« マイナンバー通知書配達と国勢調査 | トップページ | 二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た 1 »

平成27年12月議会補正予算の修正案について

15121501_2

上記修正案は、2015年12月14日総務常任委員会において、補正予算の内、戸別ゴミ収

集モデル事業を1月~3月まで延長する予算案を1月~2月までとする修正案が提出され、

賛成多数で可決されました。



賛成:保坂市議。中沢市議。前川市議。吉岡市議。

反対:河村市議。長嶋市議。

戸別ゴミ収集モデル地区は、山之内地区、鎌倉山地区、七里ヶ浜地区において、生ゴミ・プ

ラ・資源の三品のゴミを3年間近く続けています。当ブログでも、モデル事業は長すぎると提

言していたところですが、来年4月よりモデル地区生ゴミ一品の戸別収集を正式に始める。

プラ・資源ゴミは、従来のステイション収集に戻すことを発表しました。

順次、生ごみのみの戸別収集エリアを拡大し、平成30年10月までに全市域で戸別収集す

る予定です。


提案者による修正理由は、戸別収集モデル事業は認められないが、行政が、すでにモデル

地区住民に3月まで延長する旨説明済であること及び中止することへの住民説明の時間を

考慮し、2月までの延長を認める修正です。


平成27年10月の市発表「戸別収集の検証と今後の対応について」にも書かれていますが、
市民アンケートによると戸別収集に対する理解と賛成を得られていない。また、戸別によるゴ

ミ削減量は、700トンで、その費用は4億円も掛かるなど費用対コストを考えても課題が多い

ところです。

この修正案は、3月だけ止めなさいということ。1ヶ月と言えども市民は混乱する。さらに、

ゴミ戸別収集の市提案がありましたが、2月議会に平成28年度の具体的予算案が提出

され、議会が、認めるかどうかもわかりません。ゴミ収集の政策がコロコロ変わっています

が、今は、新年度から始まる戸別収集に対して議論する時です。



この時点で、モデル地区事業をとやかく言い、市民を混乱させるべきでない。


こんなことで時間と労力を使うべきでない。


議会は、修正案を否決すべきです!!


さて、12月18日市議会本会議で修正案は??

« マイナンバー通知書配達と国勢調査 | トップページ | 二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た 1 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

議会事務局の不手際で混乱後に、総務常任委員会修正案可決、戸別収集は来年度からは無しか!!

【拡散希望】2015/12/18 鎌倉市議会12月定例会

議案第65号 平成27年度鎌倉市一般会計補正予算(第4号)

総務常任委員会修正案(13)可決修正

(中継録画約1分)→ https://t.co/tWq0oB9fEC https://t.co/OUC8sdBhkT


【拡散希望】2015/12/18 鎌倉市議会12月定例会

議案第68号 建物明渡等請求訴訟の提起について

賛成多数(18)反対(6)退席(1)

(中継録画約32分)→https://youtu.be/Dm_DYyK3nbs

2015/12/18鎌倉市職員労働組合

(建物明渡等請求訴訟の市議会本会議承認について)

http://www.kamakumi.com/archives/608

http://sho-ji.de/link.html

リンク先に「中沢克之」。さぁ、いつ自分の口で説明する?
市議会の仕事も大事だが、こちらも貴方が絡んでいるんだよ、中沢先生。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62979913

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年12月議会補正予算の修正案について:

« マイナンバー通知書配達と国勢調査 | トップページ | 二月補正予算でゴミ政策における議会の考えが出た 1 »

無料ブログはココログ