« 作家・山崎豊子「運命の人」から普天間米軍基地を考える | トップページ | 9月議会の空転が、いったい何時まで続くのか »

鎌倉市HPの市長のページは、大丈夫?

鎌倉市ホームページのトップ画面にある「市長のページ」2015年10月19日付を見たところ、

10月1日市長記者発表が行われているが、掲載されていない。さらに、市長のページにある

「市長の動向」が、9月9日より掲載されていません。

HPの組織案内から経営企画部秘書広報課広報広聴担当に問い合わせたところ、10月の

市長記者発表は、HPトップの市政情報→広報→記者発表資料→10月市長定例記者会見

にたどり着きました。

市HPの管理は、広報広聴担当でありながら、自ら担当である記者発表資料が、市長のペー

ジから見れない。さらに、「市長の動向」は、秘書広報課秘書担当が担当しているが、1か月

以上にわたり掲載されていません。

「市長のページ」は、市民に対する市長の動きを知らせる大切なページですが、広報の機能

・管理が、出来ていません。



松尾市長!


貴方のお膝元の秘書広報課すら機能していませんよ。
10月市長定例記者会見で「最後になりますが、先の9月市議会一般質問におきまして、予防接種委託事業に関し白紙の請求書を使用するという不適切な事務処理や、有効期限切れワクチンの接種が大きな問題となり、現在、一般質問が中断しております。市民の皆様には深くお詫び申し上げます。

白紙の請求書につきましては、双方の合意、過去からの慣例とはいえ、不適切な事務処理が改善されることなく、長年続いてきたことを深く反省しております。

また、有効期限切れワクチンの接種につきましては、接種にあたった医療機関はもとより、鎌倉市医師会、そして市がチェックすることができず、大変申し訳なく思います。再発防止のため、期限切れワクチンの回収、処分を徹底するよう、鎌倉市医師会及び関係医療機関へ要請をいたしました。

市といたしましても、庁内組織を設置し、不適切な事務処理の改善に全庁をあげて取り組んでいるところであり、市民の皆様の信頼回復に努めてまいります。

 

なお、明日2日から予定しておりましたパートナーシティの安東市への訪問ですが、予防接種等事務執行にかかる事務改善、信頼回復に全庁をあげて取り組んでいるところであり、今回は見合わせることにしましたので、お知らせします。」と書かれています。


「庁内組織を設置」とあるが、新たに不適切事務処理の改善

のための組織を立ち上げた
のだろうか。


明日10月20日AM10時から、9月議会が再開される予定ですが、今回不祥事に

対する適切
回答が、なされるのだろうか。

« 作家・山崎豊子「運命の人」から普天間米軍基地を考える | トップページ | 9月議会の空転が、いったい何時まで続くのか »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

リンク先を変更しなかったケアレスミスですが、文書問合せをしないと証拠が残りましせんよ!!

だから、直ぐに修正されています、これば改竄とは言えませんが、事実確認を第3者ができません。(証拠が残らない!!)

私はそこまでやりません。御指摘はわかりますが、事実を書いていますので、どこからもクレームは、来ていません。
現に、市長の動向は、10月19日に更新しています。記者会見については、市長のページにリンクしていなかっただけかもしれないが、従来は、市長のページにリンクされていました。何のためにトップ画面に「市長のページはあるのかと言いたいです。私は、なぜ10月だけ指摘するまでリンクしていなかったかを考えています。単に、忘れていただけでしょうか。きちっと、秘書広報課が仕事をしてほしいだけです。

【腐りきった鎌倉市。市民への裏切り。ゴミ行政に係る日本共産党と鎌倉市長の密約発覚!】

名越清掃工場について未来永劫閉鎖しないと日本共産党の市議会議員が鎌倉市長と密約を結んでいた事実が明らかになった文書を入手しました。

密約は昭和54年に締結。今から36年前の物です。

この密約を結んだ清水辰男議員は当時4期で共産党会派の実力者。影響力は極めて大きいです。

現在、11期赤松正博議員も当時は2期の議員としていらっしゃったので勿論ご存知のはずです。

密約当時から今にわたり、長年、大町・材木座はじめ鎌倉市民に微笑みながら住民本位のゴミ行政をと共産党は訴えてきました。

しかし、実は裏では全く逆の行為を共産党市議は行っていたのです。まさに偽善欺瞞の共産党。住民への裏切り行為です。

密約の内容によれば、共産党は未来永劫、名越の場所に清掃工場を置くべきという主張です。

鎌倉に相応しくない名越のゴミ清掃工場。

普段、あれだけ緑地を残せと緑利権を漁りながら、ゴミ工場は永続と勝手に決めて、古都鎌倉の景観を台無しにして、世界遺産を邪魔したのも共産党だったのです。

この密約の存在はこれまでの生活環境整備審議会や廃棄物減量化及び資源化推進審議会の議論の前提を覆す大問題です。

名越清掃工場は老朽化し、煙突も最早、新しく出来ない中、それでも名越の地域住民の皆様に我慢を強いりました。今泉クリーンセンターは閉鎖するのに、名越清掃工場は未来永劫残すと公印まで押印して鎌倉市長は共産党と約束をしていた。

しかもこの密約は今泉クリーンセンターに係る協定です。この清水議員は今泉岩瀬地域に住んでいる議員。それを勝手に名越のことにまで勝手に言及して密約を結んでいるのです。
名越クリーンセンターのことで、議員たちが蜂の巣つついたみたいになってます。
真実は如何に⁇

このような密約の存在を松尾市長は知っていたか!

知っていても大問題。

知らなくても大問題です。

大町松葉町内会を筆頭に名越の皆様はご存知なのか?

日本共産党 清水辰男 元市議会議員を参考人召致を要求します。

日本共産党鎌倉市議会議員団は会派として一貫して存続し存在しています。吉岡和江副議長、赤松正博 議運副委員長は責任をどうとるのか!

先ずは緊急質問をすべく質問通告書を先程、議長に提出いたしました。

10月29日に予定される全員協議会よりも前に緊急に質す必要があります。覚悟してください。

鎌倉市議会議員 上畠寛弘

ゴミ焼却場って、どこに作っても近隣住民は迷惑しごく、いやなもんですよ。鎌倉は17万余の排出ゴミ(観光客のゴミも)をこの狭い市内で処理しなくてはいけないが、困った事にいわゆる旧鎌
地域に建設できないから勢い、周辺地区が泣く事になる。旧鎌の人たちにとったら他人事だろうが津波でもってかれることが判明したから重要な建物は建てられないだけ。風致地区だから迷惑施設拒否なら焼却施設のある地域住民へ行政から特別措置(ゴミ袋無料配布とか、、)あったっていいんじゃない?焼却場関連施設ってできてみるとすごいからどこまで住民の反対が継続するかですが、旧鎌及び谷戸や崖地、風致地区に住んでる人は、焼却場とは無縁なんだからせめてゼロ・ウエイストを実行して、家庭から出す燃えるゴミの大幅な削減につとめる事だよ。鎌倉はゴミの再生率は良い方だが、現存、新設の焼却場については、関連して起きうる様々な公害をしっかり検証すべきだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62116335

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市HPの市長のページは、大丈夫?:

« 作家・山崎豊子「運命の人」から普天間米軍基地を考える | トップページ | 9月議会の空転が、いったい何時まで続くのか »

無料ブログはココログ