« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

期限切れワクチンについて鎌倉市医師会は市や市民に説明しないのか ?

平成27年鎌倉市議会9月議会において鎌倉市が医師会に委託していた「予防接種」で期

限切れワクチンの接種を行っていたことや、請求事務について白紙請求書を事前に交付

していたことなどが明らかになっています。

医師会は、医療過誤や不適切な事務処理があったことについて、市や市民に対して説明

責任があると思いますが、なされたのだろうか。医師会のHPを見ましたが、この問題の記

載がありません。

市から「予防接種」の問題で医師会から報告があったという情報発信がありません。

この問題から市では「不適切な事務処理に関する調査委員会」が発足しています。



医師会は、会員と一緒に再発防止のための検討をなされたのでしょうか。


「予防接種」の医療過誤の原因解明と再発しない体制が出来たのでしょうか。


「予防接種」を受ける子供を持つ保護者は、心配しています。


医師会は、市民に対して説明責任を果たしていただきたい。

議会運営委員会にて文書質問を制限する要領決まる

2015年12月24日議会運営委員会において

1.「鎌倉市文書質問取扱要領」制定が決まった。

  前川議長の決裁にて施行される運びとなりました。

  会議規則第105条削除と基本条例の逐条解説一部改正。内容は、文書質問ができる

  期間を「閉会中」とする。

※ 会議規則と基本条例逐条解説の改正は、議決が必要。2月議会に提案される予定。

3.次回開催の議会運営委員会にて「緊急質問」と「関連質問」のあり方について検討。

続きを読む "議会運営委員会にて文書質問を制限する要領決まる" »

不適切な事務処理に関する調査委員会の傍聴者募集について

2015年12月22日不適切事務処理調査委員会の傍聴者告知がなされていますが、申し込み

は、12月22日PM5:00までとあり、翌23日は天皇誕生日の休日。開催日は翌24日です。

休日を挟んでいるから、実態は、前日告知し、当日までに申し込みされなければ、傍聴でき

ない。これで、公開する会議を事前告知をしたことになるのでしょうか。

鎌倉市は、市民に対する広報の重要性をどのように考えているのか。

不適切な事務処理は、医師会委託事業の予防ワクチン期限切れや、それに伴い全庁的な

白紙請求書が問題となり、調査委員会が、松尾市長の肝いりで設立されました。

この問題で、9月議会が44日も延長されたが、真相解明できなかったのです。

医師会との関係は不適切な関係だったと言わざるを得ない中、市民に告知した事実と会議

を行ったという事実だけで終結しようとしていませんか。

重要会議を市は、前々日にしか決めていないのか。

鎌倉市のやり方は、ふざけたやり方だ! と言える。

私の国勢調査員への報酬が間違っていた !

2015年12月15日付「平成27年国勢調査の調査員報酬について(通知)」が鎌倉市から

送られてきましたが、調査件数が違ったので問い合わせたところ、10件少ないことを市は、

確認して1月に追加支払いするとの回答を得ました。

間違った10件は約10%にもなります。間違ったのは私だけでしょうか。


何百人もいる調査員が調査した合計世帯数と各調査員の調査内訳数合計が、

合っていないことになります。

不適切な事務執行が多発して調査委員会が発足しているが、鎌倉市の国勢

調査も大丈夫か! 全庁的な事務を見直すべきではないでしょうか。


 

続きを読む "私の国勢調査員への報酬が間違っていた !" »

中村省司県議(元自民党)から見えるもの

R0020631_2

続きを読む "中村省司県議(元自民党)から見えるもの" »

軽部和夫元県議(みんなの改革・神奈川)から見えるもの

平成27年11月19日神奈川新聞『「ルーズな管理だった」 業務上横領元県議 地裁』と、

平成27年4月県議選において「みんなの改革」から立候補した軽部和夫の記事が出ていま

す。当ブログ「県議選で選挙区と候補者住所が違う候補者が5人もいた !!」にも書いてい

ます。

軽部氏は、神奈川選挙区の立候補者7人中、最下位。現職で法定得票数にも満たず、供託

金を没収されています。さらに、平成27年7月8日に業務上横領で逮捕。11月18日横浜地

裁公判において「今後は行政書士として活動しないとし、県議としての政治活動についても、

支援者の方にも迷惑をかけたので、もうやらない。」と発言しました。

続きを読む "軽部和夫元県議(みんなの改革・神奈川)から見えるもの" »

戸別収集モデル地区住民からの意見 

当ブログ「二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た2」のコメントにモデル地区

住民から意見が来ました。

モデル地区住民として戸別収集を体験し、便利なことを享受していながらも、市の財政面や

地方自治法の観点から有料化戸別収集は見直すべきであるという御意見です。さらに、市民

として要望書や「ふれあいトーク」そして環境部の町内会説明会などに出席されて訴えられて

います。


このような市民意識が高い鎌倉市民が居られることが、うれしい!


