« 鎌倉選出・中村省司県議の政務調査費疑惑!? | トップページ | 資生堂鎌倉工場が大船にあった理由? »

逗子市が平成28年度都市計画税引き下げへ

2015年11月27日神奈川新聞「都市計画税引き下げへ」と書いています。

R0020625

2015年11月20日神奈川新聞「下水道無断接続対策 条例改正、罰則強化 相模原市」と出

ています。

鎌倉市平成26年度決算に占める下水道事業は、6,557百万円であり、そのうち一般会計から

の繰り入れが、2,140百万円。市債起債による1,399百万円。合計3,539百万円(54%)。

下水道事業費の半分が、借金で賄われてるのと同じです。

平成26年度予算合計に占める下水道事業は、6.5% 7,262百万円にも上ります。


鎌倉市都市計画税の税率は、課税標準額×税率(0.3/100)。


鎌倉下水道事業について過去に議会で議員が質問したことがないと聞いています。
下水道料金は、上水の水量に料金を掛けて県水道営業所が請求しています。市は、井水以
外の上水量は、把握しています。
白紙請求書と同じく、下水道事業においても鎌倉市において相模原市と同様に無断接続が
行われていると推測します。さらに、雨水管が下水管に接続されたり、雨水が、下水管に流
入したりする可能性もあるが、噂では、鎌倉市の下水処理量が、上水量を大幅に上回ってい
ると聞いています。また、大船東口の中華料理店が、下水管が接続してないのに下水料金を
取られていました。市は、7年間の料金は返還したがそれ以上は、時効だと料金を返さなかっ
た。


市は、早急に下水管接続調査を行う必要があり、下水道事業の赤字を減らす

努力をしてほし
い。


逗子市のように都市計画税を引き下げることを念頭に!

« 鎌倉選出・中村省司県議の政務調査費疑惑!? | トップページ | 資生堂鎌倉工場が大船にあった理由? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62700953

この記事へのトラックバック一覧です: 逗子市が平成28年度都市計画税引き下げへ:

« 鎌倉選出・中村省司県議の政務調査費疑惑!? | トップページ | 資生堂鎌倉工場が大船にあった理由? »

無料ブログはココログ