« 緑の洞門開削工事を止め、話し合いを求める市民集会 | トップページ | 浅尾慶一郎議員「葉山陽春の集い」から »

読売巨人軍の野球賭博

3月15日付新聞報道によれば、巨人のチーム内においてチームの勝ち負けやエラーなどで日常的にお金

のやり取りが頻繁に行われていたという。昨年、巨人3人の投手が野球賭博に係わっていたことで、永久

追放された。今年に入って高木投手が、野球賭博をしていたことが、判明している。また、清原選手が、

巨人時代から薬物を使用していたなど、巨人にまつわる不祥事が、多発しています。



読売新聞は、最初のプロ野球球団設立者であり、読売新聞渡邊主筆は、巨人は、プロ野球の盟主と公言

ているが彼の発言がどこにも報じられていません。今回の不祥事で巨人に関する職務を辞任したとだけ

報じています。

渡邊主筆は、堂々と公開の場において巨人軍のことを発言してほしい。

それがプロ野球の盟主たる仕事ではないか。

読売新聞は、販売部数から新聞社のトップであり、マスコミの責任者としても!

« 緑の洞門開削工事を止め、話し合いを求める市民集会 | トップページ | 浅尾慶一郎議員「葉山陽春の集い」から »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64458700

この記事へのトラックバック一覧です: 読売巨人軍の野球賭博:

« 緑の洞門開削工事を止め、話し合いを求める市民集会 | トップページ | 浅尾慶一郎議員「葉山陽春の集い」から »

無料ブログはココログ