鎌倉おやじとしてブログを続ける元気が出ます。


市民として傾聴すべきご意見です。


ぜひとも。一読していただきたく掲載いたします。

続きを読む "戸別収集モデル地区住民からの意見 " »

二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た 2

You Tube 

2015/12/18 議会議案第14,15号 議案説明、討論、採決


https://youtu.be/vVO8qjBV_BU

2015/12/18 に公開

2015/12/18 鎌倉市議会12月定例会
議会議案第14号 松尾市長の任期中に一般廃棄物の戸別収集について公平に早期の全戸実施を求める決議に­ついて
採決 3分20秒頃 賛成少数
議会議案第15号 家庭系ごみの収集について有料化廃止を求める決議について
採決 10分00秒頃 賛成少数

12月18日、12月議会最終日にゴミ政策の二つの議会議案が、上程されました。

1.議会議案第14号「松尾市長の任期中に一般廃棄物の戸別収集について公平に早期

  の全戸実施を求める決議について」


  提案者:長嶋・上畠・松中各市議。
  提案理由
  平成30年10月までに順次エリア拡大するのではなく、平成29年10月松尾市長任期内
  に全市実施を求める。
  賛成:松中・長嶋・上畠・高橋・日向・永田・小野田各市議。
  賛成少数により否決。


2.議会議案第15号「家庭系ごみの収集について有料化廃止を求める決議について」


    提案者:渡辺昌一郎・上畠・松中各市議。
  提案理由
  モデル地区戸別収集延長が否決されたことから、有料化の廃止を求める。
  赤松市議反対討論
  提案者は、有料化の廃止を求め、一方、戸別収集の実現を早く求めている。共産党は、
  ゴミ有料化も戸別収集も反対の立場。
  賛成:松中・渡辺昌一郎・上畠・中澤各市議。
  賛成少数により否決。
 

続きを読む "二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た 2" »

二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た 1

12月18日、12月議会最終日において補正予算の内、戸別収集モデル地区延長予算をめ

ぐり、総務常任委員会修正案(1~2月の延長を認める)と最終日に動議として出された(延

長を認めない)修正案が原案(1~3月延長)と共に採決されました。

採決

1.延長を認めない修正案動議(提案者:上畠.渡辺昌一郎.松中各市議)

  賛成は提案者のみ。否決

2.1~2月延長を認める修正案(提案者:保坂.中沢各市議)

  賛成討論:三宅・大石・池田・赤松各市議。反対討論:中村聡一郎市議。
 
  賛成:保坂・三宅・西岡・納所・大石・池田・山田・赤松・吉岡・岡田・千・中沢・竹田

  反対:中村・久坂・渡辺隆・河村・高橋・永田・小野田・日向・松中・渡辺昌一郎・長嶋・上畠

  13対12で可決

3.修正案を除く原案

  総員賛成で可決

続きを読む "二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た 1" »

平成27年12月議会補正予算の修正案について

15121501_2

上記修正案は、2015年12月14日総務常任委員会において、補正予算の内、戸別ゴミ収

集モデル事業を1月~3月まで延長する予算案を1月~2月までとする修正案が提出され、

賛成多数で可決されました。



賛成:保坂市議。中沢市議。前川市議。吉岡市議。

反対:河村市議。長嶋市議。

続きを読む "平成27年12月議会補正予算の修正案について" »

マイナンバー通知書配達と国勢調査

週プレNEWS「マイナンバー誤配は国が○○○をケチったせい? 現役郵便局員たちの叫び

『オレたちは過酷な仕事を誇っていいはず』
と記事が出ています。

2015年12月16日朝日新聞記事「マイナンバー1.8万通が返送」と藤沢市のデーターが

出ています。

鎌倉市市民課にデーターを徴取したところ、平成27年12月4日現在


マイナンバー送付総数:81,739通。郵便局から返送された数:6,830通。


返送率:8.4%。


藤沢市は、返送率9.5%ですから、若干鎌倉市のほうが良い。

続きを読む "マイナンバー通知書配達と国勢調査" »

2015.12.7鎌倉市議会中沢市議の質問で議会混乱 !?(一部訂正記事)

