« 議会基本条例で制定された質問書の制限について | トップページ | 予算委員会トピックス  監査のやり方(三宅委員) »

予算委員会トピックス  予算編成の考え方(山田委員)

2016年3月3日予算委員会において総務部債権管理課の質疑がありました。

債権管理課が、平成27年度は、市税と保育費の回収を担当している。平成28年度は、更に健康福祉部の

国保及び介護保険回収などを追加する予定で考えていると発言。


鎌倉市の予算は、平成26年度から「包括予算制度」により予算編成が行われています。


  質疑

1.各セクションは、予算編成に苦労していることから、業務移管があれば、人・モノ・金が移管されるべき

  で、予算も移管されているのかとの質問に対して、財政課はその点ついて考慮していないことが判明。

  今後は検討するとの回答。

2.28年度予算編成に当たり、事務執行の改善などを組み込んだ予算になっているのか。例えば、業務の

  システム化等を行って、当初は経費が掛かってもやるべきではないか。

  行政から具体的な計画は説明されなかった。



山田委員の指摘は、グッドアイデアです。

白紙請求書から考えると、市民健康課の仕事の大部分を占める医師会への委託事業において、医師会の

請求書づくりからチェックまでやっていたが、これからは、チェックだけになります。当然ながら、事務作業が

少なくなりますが、予算での人・物・金が少なくなるのでしょうね。

債権管理課は、市の収入を増やすための大切なセクションです。ふるさと寄附金についても、市の収入を

増やすセクションです。ふるさと寄附金推進担当も、平成28年度から新たな課になります。議員の人たちの

ほとんどは、歳入より歳出に目が向きますが、財政難の中でいかに収入を増やすかが課題です。

成27年1月末ふるさと寄付金収入は、1.2億円です。平成28年度予算は、目標2億円とのことですが、

もっと大きな目標を掲げてチャレンジしてほしいなと思っています。

岡田市議もふるさと寄附金について「岡田リポート」の『来年度「ふるさと寄附金推進事業」について(予算

事項
明細書の内容説明から)』において「寄付金のうち、使途指定のない寄付金は、現状では一般会計

に入金
されて、どこに使われるか不明です。使途指定が無い寄附金は、ふるさと寄付金事業会計に入れる

べきでは
ないか」と提言している。事業損益が明確になり、職員の「やる気」に繋がる良い提案です。



山田市議の「予算計上の考え方」や「事業効率化の考え」は、素晴らしい。



岡田市議のふるさと寄附金への提案は、歳入を増やすためにも有効だと考えます。



市の幹部は、仕事のやり方を指摘される前にやる職員が増えるように職員の育成に



努力してほしい。

« 議会基本条例で制定された質問書の制限について | トップページ | 予算委員会トピックス  監査のやり方(三宅委員) »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2016/2/26 鎌倉市議会総務常任委員会 上畠議員番外質問(消防車横流し)

日程第22 陳情第34号市有財産横流しの疑惑について市議会に調査を依頼する陳情

(約5分)→https://youtu.be/Kenmz5eE1RE


--------------------------------
上畠 寛弘 (うえはた のりひろ)
このページに「いいね!」する · 2月26日 · 編集済み ·

【鎌倉市消防車が横流し!?自称 国際貢献に疑義!あまりに酷い自称 市長与党代表の行動!】

2月定例会 総務常任委員会に付託された陳情により、鎌倉市の消防車がインドネシア共和国カランガッサム県に寄贈された件で不透明な事実が発覚しました。

本来、日本で消防車が老朽した場合は、日本消防協会を介して支援国に届けられます。しかしながら、鎌倉市はカランガッサム県から依頼あり、なぜか市内のNPOを通じて、消防車をくれという旨が手紙書かれていたとのこと。

そこで私は総務常任委員会委員ではございませんが、番外質疑で次質問をいたしました。

上畠:カランガッサム県から手紙を来たというけれども、それ本当にカランガッサム県から来た手紙ですか?確認したのか?

文化人権推進課長:県知事のサインもあったので間違いないかと思います。そこで日本バリ協会を窓口にしてくれと書かれていた。

上畠:そんなのサインなんていくらでも偽造できるでしょう。知事の名前だって、県章だって簡単につくれますよ。自作自演とか誰か仕掛け人がいる可能性もある。カランガッサム県に電話しましたか?実際、県とはやり取りしたか?

文化人権推進課長:していません。

上畠:なぜ、確認しないのか!(わけのわからないNPOをなぜ信用するのか)ではインドネシア大使館への確認くらいしましたか?駐日大使館に。

文化人権推進課長:していません。

やりとりは以上ですが、出所もわからない手紙だけでなぜ市はそれで了として、大使館にも県にも確認せず、正規のルートを通じず、どこの団体かもわからないNPOを通じて、消防車を送るのか。

なぜこのNPOを信用してしまう!?

そして控室に帰ってきたらびっくりの事実を聞きました。

なんと、このNPOの会長は市長の後援会長を務めているとのこと。

更には配布資料によると、先日、無所属議員の質問を遮り、最低な言論弾圧をした高橋浩司議員が顧問をしているNPO。高橋議員は自称松尾市長与党です。

高橋議員はモンゴルに続き、ここでも絡んでいたか。議会運営委員会でこの陳情を議場配布で取り扱う必要はない旨発言していましたが、高橋議員自らが顧問をしているならば、利害関係もあり、発言する資格はありません。

総務常任委員会で出た話では、バリに行った際には職員も同行させ、接待も受けた話も委員会で出ておりましたが、もう唖然としました。

更には総務常任委員会で取り扱われた写真を見るとなぜか、「鎌倉市消防」という文字は消されて日本バリ協会と書かれていて、ほかにも民間人や民間会社の名前が記されています。

鎌倉市が寄贈したはずなのに!な・ぜ・か!寄贈 日本バリ協会と書かれています。

消防車を贈ったのは日本バリ協会ではなく、鎌倉市でありひいては私達鎌倉市民のはずです。

国際貢献の趣旨が結局自らの名誉顕示欲のため、鎌倉市ではなく、NPOがもてはやされていたとすれば、血税を支払った鎌倉市民からすればたまったもんじゃありません。

消防車は鎌倉市の財産です。

寄贈 日本バリ協会と記されていることから、財産の処分について正規ルートを通さず、所有権を恣意的に日本バリ協会に移転したということ?贈与したならば車輌取得税は?NPO法人ですから財産目録には記載されたのか?県への収支報告は?運輸局への届け出は?そもそも財産処分について何を根拠として対応をしたのか?等々疑問がいっぱいです。

調査に時間を要するため、委員長代理の保坂令子副委員長の仕切りにより総務常任委員会は来週月曜日に延期されました。

委員会では中沢議員と吉岡副議長が追及されました。前川議長も頑張って下さい!

鎌倉市の闇は深い。そして、与党会派代表が突然に言論弾圧したことは決して忘れません。
100条委員会を設置しましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64276339

この記事へのトラックバック一覧です: 予算委員会トピックス  予算編成の考え方(山田委員):

« 議会基本条例で制定された質問書の制限について | トップページ | 予算委員会トピックス  監査のやり方(三宅委員) »

無料ブログはココログ