« 鎌倉市のふるさと納税 | トップページ | 中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい ! »

県監査委員が中村県議の領収書を偽造と判断!?

R0020628

 

R0020627

2015年12月5日読売新聞

県監査委員 元県会議長領収書、架空と認定

 元県議会議長の中村省司県議(70)(鎌倉市選挙区)が2014年度の政務活動費(政活費)から支出したホームページ(HP)作成代は架空請求だとして、鎌倉市の男性が代金の返還を求めた住民監査請求で、県監査委員は4日、「HP作成代の支出と領収書は認められない」とする結論を公表した。一方で、返還請求については「返還額は発生しない」として棄却した。

 棄却は3日付。中村県議は4日、記者会見し、「支出が認められない」などとされたHP作成代について、「(作業は)事務所のスタッフに任せていた」と釈明。作成代49万5000円は当時所属していた自民党に返還すると述べた。

 中村県議の政活費の支出を巡っては、鎌倉市の男性が10月、「HP作成代として政活費約50万円を充てたが、領収書が架空である」などと指摘した。

監査結果によると、県監査委員は中村県議と県議の元事務職員、領収書を作ったとされる業者社長の鎌倉市議に聴取。元事務職員は「現金は社長に渡しておらず、事務所の机の中に保管している」「領収書は自分が作成した」と説明し、社長も「金銭の受領は一切なく、自社名の領収書も知らない」と主張したことから、「支出と領収書の事実は認められない」と判断した。

 一方で、支出や領収書の存在を認めなかったにもかかわらず、代金の返還は求めなかった。

 政活費は自民党に対して交付されており、同党の支出総額からHP作成代を引いても、支出総額が交付総額を上回るため、返還は必要ないと判断された。ただ、一部県議からは「不正支出があっても返還しなくていいというのはおかしい」との指摘が出ている。

 また、中村県議の活動広報紙の印刷代についても監査請求されたが、棄却された。

 男性は今回の請求結果を不服として、近く住民訴訟を起こすとしている。(記事終わり)

 中村県議の政活費(政務活動費。以前は、政務調査費と呼称)は、生活費 ?

 お小遣い ?

 支出の事実はないと判断された以上、県議会の議長まで務めただけに辞職が妥当だ

 と考えますが...。 

 中沢市議は、神奈川新聞の取材に対してコメントを出していないが、なぜ中沢氏が関

 与する会社の領収書が使われていたのか。中沢氏は、中村県議の元秘書だけにわかる

 範囲で説明責任を果たすべきだと考えます。


 神奈川県監査委員会発行

 住民監査請求の結果の概要 (「県議会議員1名に係る政務活動費」に関する件)

 

« 鎌倉市のふるさと納税 | トップページ | 中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい ! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

こいつ尊敬する人か目指す人で中村省司と書いていたヤツだろ。

中澤さんは潔白

中沢克之県議会議員が誕生??
有り得ないか

中沢が県議なんて無理、無理。
今回の領収証で加担しているではないか!
しかも、岩田薫にリークしたのは、中沢本人だ。

中沢が潔白?
内情を全て岩田薫にリークしたのは中沢。中沢の会社が関わっているのに、潔白では済まされない。
説明しないとね。普段から市議会では説明を求めているんだから。

領収証の会社が中澤の関係するところだぞ。
それのどこが潔白と言えるのだろうか?
きちんと説明するべきだろう。市議会で不正を説明させてきたのだから。

しかも同じ党派の人間を売った。こんな人間のどこを信用できるか?
本当に正したいのであればこんなやり方ではないだろう。

中澤の県議もこれで生涯ない。神奈川以外なら話は別だけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62822161

この記事へのトラックバック一覧です: 県監査委員が中村県議の領収書を偽造と判断!?:

« 鎌倉市のふるさと納税 | トップページ | 中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい ! »

無料ブログはココログ