« 葉山町民は、町議主導の細川町議リコール運動に乗るな! | トップページ | 細川町議を除名できない葉山町議会に期待することなど出来るか »

2月議会最終日「北鎌トンネル開削工事差止め陳情」を審議

2016年3月17日2月議会最終日に陳情第40号「北鎌倉隧道開削工事予算を検証し差止めを求める陳情」

が、建設常任委員会において審議されました。

16031802

各委員の意見は、審議して調査する必要があると言う委員は、岡田・松中・赤松委員でしたが、議決不要

が、中村聡一郎・大石・池田委員でした。賛否同数により、小野田委員長の採決により議決不要となった。

本陳情は、本会議の議案にはならなくなり、採決されずに葬り去られました。



住民監査請求「北鎌倉隧道の開削工事予算に関する住民監査請求」の11ページ7行目「買収費や地代の

費用については、寄付など無償による供与の可能性もあり、今後どれぐらいの費用が必要か決められな

い」と書かれており、陳情者が、円覚寺派総務本所・武久庶務部長に面談したところ、開削工事に伴う

土地の寄付や無償などと言う話は、市から聞いていないと言うことが判明した。

委員会の質疑の中で、道路課から地権者との具体的な取り決め文書があるとの発言はありません。

市は、北鎌トンネルの隣接地権者と土地の買収や借地について口頭で協力を得ると言えども、予算計上を

せずに議案提出をしていることになります。工事費がいくらになるかを確認せずに工事を着工しようとして

いる工事費が足りなくなれば、追加工事費として補正予算を組めばよいと考えているとしか思えません。

道路課は、工事着工を3月下旬と言っていますが、このようなことで着工してもよいのでしょうか。

中村聡一郎・大石・池田各委員と小野田委員長の議決不要との判断は、市民として

理解できません。

 

特に、委員長である小野田市議の判断は、陳情や住民監査請求が複数出ていること

から慎重な判断があってしかるべきであるにもかかわらず、議決不要としたその責任

は重い。

 

小野田市議は、子どもの頃から鎌倉市台の在住の鎌学出身者であり、鎌学通学の

ために北鎌トンネルを利用していたと発言していたのに...。

松尾市長は、北鎌駅の横にある洞門山を事業者が開発するのを止めたが、今度は

らトンネルを壊そうとしている。

残念ながら小野田市議や松尾市長の考えについていけない。

建設常任委員会は、厄介なことに関わりたくないと言う判断をしたと考えます。

« 葉山町民は、町議主導の細川町議リコール運動に乗るな! | トップページ | 細川町議を除名できない葉山町議会に期待することなど出来るか »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2016/3/18 12:20 鎌倉市職員労働組合の不法占拠に抗議する人々

(約5分)→https://youtu.be/pcfZSEaMueE


【拡散希望】2016/3/19(岩田かおるのブログ)北鎌倉隧道工事着工目前に土地の無償供与問題が発覚!!

http://blog.k-iwata.main.jp/?day=20160319

2016年3月23日(水)10:40 横浜地裁第502号法廷 第1回口頭弁論

平成28年(行ウ)第2号北鎌倉隧道開削工事公金支出等差止請求事件


【拡散希望】2016/3/20(カナロコ)鎌倉市、保存コスト上乗せ「開削根拠崩れる」

http://www.kanaloco.jp/article/160524

陳情第40号北鎌倉隧道開削工事予算を検証し執行差し止めを求める陳情

2016/3/17 建設常任委員会 議決不要

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64519604

この記事へのトラックバック一覧です: 2月議会最終日「北鎌トンネル開削工事差止め陳情」を審議:

« 葉山町民は、町議主導の細川町議リコール運動に乗るな! | トップページ | 細川町議を除名できない葉山町議会に期待することなど出来るか »

無料ブログはココログ