« またまた中村省司県議の政務活動費疑惑 ! | トップページ | 9月議会おいて中止された一般質問と12月議会一般質問の比較 »

議員の産休・育休について

2015年11月30日朝日新聞フォーラム「議会を育休で休む」という記事が出ています。

今春の統一地方選で初当選した全女性議員を対照にアンケートし、三分の一議員が議員活


動する上でのハードルとして「家事・育児」を挙げていることを報じています。その後、育児と


議員活動との両立や「育児による欠席」をめぐる議会の議論を取り上げ、皆様から賛否の意


見をいただきました。」とあります。


この議論で気を付けなければならないのは、議員と一般民間人の処遇を混同しないこと。


議員は自ら手を挙げて住民の付託を受けた公職であり、その職務には任期が


あります。


一般民間人ではありません。その職務は、住民に対する責任があ
ります。

一般民間人なら産休や育休を与えなければならないが、女性議員に与える必要はないと考

えます。

出産と育児を分けて考えたい。出産を予定しているなら、議員になるべきでない。また、妊娠

したなら、産休の関係から辞職するべきだと考えます。出産後に議員になればよい。女性議

員と言えども議員の職務を全うする必要があります。


「議会を育児で休む」の議論では、議会を休むことについてが論じられてますが、議員の職

務は、なにも議会に出席することだけではない。議会閉会中に住民の意見や行政の問題点

を調査し、議会で質問し改善を求めることです。議案に対する採決はその結果でしかないと

考えています。

議員の欠席理由に育児を追加するかどうかの論議がなされていますが、議論自体が不要と

考えます。突発事故により欠席する場合以外は、必要がない。育児は、女性だけがする時代

ではない。家庭や保育園など公的支援があります。議員は、職務を全う出来ない人がやる仕


事ではない。

女性議員が必要がないと言っているわけではない。出産や育児で休まざるを得ない人はや

るべきでないと言っているだけです。

女性議員の視点は、重要であり、育児に対する公的支援の使い勝手が悪いなら改善するの


が仕事ではないですか。ひとり親家庭の育児への支援などいっぱいあると思います。


議員は、生業ではない。住民のためにする職務であり、民間


人ではありません。

« またまた中村省司県議の政務活動費疑惑 ! | トップページ | 9月議会おいて中止された一般質問と12月議会一般質問の比較 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

久坂くにえは質問で今期子育てについて質問もしない。産めば終わりか!あんたが産んでも鎌倉市政には何にも役立っていない。議会運営委員長を終わったあとも質問しない。打ち切られても構わない 久坂さん、あんたは議員を辞めるべきだ ふさわしくない

浅尾もおかしいぞ
無能な政治家夫婦なんていらない

それは政治から女性を締め出すやり方だと思います。
過去に議員として1年以上働いていれば、産休や育児休業を認めるべきだと思います。
ただし休暇中の報酬に関しては新たに規定すべきでしょうね。
まして4年の任期ですから、普通の会社勤めみたいに休業手当がでるのは、
不公平感ありますし、やり過ぎだと思います。

以下の内容は考慮に値します。
ただし、国会議員や首長はさすがに育休は無理だと思います。そのかわりに議事堂内に保育施設設けるべきでしょうね。

ちなみにデンマークは副市長以下の市議員は無給です。
http://blogs.yahoo.co.jp/hopeupyu/28108406.html
http://wakamiya.exblog.jp/16475825/

日本の国会議員の報酬は高すぎますね。
http://matome.naver.jp/odai/2131739964131468401

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デンマークの議員は最長1年の育休制度があり、休業中は報酬が全額支給されます。選挙の落選候補で上位だった人が代理議員を務めるそうです。国・地方とも女性議員が約4割を占めるフィンランドでも、議員は報酬カットなく育休が取れます。「女性であれ男性であれ、議員が育休を取ることは自然と受け止められている」一方で、1年間まとめて休むようなケースは見当たらない、ということでした。

 英国議会やカナダの連邦議会では、議事堂内に議員や職員向けの保育施設があるそうです。

【拡散希望】2015/12/2 15時 鎌倉市議会12定例会 上畠議員一般質問

終部分 市長の政治姿勢と進退等

質問「不適切な事務処理経費の責任は?」

松尾市長答弁は毎度お馴染み「私が責任を取る」

何回目の責任になるのでしょうか?

(約7分)https://youtu.be/oPQ_FdpV1DY

久坂くにえ議員
http://www.kkusaka.net/index.html
活動はしていらっしゃいます。
一般質問がないことがご不満なのですね。
確かにそう思うなら久坂くにえ議員に直接おっしゃってみてはいかがでしょうか。
ただし、浅尾子分議員はたいてい一般質問少なめですよ。
浅尾をよいしょするための活動なら一生懸命する感じ?

