« 平成26年度決算特別委員会第二日目審議 | トップページ | 平成26年度決算特別委員会第三日目審議 »

国勢調査員はブラックバイト !?

鎌倉市において国勢調査員が不足して困っていると聞き、お国のためにと思い初めて

平成27年度国勢調査員をやりました。仕事の内容は、
8月盆明けから10月末まで事前

説明会と資料提出チェックを受けるのを含めて行政の指示通り
12日間ほど働きまし

た。土日を含め朝と晩に調査先に訪問したり工夫しましたが、不在が多く面談するの

に苦労いたしました。

国勢調査終了後に鎌倉市職員に報酬と支払いについて聞いたところ、調査件数100世帯

で約
7万円であることと12月末までに支払うことしかわからず、総務省統計局統計調査

部国勢統計課指導係に問い合わせたところ、詳細が判明しました。



この仕事は、臨時の国家公務員としての仕事であり、雇用契約か業務委託かとの問い

に業務委託ですかね~との回答。契約書もなくいい加減な事務と思いました。報酬計

算は、統計調査審議会の答申に基づき決められており、国家公務員行政職
1級の定型的

な業務を行う職務と捉え、
1調査区(50世帯)×6,880/日×5.6日=38,528で算出してい

ますとの回答。
1日は、7時間45分で計算しているとのことだから時給887円となりま

す。
ちなみに、厚生労働省が定めている神奈川県最低賃金は、平成
271017日まで

は、
887円。1018日からは、905
円です。国勢調査は、「いつ どこに 誰が 住ん

でいるか」を調査する重要な調査です。空家などもあり、調査区の建物調査も行って

いることになります。しかし、相手がある仕事であり、計算通りにいかないので、実

際に動けば、賃金は、最低保障以下になると考えられ、安すぎると考えざるを得な

い。


国勢調査員報酬は、国の報酬計算では神奈川県最低保障

賃金でしかない!


資料
発信:横浜市旭区役所総務課

横浜市の場合は、2調査区100世帯を調査した場合、約75,000円程度。1調査区 50世

帯を調査した場合、約40,000円程度。

« 平成26年度決算特別委員会第二日目審議 | トップページ | 平成26年度決算特別委員会第三日目審議 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62580658

この記事へのトラックバック一覧です: 国勢調査員はブラックバイト !?:

« 平成26年度決算特別委員会第二日目審議 | トップページ | 平成26年度決算特別委員会第三日目審議 »

無料ブログはココログ