« 労組事務所明渡しで鎌倉市が負ける! | トップページ | 北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)が、ついに法的行動に出た! »

鎌倉市と労組は、労組事務所問題で和解に努力してほしい。

当ブログ鎌倉市労組役員横川さんの主張」に横川さんから当ブログが書いたことに対して
回答がコメント欄に送られてきました。

市は、仮処分の結果、本訴に持ち込むだろうとの観測が出ていますが、私は、争いが長引き子供の家建設が遅れることを危惧しています。また、労組は、地裁が出した和解案をさらに譲る気持ちがなさそうです。
一番の問題は、市役所がどこを向いて仕事をしているかです。市役所は、誰のための組織ですか。市民のための組織です。争いを続ければ、行政課題や事務執行が疎かになるのは明らかです。ここは、お互いに和解の話し合いを行い、譲るところは譲って努力してほしい。
このまま争いを続ければ、労使ともに市民からそっぽを向かれます。労組にとっても得策ではありません。世間では「損して得をとれ」という言葉があります。

サテライト設置を一時的に
妥協できませんか。

« 労組事務所明渡しで鎌倉市が負ける! | トップページ | 北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)が、ついに法的行動に出た! »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

再度申し上げます。

横浜地裁の「和解案」を受け入れる必要はありません。

この点だけは松尾鎌倉市長を支持します。

鎌倉市職員労働組合は四の五の言わずに、市役所近辺に自費で事務所を設ければ良いのです。

今日から鎌倉市議会2月定例会一般質問では組合関連でまた新しい事実が出てきますよ。

なぜ、いつまでも既得権益死守の鎌倉市職員労働組合を擁護する必要があるのでしょうか?

怒れ怒れ怒れ鎌倉市民!!

(再掲)神奈川県労働委員会(公益委員会)情報公開資料等 

http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20160129KOUEKI.pdf

神奈川県労働委員会(公益委員会)職員組合申出書及び鎌倉市意見書

http://fujikama.coolblog.jp/2015/SEP/20160205KMKR.pdf

上記の中の「実効確保の措置勧告申立書」に労組は10名の弁護士を付けています。

そんなに金銭的に余裕があるのならば他市職員組合のように自費で市役所近辺に事務所を設ければ良いのです。

なぜ市役所内にサテライトが必要なのでしょうか、組合のわがままです。

さらに、公益委員会資料には鎌倉市意見書内容が検討されていないみたいです。

勧告書も要望書も事務処理が不公正、不透明です。

横浜地裁も神奈川県労働委員会は組合側に有利な審議をしているといえます。


【拡散希望】2016/2/10 長嶋鎌倉市議会議員一般質問(労働組合の法令無視を問い質す)

マスコミが報じない鎌倉市労働組合の実態が公の場で明らかに!!

(約16分弱)→https://youtu.be/cU_4bNMS9vI

(お詫び)音声と映像がシンクロしていません。


【拡散希望】2016/2/10松尾市長提出の鎌倉市議会諮問第2号 行政財産の使用する権利に関する処分についての異議申立てについて

本会議での裁決ではどうなるのでしょうか?

労働組合の既得権益確保に加担する必要はないはずです。。


平成28年鎌倉市議会2月定例会議案集(その3)

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/soumu/documents/h28-02tereikaigi3.pdf

2016/2/13 神奈川県労働委員会は鎌倉市職員労働組合の上部団体に乗っ取らてています。

裁判官は勧告書及び要望書に言及した結果の横浜地裁決定書です。

松尾鎌倉市長は早く本訴に持ち込むべきです。

神奈川県労働委員会勧告書には鎌倉市意見書を考慮した形跡がない!!

鎌倉市職員労働組合は10人弁護士を付ける余裕があるのならば、自費で市役所近辺に事務所を設ければ問題は解決します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/63879548

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉市と労組は、労組事務所問題で和解に努力してほしい。:

« 労組事務所明渡しで鎌倉市が負ける! | トップページ | 北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)が、ついに法的行動に出た! »

無料ブログはココログ