財・歴史町づくりの審議会に諮問すべき
2.サンコーコンサルタントが下請けの作業班であるのを知ったのはいつか
  松尾市長「10月23日(金)に面談した北鎌倉緑の洞門を守る会代表から聞き知った。
3.サンコーコンサルタントが下請けしても報告書の第三者性は担保されている。(市長)

 ※ 岡田委員から「トンネル開削を強行すれば、松尾市長の汚点になる」と強烈な発言
    があった。

  動議(赤松委員)
1.住民の意向を聞くこと
2.各審議会の意見を聞く。
  採決:賛成(赤松・岡田)2名で否決。

  陳情の採決
1.陳情第17号:議決不要
2.陳情第21号:議決不要
3.陳情第18号:継続
 

« 北鎌倉トンネル開削案決定の行政手続きは、おかしい!? Ⅱ | トップページ | 鎌倉市公共工事における旭化成建材が関与した杭工事が3件ありました。 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2015/10/30(カナロコ)鎌倉、ごみ戸別収集開始へ 反対意見押し切り市長が切り札

http://www.kanaloco.jp/article/130830

コメント:松尾鎌倉市長、市民無視、危機感なし、「私が責任を取る」とは口先だけか?

【拡散希望】2015/10/20 藤沢市情報公開審査会(答申第59号)

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/soudanc2-1/shise/johokokai/johokokai/shinsakai/documents/toushin59.pdf

平成19年度に鎌倉市と藤沢市が共同して「村岡・深沢地区全体整備構想(案)」を策定した「構成委員名、使用した資料、議事録、活動状況の書面等」すべての書面


【拡散希望】2015/10/30 鎌倉市議会9月定例会 報告

鎌倉市職員労働組合事務所退去について(中澤、上畠議員質疑)

「鍵を替える」ことも出来ず、松尾鎌倉市長弱腰答弁 https://youtu.be/IasSHUbSOrU

【拡散希望】2015/10/31(カナロコ)補正予算案、一転可決 鎌倉市議会9月定例会本会議

http://www.kanaloco.jp/article/131124

補正予算賛成議員は予算執行のために「職員労働組合事務所退去」に汗をかけ!!

なぜ新聞は職員労働組合不法占拠を記事にしないのか?


【拡散希望】2015/10/30 松尾市長提出議案本会議で原案可決

第46号 平成27年度鎌倉市一般会計補正予算(第3号)

総務常任委員会付託原案否決(10/28)

補正予算討論約1時間→https://youtu.be/WLowNpH_3l4

賛成議員討論の酷さをご覧下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62248364

この記事へのトラックバック一覧です: 最終局面に入った北鎌トンネル開削問題 一:

« 北鎌倉トンネル開削案決定の行政手続きは、おかしい!? Ⅱ | トップページ | 鎌倉市公共工事における旭化成建材が関与した杭工事が3件ありました。 »

無料ブログはココログ