« 民主神奈川県連   衆院4区   早稲田県議擁立へ | トップページ | 鎌倉市議会が、議員の文書質問を公開しました »

横浜西区傾きマンション  次々施工ミス発覚  全棟建替へ

2016年3月5日日刊スポーツ「熊谷組社長が施工不良マンション問題で住民に謝罪」が報じられた。

西区傾きマンションは、2003年完成している。都筑区の基礎杭不良マンションは、2006年完成。耐震

偽装
事件は、2005年でした。次々とマンション建設の不正が発覚しているが、国交省は、今回の件では、

何も発言
していないようです。一体いつまで建設不正は続くのでしょうか。まったく国交省は、ふざけた役所

である。



西区マンションは、5棟あり、1棟は杭工事不良のため傾き、鉄筋切断と補強鉄筋欠落の疑いも計46か所

発覚。住友不動産は、鉄筋切断をしたことを確認したと住民に報告したとのこと。開いた口が塞がらない事

態です。このマンションは、住友不動産→熊谷組(設計・施工)。どちらも住友グループです。

都筑区マンションは、三井不動産レジデンシャル→三井住友建設→日立ハイテクノロジー→旭化成建材。

こち
らは、三井グループと言えます。



耐震偽装事件は、一人の設計士が、行った不正でしたが、大騒ぎとなりました。しかし、

不正マンション建設・販売問題は、多くの建物建設や販売に係わる事業者の問題で

あり、
建設業界全体の大問題です。

三井・住友両グループは、マンション事業を単なる金融事業と考えているのではないか。

そこには、マンションを販売する責任や、施工する責任を持っているのか疑問です。

単に、利益が出ればよいと考えていないか。

« 民主神奈川県連   衆院4区   早稲田県議擁立へ | トップページ | 鎌倉市議会が、議員の文書質問を公開しました »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント


【拡散希望】2016/3/7(葉山インサイダー)ジェネリックは何故 一次救急で使用しないのか? 

中国製だから・・ 逗子市議会議員の加藤氏が背後を説明

http://blog.goo.ne.jp/hayama_001/e/eb5680ecb4667e04eef72b89ee7cb1a5



【拡散希望】2016/3/7(岩田かおるのブログ)どうする?鎌倉 2016.3.6市民集会の報告

http://blog.k-iwata.main.jp/?eid=64

【見学】どうする?鎌倉『市政再生の道を考える市民大集会』。【つのだあきお】

http://tsunoda-akio.jugem.jp/?cid=9


【拡散希望】次回 2016/5/11(水)10:30 横浜地裁 第502号法廷

差し戻し裁判(鎌倉山開発問題)第2回口頭弁論

平成28年(行)第1号 開発許可処分取消請求事件

原告:鎌倉市民 被告:鎌倉市

【拡散希望】2016/3/4(鎌倉市議会)文書質問及び答弁書

鎌倉市議会基本条例に基づき、市長等に対し文書質問が行われました。

議員からの質問書と市長からの答弁書は以下のとおりです。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/gikai/bunsho_shitsumon_1.html



【拡散希望】2016/3/9(鎌倉市職員労働組合HP)2月県労働委員会での意見陳述

http://www.kamakumi.com/archives/692

コメント:旧901会議室籠城問題と他の問題は切り離すべき!!

既得権益死守の職労の勝手な言い分。。。

いつまで籠城するのでしょうか?


【再拡散希望】次回、横浜地裁 第502号法廷 2016年5月16日(月曜日)13時30分

平成27年(行ウ)第25号 神奈川県議会議員政務活動費不正受給確認請求事件(中村省司県議)

コメント:神奈川県代理人、神奈川県支給政務活動費より収支報告書合計金額が多いことについて、お金には色が付いていないと答弁、裁判長に次回までに合理的理由を準備書面で提出するように!!

いわゆる大手建設業の不正事件、安心、信頼はどこ行った! 甘利辞任後全くあっせん利得罪の追求などかき消しちゃった安倍ちゃん、ぞろぞろと発覚する地方議員の無駄遣い、トップに立つ者が甘いと社会の隅々にいい加減さは充満する。そんな中、大津地裁の原発差し止めは勇気のある正しい判決だ。地裁の判決に勇気?とはおかしいが、
福井地裁の裁判官は差し止めたとたんに吹っ飛ばされた、今や地裁、いや司法も安倍ちゃんの言いなり。だから
今回の勇気は大きい。こうした裁判官を支持してゆくのは我々国民なんじゃないかな。


NHK,新聞記事だけでは無く、あちらこちらの情報を集めて事実はなにかを判断したいものです。

大津地裁判決は大衆迎合のルール(法律)無視の裁判官によるものではありませんか?

判決は冷徹に判断されるべきで、勇気は不要です、韓国司法と同じであると思わない人がいるとは。。。


横浜地裁仮処分決定も裁判官は鎌倉市職員組合の言いなりですね。

神奈川県労働組合の勧告書も要望書も鎌倉市職員組合の上部団体の使用者委員の勝手な言い分のみですよ。

とちらも鎌倉市の言い分が無視されているみたいです。

鎌倉市の顧問弁護士の力量不足かも、何せ鎌倉市職員組合は左翼弁護士10人もつけているのですから。。。。

そんなに鎌倉市職員組合に余裕があるのならば、市役所近辺に自費で事務所を設ければ解決することです。


鎌倉市職員組合の既得権益死守のための闘争です。

鎌倉市役所の不祥事は職員組合の闘争手段かもしれませんね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64305417

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜西区傾きマンション  次々施工ミス発覚  全棟建替へ:

« 民主神奈川県連   衆院4区   早稲田県議擁立へ | トップページ | 鎌倉市議会が、議員の文書質問を公開しました »

無料ブログはココログ