« 鎌倉市と鎌倉市医師会の改革を求める !? | トップページ | マイナンバー制度と鎌倉市データー改竄 »

沖縄・辺野古 防衛省不服審査は、安部政権の官製談合!?  

2015年10月15日朝日新聞「辺野古、奇策の政府 不服審査、防衛省が国交省に請求

によれば『防衛省が申立ての根拠とする行政不服審査法は、もともと行政庁による

法・不当な処分を受けた国民の救済手段として制定された法律だ。さらに、知事

取消した埋め立て承認を規定する公有水面埋立法は、そもそも国と国以外が、

行う
事業を明確に分けているが、同省はこの法律を「私人」の立場で利用したと

主張する。
菅官房長官は記者会見で「国や地方公共団体の機関が事業者と同様

の立場で処分
受ける場合、不服申し立の資格を有する」と語り、適法で問題は

ないと強調してい
る。』と政府見解が書かれています。元東京高裁判事が、この

やり方は「法治国家と言えぬ」とコメント。



沖縄は、江戸時代には薩摩藩の搾取を受け、戦前には日本本土の防波堤なり戦場として

壊滅状態となっています。戦後の講和条約締結時には、昭和天皇が、沖縄を米軍の管理下

においてもよいと発言したような記事を読んだことがあります。真偽は定かではないが、沖縄

が、長い間見捨てられてきたことは確かです。

辺野古移転は、昨日今日の問題ではありません。民主党政権鳩山首相が、徳之島に移転

させてほしいと秘密裏に徳洲会創業者徳田氏を湘南鎌倉総合病院に訪問したと聞いた。

鳩山首相が断念したのは、官僚に騙されたからだという記事を読んだ記憶があります。


どちらにしても普天間基地を移転しなければならない。

沖縄県民をこれ以上ないがしろにするわけにはいかない。

安部首相が決断する時です。

決断できないなら辞任するしかないのではないか。

神奈川県は、沖縄に次ぐ米軍基地が存在することを知って

いますか。

« 鎌倉市と鎌倉市医師会の改革を求める !? | トップページ | マイナンバー制度と鎌倉市データー改竄 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

確かに神奈川県は基地の多いところです。しかし日本国内のアメリカの基地の約78%は、沖縄にあるんですよね、実際行ってみると基地の占有している面積の広さにビックリします。北の方は立ち入り禁止地区が延々と続き、全く何が行われているか解らない状況。きれいな海埋め立てなくともあっちにいくらでも土地があろうに!と思わずにいられない。今の日本政府は金で沖縄を汚してるんだよ、今までだって同様の事してきたんだろうが、どうも、安倍、菅の目線は 日本は沖縄 って心が
感じられないね。頭悪いと情もないんだな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62055557

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・辺野古 防衛省不服審査は、安部政権の官製談合!?  :

« 鎌倉市と鎌倉市医師会の改革を求める !? | トップページ | マイナンバー制度と鎌倉市データー改竄 »

無料ブログはココログ