2015年12月16日付当ブログ「2015.12.7鎌倉市議会中沢市議の質問で議会混

乱 !?」の記事に間違いがありました。お詫びして訂正追記いたします。

訂正内容
原文

問題点
7.27年度予算段階で補助対象経費が総経費の三分の一を超えている。明らかな違反
  です。
(赤字部分削除)

訂正
問題点
7.27年度予算段階で補助対象経費が総経費の三分の一を超えている。

続きを読む "2015.12.7鎌倉市議会中沢市議の質問で議会混乱 !?(一部訂正記事)" »

鎌倉山二丁目開発問題  最高裁が棄却  地裁に差戻し

2015年12月14日最高裁が、被告・鎌倉市の上告に対して上告棄却。地裁へ差戻し。

この開発は、鎌倉山から七里ガ浜への道沿い斜面地大規模開発です。開発経緯については

反対住民が作成したHP「鎌倉の緑を守ろう」に詳しく記載されています。
 

裁判経緯

  原告:開発地住民5名   被告:鎌倉市

H25.12.26  横浜地裁に提訴

H26. 9.10  却下(審理せず、門前払い)

H26. 9.24  東京高裁へ住民控訴

H27. 2.25  判決(原判決取消、地裁へ差戻し)

H27. 3.11  市が、最高裁へ上告

H27.12.14  最高裁上告棄却(地裁へ差戻し)

最高裁の判断は、東京高裁の判断でよいと断じ、地裁で審理しなさいと言っています。

続きを読む "鎌倉山二丁目開発問題  最高裁が棄却  地裁に差戻し" »

2015.12.7鎌倉市議会中沢市議の質問で議会混乱 !?

12月議会定例会おける平成26年度決算議案において中沢市議が質問しました。

2015/12/7 鎌倉市議会12月定例会 平成26年度 ... - YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=PidmbWYXfH4
3 日前 - アップロード元: kamakura mortician
2015/12/7 21時頃 鎌倉市議会12月定例会 平成26年度決算について 中澤議員 質問に対する答弁で揉める議 ...

質問内容は、平成26年度決算において補助金交付要綱による補助金返納処理がルール通
りになされていないというものでした。

鎌倉おやじは、医師会の補助金返納だと考えてます。

続きを読む "2015.12.7鎌倉市議会中沢市議の質問で議会混乱 !?" »

鎌倉市労組事務所退去について県労委が要望書 !?

12342288_39821270_n

続きを読む "鎌倉市労組事務所退去について県労委が要望書 !?" »

野坂昭如が亡くなりました。小説「火垂るの墓」の舞台を紹介します。

東京新聞記事2015年12月11日 朝刊

野坂昭如さん死去 「この国に戦前がひたひたと迫る」

続きを読む "野坂昭如が亡くなりました。小説「火垂るの墓」の舞台を紹介します。" »

休日夜間急患診療所事業

長嶋竜弘市議のブログに文書質問「休日夜間急患診療所」の回答が掲載されています。

平成26年度休日急患診療所年間利用者数は、1655名です。
-鎌倉休日夜間急患診療所の時間区分-
 平日土曜日日曜、祝日
- - 9:00~12:00
13:00~17:00
19:00~23:00 18:00~23:00 18:00~23:00

続きを読む "休日夜間急患診療所事業" »

中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい !

20151205snk

続きを読む "中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい !" »

県監査委員が中村県議の領収書を偽造と判断!?

R0020628

 

R0020627

続きを読む "県監査委員が中村県議の領収書を偽造と判断!?" »

鎌倉市のふるさと納税

2015年12月3日岡田市議が、一般質問でふるさと納税の推移について質問しました。岡田市

議はこれで一般質問にて4回連続して「ふるさと納税」を取り上げています。その大きな理由

は、市と返戻品事業者と寄付者ともどもハッピーになれるからとのこと。市民に負担をかける

ことなく収入を増やす方法は、これ以外に見当たらない。

12月議会の収入(歳入)の補正予算が組まれています。

      原予算   今回補正額   合計予算額  (単位 千円)
寄付金: 2,402    63,845    66,246

63,845千円の増加は、ふるさと納税によるものと考えます。

鎌倉市が、本年7月21日から「ふるさと納税」のページを運用開始しました。

ふるさと納税による寄付金(実績)

続きを読む "鎌倉市のふるさと納税" »

「化血研によるワクチン製造不正と厚労省」と「鎌倉市医師会と鎌倉市」は同じ?

