« 平成27年度鎌倉市9月補正予算が可決されました !? | トップページ | 鎌倉は行政と議会が壊れている! 9月議会最終日の顛末 »

鎌倉の交通政策が急がれる!

安部首相が、GDP600兆円のためだと外国観光客を年間2千万人にするためのロードマ

ップを年度内に作成せよと指示しました。

12139960_9

昨今の旧鎌地区は、平日でも観光客が溢れています。市民が、歩道をまともに歩けない

状態です。特に、大仏前の道路は、観光バスを止める駐車場が少ないため一車線の車道

に観光バスが、乗客の乗り降りをさせどうにもならない状態が続いています。このままで

は、観光バスが市内へ入ることを制限するしかありません。

国が観光客を増やす政策を進めても、観光地の交通対策を考えなければ、住民が困るだけ

です。

さらに、江の島のヨットハーバーが、オリンピックのヨット会場に選定されました。

鎌倉を取り巻く環境は、2020年には、住民生活が成り立たなくなるのは必至です。防災

対策上、住民が避難すらできない。鎌倉市は、国・県に対して観光客対策の道路・交通政策

を至急要望すると共に、ロードプライシングやパーク&ライドを実施する必要があります。


市民の
安全な生活すら守れない恐れがあります。


江ノ電が、今や地域住民の交通機関でなく観光客のためのものとなっており、私の知人は

七里ガ浜から大船地区へ引っ越しました。土日は乗るのに3時間も待たなくてはならない

なんて異常です。病院へもいけない。急病になったら救急車もすぐに動けない。まさに、

陸の孤島だと言っていました。

最近の鎌倉は、外国人や小中学校の学童が多く、平日も混雑している。土日だけではない。



市民生活が出来なくなるのが目の前に来ているのではない


でしょうか。

« 平成27年度鎌倉市9月補正予算が可決されました !? | トップページ | 鎌倉は行政と議会が壊れている! 9月議会最終日の顛末 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

旧鎌地域への観光客の流入は、今後今以上に増えるでしょうね。観光地の悩みはいずこも同じで、白川郷の知人は、
合掌作りの家屋維持の苦労以上に、観光客のもたらす迷惑行為に辟易、あそこはそれでも良く整備された観光スポットですが、行政と住民の緊密な話し合いが必要だそうです。鎌倉は、通年混んでるわけでもなく閑古鳥の時期もありましたがね、昨今は季節を問わず来る外国人観光客が多い。パーク&ライドの利用が普及しないのも、ロードプライシングがかけ声ばかりなのも行政の真剣さとアイデア不足。この際市役所始め主要施設は大船地区に移住!消防本部
も大船じゃん、市役所、税務署、商工会議所等等、山崎に作るゴミ焼却施設関連ビルに全部入ったらどう?津波が来ても機能は失われない、自分たちの健康のため公害問題にも真剣に取り組むよ、きっと。そういえば湘鎌も岡本にあったよ!

【拡散希望】2015/11/12 22:00 鎌倉市議会9月定例会

中澤議員一般質問打ち切り?

その他緊急質問も打ち切り?

https://youtu.be/z-UcJYvgPcA

(中澤議員ブログ)閉会

http://ameblo.jp/nakazawakatsuyuki/entry-12094927530.html

コメント:腰砕け感は否めない。

松尾鎌倉市長のお詫びの虚しさ。。。議会及び行政の先延ばしか?


【拡散希望】2015/11/12 21:30 鎌倉市議会9月定例会 議長・副議長辞職勧告動議、またまた休憩に

副議長辞職勧告動議(約7分)→https://youtu.be/46qP155seTY

議長辞職勧告動議(約1分半)https://youtu.be/H5FdFqNhmOU

2015年11月12日 (木)長嶋市議会議員ブログ
◆鎌倉市議会9月定例会本日最終日の状況
http://kamakurasi.air-nifty.com/blog/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62432950

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の交通政策が急がれる!:

« 平成27年度鎌倉市9月補正予算が可決されました !? | トップページ | 鎌倉は行政と議会が壊れている! 9月議会最終日の顛末 »

無料ブログはココログ