« 3月以降のゴミ戸別収集モデル地区への対応 | トップページ | 鎌倉市ふるさと納税寄付金が1億円を突破した !? »

週刊誌ネタ「浅尾慶一郎」の自民入党を拒んだ「菅」の恨み骨髄

2016年1月21日号週刊新潮に「浅尾慶一郎衆議院議員の動向が噂話として出てきた。


16011401

参議院選に向けて政界の裏情報が、まことしやかに報じられています。真偽の程はわかりま

せんが、あり得ない話ではない。

自民党鎌倉支部は、中村県議の離党に伴い地方支部が事実上無くなった。すなわち、自民

党県連も支部長を決められない状態と聞く。8月に参議院選があるというのに鎌倉では自民

党としての組織が...。こんなことでは、衆参同一選挙があるとかないとか言われているが、

古都鎌倉では出来ない話。神奈川県会の重鎮だったと言われている中村県議のテイタラク

がここにきて一気に噴出してきました。南関東比例区の山本朋広衆議院議員は、神奈川4区

の落下傘議員で後援会組織がない。鎌倉市議会・自民党所属議員は、渡辺昌一郎、中沢克


之、高橋浩司、上畠寛弘の5名がいます。自民党会派は無く、高橋市議以外は無所属議員


です。

そこで浅尾衆議院議員が、中西参議院議員と共に自民党へ鞍替えしようという話です。なん

だか参議院選に絡んで浅尾・中西両氏が、自民党の混乱に乗じてに持ち込んだ話?

もともと浅尾氏は、新進党から政界進出した人です。生活の党の小沢氏の子飼でしたが、参

議院から衆議院に鞍替えしたくてしょうがなかった。しかし、民主党時代に小沢氏から拒否

されみんなの党へ鞍替えした経歴があります。一度鞍替えした人は、また鞍替えするのか?

先の統一地方選では、地方政党「みんなの改革(代表・浅尾慶一郎)」が惨敗しただけに、こ

の話は真実味がある噂話だ。

また、みんなの改革所属鎌倉市議会議員の一人が、自民党へ入党しようとしているという

噂話が、出てきています。


このような話が出てくると地方政党「みんなの改革」の崩壊か?

« 3月以降のゴミ戸別収集モデル地区への対応 | トップページ | 鎌倉市ふるさと納税寄付金が1億円を突破した !? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2016/1/14 鎌倉市監査請求意見陳述
北鎌倉駅裏随道工事に係る監査請求
監査委員は勧告するか?
http://blog.livedoor.jp/kikurotakagi/archives/5167403.html

情報が本当なら節操のない人なのでしょう。
浅尾はパチンコ議員なので絶対入れません。
彼の話はとても薄っぺらい。

情報は本当でしょう、みっともないたらないよ、政治家としての矜持のかけらもない。仕事で問えよ、有権者にさ。
ましてや菅ににすりよるなんて救いようのない話だよ。あ〜、やだやだ。

旧みんなの党に関係していた人間は節操がない者が多い。浅尾氏とベッタリだったと思いきや、維新の党から参議院選に出たりとか。
大船に在住しながら戸塚から県議会議員になったとか(2期目は落選)。

有権者はもっとよく見るべきだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/63464419

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊誌ネタ「浅尾慶一郎」の自民入党を拒んだ「菅」の恨み骨髄:

« 3月以降のゴミ戸別収集モデル地区への対応 | トップページ | 鎌倉市ふるさと納税寄付金が1億円を突破した !? »

無料ブログはココログ