鎌倉市が行っていた鎌倉市医師会への委託事業おいて予防接種事故と白紙請求書問題

が、9月議会の中沢市議一般質問から発覚しています。

化血研では、昨年に材料の期限切れが、今年の5月に製造不正が、内部告発により発覚しま

した。化血研の設立した第三者委員会の報告書が、12月に内容が公表されました。

J-CAST テレビウオッチ ワイドショウー通信簿「不正製造40年!「化血研」インフルワクチ
ンは安全か?記録でっち上げ
に出ています。

記事の中の『
第三者委は「研究者のおごりがあった」とも指摘している。「自分たちは専門家で、当局よりよく知っている」という意識だ。原子力でもあった。建築偽装でもあった。役所がなめられている。内部告発がなければわからなかった。』に注目したい。

役所のチェック機能が不完全だから事業者と役所の関係に緊張感がなくなっているのが現状です。医療事業と言えどもそこには医療関係者のモラルが残念ながら無くなっています。

監査機能の充実が求められている!

続きを読む "「化血研によるワクチン製造不正と厚労省」と「鎌倉市医師会と鎌倉市」は同じ?" »

化血研によるワクチン製造不正

鎌倉市が行っていた鎌倉市医師会への委託事業おいて予防接種事故と白紙請求書問題

が、9月議会の中沢市議一般質問から発覚しています。
予防接種は、国が定めた子供等への法定接種とインフルエンザ予防接種です。接種事故の
主な内容は、一つ目は接種条件違反による。二つ目は、期限切れワクチンの接種でした。
どちらも医師の不注意による。幸いなことに、接種者の健康を害するケースはなかったとの
ことですが、鎌倉市医師会メンバーの一部医師が、医療事故を起こしました。
三つ目は、市医師会が、傘下医療機関からの請求書を取りまとめ市に請求するべきなのに
行わず、市が医療機関の請求を取りまとめ医師会の代行を行うために医師会と各医療機関
の白紙請求書を事前に入手していました。

中村県議が自民党を離党!?

12月2日9時前NHK神奈川県ニュース「政務活動費で元議長が離党」と中村県議が離党したと報じました。

政務活動費問題で自民県議離党

12月02日 20時44分

政務活動費問題で自民県議離党

神奈川県議会の議長を務めた自民党の県議会議員が「政務活動費」を不正に受け取っていたなどとして活動費の返還を求める住民監査請求を起こされたことを受けて、「党に迷惑がかかる」として2日、自民党を離党したことが関係者の話で分かりました。

自民党を離党したのは神奈川県議会の元議長、中村省司議員(70)です。
中村議員は「偽造や架空の領収書を使って政務活動費を不正に得ていた」などとしてことし10月、およそ140万円の活動費を返還するように求める住民監査請求が起こされています。
関係者によりますと、中村議員は2日、自民党に対し「党にとどまることで県連や県議団に対して迷惑がかかる」などと離党を申し出て、自民党神奈川県連の総務会で了承されたということです。
中村議員はこれまでに県議会議長など議会や県連の要職を歴任し、現在は9期目です。
中村議員はNHKの取材に対し、「これ以上、党に迷惑はかけられないと思い離党した。政務活動費の使い方に指摘されるようなやましい点はなく、今後も議員活動は続けたい」と話しています。

9月議会おいて中止された一般質問と12月議会一般質問の比較

9月議会は44日間会期を延長したが、3人(山田・久坂・河村各市議)の一般質問をせずに

終了しました。議員の質問権を放棄させた議会運営は問題であると学識者が指摘してい

ると報じられていました。

3人の9月と12月の一般質問内容

15120201h27912

続きを読む "9月議会おいて中止された一般質問と12月議会一般質問の比較" »

議員の産休・育休について

2015年11月30日朝日新聞フォーラム「議会を育休で休む」という記事が出ています。

今春の統一地方選で初当選した全女性議員を対照にアンケートし、三分の一議員が議員活


動する上でのハードルとして「家事・育児」を挙げていることを報じています。その後、育児と


議員活動との両立や「育児による欠席」をめぐる議会の議論を取り上げ、皆様から賛否の意


見をいただきました。」とあります。


この議論で気を付けなければならないのは、議員と一般民間人の処遇を混同しないこと。


議員は自ら手を挙げて住民の付託を受けた公職であり、その職務には任期が


あります。


一般民間人ではありません。その職務は、住民に対する責任があ
ります。

続きを読む "議員の産休・育休について" »

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

無料ブログはココログ