« 逗子市が平成28年度都市計画税引き下げへ | トップページ | 鎌倉を取り巻く産科診療新設情報 ! »

資生堂鎌倉工場が大船にあった理由?

2015年11月20日日経『消えた「新鎌倉」 神奈川・大船、幻の田園都市計画 』に資生堂鎌倉


工場があった理由が書かれていました。

資生堂鎌倉工場は、昨年閉鎖され売却されると聞いています。跡地に何が建つかわかりま

せんが、マンションの可能性が高いが…。

記事のなかに「大船田園都市株式会社の取締役に、福原信三氏の名前があった。資生堂初代社長だ。渡辺家に次ぐ大株主でもあった。大船田園都市は1922年に住宅展覧会を東京・銀座の資生堂ギャラリーで開いており、関係の深さがうかがえる。戦後、大船に資生堂の工場ができたのもこうした縁だったのかもしれない。」とあります。

大船田園都市株式会社は、東京渡辺銀行一族が大船を田園都市にと作った会社です。
東京渡辺銀行は、昭和金融恐慌でつぶれてしまい、その跡地に松竹が大船撮影所を作ったと書かれています。




« 逗子市が平成28年度都市計画税引き下げへ | トップページ | 鎌倉を取り巻く産科診療新設情報 ! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62703049

この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂鎌倉工場が大船にあった理由?:

« 逗子市が平成28年度都市計画税引き下げへ | トップページ | 鎌倉を取り巻く産科診療新設情報 ! »

無料ブログはココログ