PS先ほどの労組関連拡散記事は、以下のように、記事内容にある議員個人名は削除していただけると助かります。
というのもそれを見た人に党対党の戦いだと思われたくないからです。
同時に、回答を芳賀氏本人に求めています。
真実はよく知りませんが、代わりの場所が用意されているにも関わらず、芳賀氏たちが移動しないと聞いております。そして、なにより市長のリーダーシップ不足であることは明らかです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご協力、拡散依頼

鎌倉市職員労働組合の暴挙。11月12日現在、鎌倉市職員労働組合が行政財産である旧901号室を不法占拠しております。
本来であれば市職労は、今年3月末には退去予定でしたが、議会での度重なる追及に関わらず、
市長、瀧澤副市長の弱腰によって、延ばしに延ばして10月末まで市職労に事務所を貸与する為の許可を出しました。

しかしながら、一般質問や緊急質問等によって市長、副市長は10月末を退去のデッドラインと答え、これ以上は延ばさないと答弁して約束しました。
にも関わらず、市当局との交渉において、鎌倉市職員労働組合(委員長・資産税課係長 芳賀秀友)は、居座りを宣言し、市長は協議を打ち切りを致しました。

何故、市職労を退去させなくてはならないのかは、昨年の11月の庁舎再編計画の決定によります。
なぜ庁舎再編するかは、共働き家庭や一人親家庭の支援の観点から、放課後の子供達の居場所づくりや、自宅に帰って一人になる子供が犯罪に巻き込まれない為に、
市庁舎内にはスペースが無いから、組合事務所スペース等を解体して新たに、子供支援施設を建てることとなっておりました。

1年まもなく経つ今に経ってもなお、計画が遅々として進まないことによって、いまだに学童保育に入れずにいる子供達がいるのです。

そんな子供達の福祉を阻害し、計画を妨害するのがあろうことか、資産税課係長 芳賀秀友が率いる鎌倉市職員労働組合です。

市長は仮処分を検討しているとのことですが、鍵の付け替えや電気ガスの停止という強行手段も取らず、やはり対応は弱腰。
そもそも、鎌倉市職員労働組合は労働組合を名乗っていますが、法的には地方公務員法上の職員団体に過ぎず、労働組合として庇護を受ける労働組合ではございません。
よって、芳賀委員長の行っている行為は違法行為であり、地方公務員法で許されざる行為であって、決して許されることではありません。
違法な職員団体活動は、懲戒処分の対象です。にもかかわらず懲戒にもしないのが、現松尾・瀧澤体制です。

今後、鎌倉市議会では、緊急質問や問責決議等あらゆる行動をとります。また、個人としても警察にも相談し、公安調査庁より情報もいただいています。
議員も良識ある議員は取り上げていますが、数名の議員以外は具体的には何ら行動をされていません。

何より、弱腰の鎌倉市、鎌倉市議会に対する圧力となるのは、皆様からの抗議の声でございます。
どうか、鎌倉市、そして芳賀ら鎌倉市職員労働組合への抗議の声をあげていただき、
市民の皆様からの良識ある圧力をかけてくださいませ。何卒よろしくお願い申し上げます。

抗議先はこちらです。

鎌倉市職員労働組合
電話番号 0467-23-1459
電子メール kamakurasisyokuro@excite.co.jp

鎌倉市役所

職員課
syokuin@city.kamakura.kanagawa.jp

芳賀氏の在籍する資産税課
sisanzei@city.kamakura.kanagawa.jp

市民相談課
shisei@city.kamakura.kanagawa.jp

鎌倉市議会事務局
gikai@city.kamakura.kanagawa.jp

追伸
本件を報道している産経新聞記事ならびに、議員の記事を掲載します。

産経新聞記事
鎌倉市職員労組が事務所立ち退き拒否 学童施設候補地 市側「不法占拠状態」と対立激化
http://www.sankei.com/politics/news/151107/plt1511070007-n1.html

①https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=941175649270418&id=473134059407915 …
②https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=941946612526655&id=473134059407915 …
③https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=942893929098590&substory_index=0&id=473134059407915 …
④https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=944303248957658&id=473134059407915

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62751017

この記事へのトラックバック一覧です: 議員の産休・育休について:

« またまた中村省司県議の政務活動費疑惑 ! | トップページ | 9月議会おいて中止された一般質問と12月議会一般質問の比較 »

無料ブログはココログ