« 読売巨人軍の野球賭博 | トップページ | 子どもたちへの教育が、警察のような規制になっていないか »

浅尾慶一郎議員「葉山陽春の集い」から

葉山インサイダー「浅尾慶一郎 自分は”親米・保守”ぶれない。 自民入り 答えず」によれば、3月13日

葉山陽春の集いにおいて

「自分のスタンスは「親米・保守です。議員になってから一貫して変わっていません。

議員の中には“反米・保守”もいますが、自分は前からぶれていません」

「安保法制について、賛成しています」 

憲法改正についても そうすべきだとおもっています」

 

会話の中に「民主党が早稲田 擁立」路線を明確化したために、民主の政策批判の言葉が出てきて

本人の中にはもう”民主との決別”がされ、吹っ切れているようだ。

浅尾議員は、細川葉山町議のリコールをやるなら、全力で応援すると明言したとのこと。

葉山議会解散請求なら話は別か?

鎌倉選出・中村省司県議リコールの場合は、どうなのか?

聞いてみたいものです。

« 読売巨人軍の野球賭博 | トップページ | 子どもたちへの教育が、警察のような規制になっていないか »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64462015

この記事へのトラックバック一覧です: 浅尾慶一郎議員「葉山陽春の集い」から:

« 読売巨人軍の野球賭博 | トップページ | 子どもたちへの教育が、警察のような規制になっていないか »

無料ブログはココログ