« 鎌倉市議会議員定数に関する意見聴取会 | トップページ | 朝日新聞記事「民主、4区擁立検討」 »

2016年度予算で神奈川県・鎌倉市は給与を上げるが、大阪府は断念。

netgeek【炎上】大阪府の公務員が「給与アップ断念」にブチ切れ「嫌な
ら辞めろ。代わりはいくらでもいる」という批判が殺

BLACK 2016年1月31日

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

大阪府が職員の給与引き上げを断念し年間100億円の財源確保を優先したことについて、職員組合が猛反発を見せている。しかし、世論は「そもそも公務員は恵まれすぎ」と厳しい見方だ。

職員組合はこの日、テレビカメラが回っていることも気にせず、給与が上がらないことに対して怒りを露わにした。

oosaka_kyuyo (1)

oosaka_kyuyo (2)

大声で文句を言う代表者に合わせて「そうだ!」「そうだ!」と賛同の声が飛ぶ。それにもかかわらず、府の担当者が厳しい表情を崩さない背景には財政難を理由に妥協することができないという事情がある。

大阪府の職員の給与は平均で38万6700円(42.6歳)。

oosaka_kyuyo (3)

十分恵まれているように思えるが、職員は給与をもっとあげるよう要求し、のぼりを持ってデモ活動を行った。もっとも、そんな時間があるぐらいならもっと働いてほしいが…。

松井一郎知事は大阪府の財政が厳しいので報酬を上げることはできないと断言する。

oosaka_kyuyo (4)

民間の感覚でいえば、赤字企業なのに贅沢はできないということだ。大阪府は来年度予算で800億円の財源不足が生じる見込みで、財政調整基金を15年ぶりに取り崩す方針を固めている。そのような状況にあるにもかかわらず、職員が待遇をよくするよう求めてくるのはおかしいと言わざるをえない。

普通はここまでの事態に陥れば給与ダウンもあり得るのに、どうして据え置きで喜べないのか。自分たちの仕事に報酬が見合っていないと考えるならば転職すればいいではないか。

職員側に同情できないのは過去の出来事が頭の片隅にあるからかもしれない。かつて橋下元知事と口論になった女性職員は「どれだけ残業してると思ってるんですか!」と食って掛かったのに後に残業は一切していないことが分かった。

oosaka_kyuyo (1)

もういっそのこと公務員も成果主義を導入して無能な人はもっと簡単にクビを切れるようにしたほうがよっぽどこの国のためになるように思える。少なくとも身の程も知らず声高に賃上げを求める職員に賛同する一般人はいない。

先の大阪府知事・大阪市長選で「おおさか維新」が勝ったのが判ります。大阪では、政権与

党の自民党・公明党が、「おおさか維新」にすり寄っています。

関西特に大阪は、町衆が街を作ってきた歴史があり、「官なにするものぞ」という気風があり

ます。「官」に対する「民」の目線には、厳しいものがありますから「おおさか維新」も民意を取

り込みやすいのでしょう。

給料.COM 「全国の自治体職員(一般行政職)の月収・年収ランキング(2015年)

は、鎌倉市が、55位。大阪府は、96位です。



鎌倉市では松尾市長が、労組との交渉で苦労しています。大阪府と同様に団体


交渉を公開の場で行えばよい。

« 鎌倉市議会議員定数に関する意見聴取会 | トップページ | 朝日新聞記事「民主、4区擁立検討」 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


鎌倉市オープンデータでは「職員の給与データ」を公表しています。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/opendata/kyuuyo.html

実際は鎌倉市のように手当等がありますので。。。給料だけではありません

№ 級 給料 扶養手当 調整手当 住居手当 初任給調整手当 通勤手当 単身赴任手当 前月月額特勤手当 当月月額特勤手当 日額特勤手当 管理職手当 特地手当 教員特別手当 時間外手当 休日手当 夜間手当 管理職特勤手当 宿日直手当 期末手当 勤勉手当 寒冷地基準額 寒冷地加算額 他手当1 他手当2 実績手渡課税額 実績その他手当 非課税手当 児童手当 地域手当 広域異動手当 諸手当計 例月短期負担金 例月福祉負担金 例月介護負担金 例月長期負担金 例月基礎年金 例月財政調整 例月育休拠出 例月事務費負担金 例月児童手当拠出 例月健康保険負担金 例月厚生年金負担金 例月介護保険負担金 賞与短期負担金 賞与福祉負担金 賞与介護負担金 賞与長期負担金 賞与基礎年金 賞与財政調整 賞与育休拠出 賞与事務費負担金 賞与児童手当拠出 賞与健康保険負担金 賞与厚生年金負担金 賞与介護保険負担金 追加費用負担金 共済費計 人件費合計
1 5 4720080 0 0 183600 0 117600 0 0 0 156800 0 0 0 54584 403056 0 0 0 1253820 651022 0 0 0 0 0 0 0 0 566400 0 3386882 259596 10143 32325 486234 212985 1176 1356 10200 0 0 0 0 83776 3274 10433 156696 68733 380 437 0 0 0 0 0 209977 1547721 9654683

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/63743502

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年度予算で神奈川県・鎌倉市は給与を上げるが、大阪府は断念。:

« 鎌倉市議会議員定数に関する意見聴取会 | トップページ | 朝日新聞記事「民主、4区擁立検討」 »

無料ブログはココログ