« 平成28年熊本地震 | トップページ | 4月18日「残したい北鎌倉の景観」展実行委員会と市との協議 »

生活保護費事件 他の「ブログ」の反応  事件詳細

鎌倉市生活保護費盗難事件について二つのブログを紹介します。鎌倉おやじよりも過激です。

ブログ「葉山インサイダー」では、「鎌倉市役所の底なし沼 生活保護費の横領 」とタイトルから過激です

が、記事に単純な事件が3年間も発覚しなかったのは、鎌倉市役所という職場の綱紀が緩みぱなっし

状態だから。管理者が仕事をしていないから。抜き取った職員も泥棒なら、管理すべき管理者は給与泥棒。

現金を金庫に入れず、キャビネットにいれるなど、盗ってくれ と言わんばかりだ。」と書いてます。



ブログ「坊ちゃん葉山」の記事「
末期自治体の鎌倉市 今度は公金市役所内で消えるでは、もう何も

言うことはない。 市長も副市長も退職金全額市へ返還して即辞職あるのみ。 合わせてこんな 行政を

許してきた議会も即解散だ。」と書いてます。



これらからすると、二人の副市長は、退職金を全額市へ返納し、市長を始めとする理事者は、ボーナス

の支払いストップ。市の管理職もボーナス支払いストップぐらいしたらどうか。



盗難金額の詳細
 

1.2010年7月~2015年3月までの5世帯分43か月分:2,652,397円

2.盗難金額のほとんどは、受給資格を失った分 

3.被害多発は、2013年度~2014年度に 

4.キャビネットに2008年度の封筒が残っていた。 

5.2015年9月、帳簿上生活保護費残:約513万円



生活保護費事件時系列

1.2015年8月20日   厚労省監査のための福祉総務課事前調査により発覚。

2.2015年9月1日    厚労省監査

3.2015年9月16日   鎌倉警察へ被害届:1,882,649円

4.2015年12月25日  警察調査により発覚した被害金:193,478円を被害届する。

5.2016年4月15日    未届被害金:576,270円

                ①2010年分と2012年分の2名分被害金:200,000円

                ②2012年10月~2014年3月の1名分被害金:376,270円

                被害金額総計:2,652,397円



※ 盗難発覚後も市は、被害額すらわからない。





問題点
 

1,2010年度から2014年度の5ヶ年に亘り公金が無くなっています。なぜ、わからなかったのか。 

2.決算処理で、この公金はどのように処理されたのか。 

3.福祉総務課は健康福祉部の公金をどのように管理していたか。 

4.監査委員は、5ヶ年間健康福祉部の監査は行っていないのか。



※ 鎌倉市事務執行体制はこわれている。

    職員の「裏金作り」になっていないことを祈る。

« 平成28年熊本地震 | トップページ | 4月18日「残したい北鎌倉の景観」展実行委員会と市との協議 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

鎌倉市民からのお知らせです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朝日新聞社(鎌倉通信員)の記者が、この場に及んで
「生活保護費」管理、「領収書偽造」等のスクープ。
16日(土)にはNHK‐TV(1都6県)ニュースにも........。
▼つい最近では、ワクチン問題でも医師からの請求書以外に
白紙の請求書を出させております。
数年前には、庁内で「通帳盗難事件」があり大騒ぎし、新聞沙汰になり、
2~3日後には平塚で引き出される。(内部職員の隠し金)
▼世界遺産問題では「印鑑偽造」、他には古都保存法「違反」、
大船ン観音前・岡本マンション建設問題でも県開発審査会から、2回「違法採決」等
があった。議会では26年振りの「百条委員会」が開かれる。
市民が告知しなければ、行政職員は隠蔽して、迷宮いりにしてしまう。
これまで迷宮入りしている事が沢山あると思う。
▼鎌倉市一般廃棄物処理場・関谷6号地問題も、4・5号地に要した「使用期間・
補償金」の3倍。 23年間の営農損失補償総額は6憶112万円。
行政は平成12年以降は「口頭契約」と言っているが、行政書士はこれでは「契約書」に
値しないと言っている。
▼平成22~平成26年の契約書を交わした「写し」は入手しているが、
今回のように「領収書偽造」問題があるとすれば、農地地権者と直接会って確認する
必要がある。水面下で探っている。
▼ある筋からの情報では、松尾市長は3期もやりたがっており、この度小林副市長
の後釜に、市民に知名度がある人間を持って来ようとする動きがある。
▼松尾市長は市職員等からも甘く見られており、彼は職員をマネジメント出来ない
イメージ優先タイプの市長であろう。

市長が統治能力に欠けているのかどうかはよくわからんが、市の職員が当初から松尾市長を甘く見ていたのは確か
だと思う。話は立て板に水だが、内容に乏しいとか、ペラペラと薄っぺらいしゃべり方だとか、頭あんまり良くない
とか、聞く噂だ。社員が社長をけなす類いなんだろうとおもってたが、半分当たりか?しかし泥棒職員だとか、不祥事続出の職員だって目くそ鼻くそ。3期やりたいだろうなあ、おいしいとこだもんなあ、鎌倉市役所って。職員、市長共に。内部から立候補して当選した長崎の例もある、市民もしっかりせなあかんぜ、こりゃ。

【拡散希望】2016/4/18(湘南経済新聞)かつて松竹撮影所があった大船で映画仮装パレード  鎌倉市長も仮装

http://shonan.keizai.biz/headline/2292/

チャラチャラした顔見世興行的行動はうんざりだ(by Matunaka)

→https://www.facebook.com/kenji.matsunaka/posts/788195784647394

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/65028712

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護費事件 他の「ブログ」の反応  事件詳細:

« 平成28年熊本地震 | トップページ | 4月18日「残したい北鎌倉の景観」展実行委員会と市との協議 »

無料ブログはココログ