« 鎌倉市・商工会議所・観光協会共催「新春のつどい」 | トップページ | 公職とは何ぞや »

北朝鮮核実験の情報対応について

2016年1月6日北朝鮮が、水爆実験に成功したと発表した。

毎日新聞記事『北朝鮮「水爆実験」日本、難しいかじ取り』にも書いてありますが、拉致問題

から日本の対応について苦慮している。

TBS『北朝鮮 「水爆」実験、韓国も予期できず対応後手に』によれば、『韓国国防省の関係者は、「サプライズ実験だった」と述べ、不意を突かれたことを認めました。その上で「常に衛星で監視していたにもかかわらず、すぐに実験するという特別な動きは無かった。意図的に秘密裏に計画された実験だ」と分析しています。』


日本のこの件に関する報道を見ていると、なぜ、気象庁が発表なのか、疑問を持ちました。

気象庁が、一番に地震ではないようだと発表していましたが、本来は、防衛省や外務省が、

発表する事案です。北朝鮮と日本は、国交がありませんが、拉致問題が懸案となっている国

です。なおかつ日本海を隔てた隣国ですが、外務省や防衛省にどこまで情報収集体制があ

るのか。はなはだ疑問です。


こんなことで、拉致被害者を取り戻すことができるのでしょうか。


安倍首相は安全保障体制を強化することに熱心ですが、これでいいのでしょうか。


安全保障は、軍備を増強するだけではないはずです。


防衛省は、韓国国防省と同様に事前情報収集に不備があったと謝罪すべきでないか。



« 鎌倉市・商工会議所・観光協会共催「新春のつどい」 | トップページ | 公職とは何ぞや »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

スパイエージェントを育てるCIAを作れ
情報戦争だ


【拡散希望】横浜地区労働組合協議会:鎌倉市職員労働組合事務所保全状況~鎌倉市が労働組合を追い出そうと、事務所解体工事を入札したが「応札」なしでしばらく延期の巻

http://blog.livedoor.jp/chiikirouso_yokohama/archives/51069308.html

コメント:松尾鎌倉市長はなぜ強行排除しないのか、不作為では?

【拡散希望】2016/1/14(木)10時 北鎌倉隧道(通称・緑の洞門)に関する住民監査請求、

監査請求人意見陳述、傍聴可

所属課室:監査委員事務局  
鎌倉市御成町12-18 鎌倉水道営業所 庁舎2階
電話番号:0467-23-3000

---------------------------------------------------------------
違法若しくは不当な公金の支出とした理由は以下のとおり。

(1)一般社団法人日本トンネル技術協会の検証等業務では、「杭口補強+アーチ・パネル(透明型)工法」と 「既往成果の開削案」の二つを実現性、合理性のあるものとして最終的な方策(工法)に残した。検証等業務では、前者の工事費の見積もりを1億200万円、後者の工事費を1億2800万円とした。後者の工事は隧道を開削したあと崖地の崩落防止工事もせねばならず、追加予算が甚大になる見込みだ。しかも、開削して4mの舗装道路を造っても、隧道の西約30mの地点で道幅が2mになるため、車の走行が東西を通して出来ず、この工事で恩恵を被るのはわずか隧道を出たところに建つ2軒の家でしかない。それにもかかわらず、コストの高い後者の開削工事案が選ばれたことはおかしい。

(2)地方財政法は第4条第1項に「地方公共団体の予算は、その目的を達成するための必要且つ最小の限度をこえて、これを支出してはならない」と定めており、これに抵触する違法若しくは不当な支出と言わざるを得ない。

(3) 日本トンネル技術協会による検証等業務では、「抗口補強+アーチ・パネル(透明型)工法について、「山の景観が残せる」「初期投資は低い」と評価している。この工法は北鎌倉隧道(緑の洞門)の形をそのまま残し、コンクリートの型枠でトンネルの内側を補強して崩落を防止するというもの。見栄えは悪いが隧道の形は壊されない。一方、開削工法については、「山の景観は残らない」「初期投資は比較的高い」と評価を下している。なのに後者を選んだ検証委員会の判断はおかしい。


【拡散希望】2016/1/7 鎌倉市議会議会運営委員会資料

http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20160107.htm

コメント:●意見聴取会で何を求めるのか?

     ●「文書質問のあり方について」制限を設けるとは!!

     ●一般質問2時間に資料要求準備時間を含めるとは!!

全く無関係な内容で「拡散希望」とあるのは理解に苦しむが。

アメリカは既に動きをキャッチしていたようでもあるが、
これを韓国政府に伝えるとその日のうちに平壌に情報が伝わる、というのが常識らしい。
だから今回は韓国政府には伝えていなかったのではないか。

また日本政府は速やかに気体調査をしているところを見ると、
アメリカから情報が伝わっていた可能性もあるし、そんな重大な情報をいちいちマスゴミに流すことをしないだろう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/63349605

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮核実験の情報対応について:

« 鎌倉市・商工会議所・観光協会共催「新春のつどい」 | トップページ | 公職とは何ぞや »

無料ブログはココログ