« 旧みんなの党中西参議院議員を自民が推薦 !? | トップページ | 公益法人のずさんな会計監査 »

野口悠紀雄「資源価格下落は日本への未曾有のボーナス」

ダイアモンド オン ライン記事「資源価格下落は日本への未曾有のボーナス」が出ています。株式市場が昨年最安値を下回ったと報道されていますが、マネーゲームの株が下がっただけだと言っており、原油価格をはじめとする資源価格の下落は、日本にとってボーナスが出たようなものだと言っています。


私も同感です。皆様も一読する価値があると思います。

心配なことの一つは、原材料価格の下落が、企業利益の増大と内部留保の拡大にとどまってしまって、消費者物価を下落させていないこと。また、サラリーマンの賃上げにつらがらないことです。


二つ目は、日銀が掲げているインフレ2%の目標です。輸入物価がこれだけ下がって、なおかつ消費者物価が2%も上昇するなどということはありえない。為替レートが円高になれば、不可能です。

日銀は、インフレ目標2%を撤回すべきです。

« 旧みんなの党中西参議院議員を自民が推薦 !? | トップページ | 公益法人のずさんな会計監査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/63570632

この記事へのトラックバック一覧です: 野口悠紀雄「資源価格下落は日本への未曾有のボーナス」:

« 旧みんなの党中西参議院議員を自民が推薦 !? | トップページ | 公益法人のずさんな会計監査 »

無料ブログはココログ