« 北鎌倉「緑の洞門」の諸問題 | トップページ | 三菱自動車の三度の不正と鎌倉市 »

地震の予知

湘南一人オンブズマンさんが、当ブログ「熊本地震に対する鎌倉市議の反応」にコメントしてくれました。


【拡散希望】必読!!「地震」に関してマスコミが伝えない情報  

(寄稿8)間違った学説に頼るな ロバート・ゲラー博士

リアリティチェックよれば、「毎年日本政府は、確率論的地震動予測地図を出している。しかしながら、19

79年以降、10人以上死者をもたらした地震は、リスクが低いとされた地域に起きている。」


東日本大震災や熊本地震はまさにその通りです。



ロバート・ゲラー東京大学大学院理学系研究科教授は、「現時点では、地震を予知する科学的方法は存

ないのである。そして、日本は地震大国であり、地震はいつでもどこでも起こりうる。この現実を直視

し、客観的な事実に基づいて防災計画を立て直すべきである。「南海・東南海・東海」は特に危ないと

いっ
科学的根拠のない煽りは、即刻中止すべきである。他の地域も危ないことは変わりがないのだか

ら。」と言っています。

科学的には解明できないとなれば、過去の歴史に頼るしかない。



TBS NEWS「400年前の地震と類似?古文書に予測の手がかりは 」によれば、「熊本で地震が起きた

8年前、1611年には、東北地方で大きな地震が起き、津波に襲われていました。熊本の地震の後、16

33年には、現在の神奈川県、小田原地方で地震が起きています。」とあります。



神奈川県の皆様、歴史的に見れば、熊本の次は、神奈川県になる!


地震はどこで起きるかわからない。神奈川県民として防災に心したい。

 

« 北鎌倉「緑の洞門」の諸問題 | トップページ | 三菱自動車の三度の不正と鎌倉市 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/65078829

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の予知:

« 北鎌倉「緑の洞門」の諸問題 | トップページ | 三菱自動車の三度の不正と鎌倉市 »

無料ブログはココログ