« 中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい ! | トップページ | 野坂昭如が亡くなりました。小説「火垂るの墓」の舞台を紹介します。 »

休日夜間急患診療所事業

長嶋竜弘市議のブログに文書質問「休日夜間急患診療所」の回答が掲載されています。

平成26年度休日急患診療所年間利用者数は、1655名です。
-鎌倉休日夜間急患診療所の時間区分-
 平日土曜日日曜、祝日
- - 9:00~12:00
13:00~17:00
19:00~23:00 18:00~23:00 18:00~23:00

平成27年のカレンダーによると年間で日曜日が52日。祝日が16日。合計68日。

平日と土曜は、365-68=297日です。平日と土曜を1単位とし、日曜と祝日を午前・午

後・夜間の3単位とすれば、68×3=204+297=501単位が年間単位数となる。

1単位当たりの患者数は、1655÷501=3.3人。

年間利用者数を合計で見れば多いと感じますが、診療時間帯で午前・午後・夜間の区分で

見ると3.3人で4人に満たない数字です。年間日数で見れば、1655÷365=4.5人。


医師会は、外科系の急患に対しては、医師会所属の医師が在宅にて待機し、診療にあたっております。休日夜間急患診療所受診者数から見れば、休日夜間急患診療所を止め、在宅対応でも可能ではないでしょうか。

1.休日夜間急患診療所への救急車での搬送実績がない。
2.休日夜間急患診療所から転送数が、H26年4件。H25年0件。
3.休日夜間急患診療所の薬品に期限切れが発覚している。

 上記のデーターから見ると市民で重病である人は、休日夜間急患診療所に受診して

 いない。

« 中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい ! | トップページ | 野坂昭如が亡くなりました。小説「火垂るの墓」の舞台を紹介します。 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/62858228

この記事へのトラックバック一覧です: 休日夜間急患診療所事業:

« 中村県議の政務活動費に対する考えはおかしい ! | トップページ | 野坂昭如が亡くなりました。小説「火垂るの墓」の舞台を紹介します。 »

無料ブログはココログ