« 法律について | トップページ | 元鎌倉市職員労働組合委員長の退職金返還命令はできるか? »

鎌倉の森「台峯」 写真家・関戸勇氏

R0020692

この写真集は、「台峯」の四季を撮ったもので、中に入ると谷戸や池があり、獣道しかありません。

「台峯」は、大船駅から横須賀線で行くと小袋谷の踏切を超えたあたりから左右に山と緑が見え始め、

右手に見える山々です。「台峯」は「広町」「常盤山」と並び、鎌倉三大緑地の一つです。

北鎌倉駅から梶原に抜ける道があり、途中には、田んぼがあります。この道を上がったところに山ノ内

配水池があり、梶原の住宅地に入ります。この道の右側側一帯が「台峯」です。「台峯」の南側には、「鎌倉

中央公園があり、「台峯」の西の端に「山崎小学校」がある。



関戸 勇氏は、北鎌在住の写真家です。学生時代から写真を撮りに鎌倉へ来ていたが、北鎌が気に入り、

住み始めたそうです。そこで「台峯」と出会い、この写真集が生まれました。



北鎌倉の周辺は、昔の鎌倉が一番残っているエリアです。

北鎌倉駅周辺は、円覚寺、建長寺があり、アジサイ寺で有名な明月院、東慶寺、浄智寺など鎌倉らしい

お寺が、集中しています。円覚寺・建長寺の裏には、六国見山があり、この山は、逗子や金沢八景にも繋

がっている。



関戸氏は、北鎌を愛し、北鎌倉緑の洞門を守る会で北鎌トンネル開削反対運動をやられています。

今日の彼のFACEBOOKにも書かれていますが、前円覚寺管長・足立大進老師が、松尾市長に面会し、

開削延期を求めたとのことです。

北鎌トンネル問題は、住民から危険だからと持ち上がったのではない。ある日突然、市が言いだした。

日本トンネル技術協会は、崩落すると言う危険性はなく、一方的に開削するべきとは言及していない。



鎌倉市が、開削工事を4月4日から始めるそうですが、諦めることはない!

 



洞門を守る会の皆様は、北鎌が好きで移り住んだ人々が多く、運動を行っておられます。

 



松尾市長は、前回市長選時の会報で、北鎌駅の大船側にある「洞門山開発」を行う



事業者に中止させたといい、
北鎌の緑と景観を守ったと書いています。



松尾市長は、住民に説明できるのか!?

« 法律について | トップページ | 元鎌倉市職員労働組合委員長の退職金返還命令はできるか? »

かまくら観光」カテゴリの記事

コメント

鎌倉市は円覚寺は開削に賛成していると言っていますが、そうでもなさそうですね。円覚寺は塔頭の連合体みたいなものですから、塔頭内でも開削推進派と慎重派がいるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64709503

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の森「台峯」 写真家・関戸勇氏:

« 法律について | トップページ | 元鎌倉市職員労働組合委員長の退職金返還命令はできるか? »

無料ブログはココログ