« 北鎌倉「緑の洞門」開削工事  4月11日工事現場報告 | トップページ | 今日の「折々の言葉」(朝日新聞1面) »

北鎌倉「緑の洞門」開削  山ノ内瓜ヶ谷町内会工事説明会

4月11日午後6時から山ノ内公会堂にて北鎌倉隧道安全対策工事の説明会が、約30名弱の出席者で

行われました。斎藤建設担当者と鎌倉市都市整備部次長と道路課長以下3名の職員が出席した。工事

内容は、斎藤建設担当者が鎌倉市が作成した資料により説明しました。

説明会は、8時半過ぎまでかかり、住民側から工事の許可が全て整ってから改めて説明会を要求して

終了しました。



  工事施行順序
 

①トンネル内にコンクリートを充填する ②工事範囲の樹木伐採 ③掘削及び残土排出 ④擁壁及び舗装 



  説明会の質疑
 

1.工事の施行日 

  工事期間中の日曜日は、工事をやらない。土曜日は、いまのところ施行予定。
 

2.安全のために行う工事をなぜ、北鎌倉で一番観光客が多い「紫陽花」時期にやるのか。 

  安全のための工事が安全ではないのでは? 8月以降に工事を延期できないか。

 

3.工事説明会の前になぜ、工事を開始したか。 

  準備工事であり、工事ではない。

 ※ 工事許可が出ていないのに!! 



4.
工事のための許可未取得
 

 ①風致地区工事許可(鎌倉市都市調整部) ②急傾斜地崩壊危険地区の許可(県土木事務所) 

  住民から②を指摘され、未許可を認めた。許可未取得のまま工事を進めないと約束した。

 

5.工事予定表看板設置

  看板を設置し、事前に工事予定を知らせる。



6.
土砂排出量

  土砂500立方㍍。ダンプ450台。ダンプ15台/日(30往復)



7.安全のため地権者の了解をもらい工事を。地権者から仮処分申請が出ている。

  司法の判断が出るまで待てないか。

  仮処分の内容を把握していない。検討する。


  北鎌倉「緑の洞門」鎌倉側の私有地地権者との協議が整わないまま、了解を得ず

  に安全に工事が出来るとは思えません。

  まず、市の責務は、隣接地権者の了解を取ることです。

  事前に工事許可を得ずに工事着工するなどの行動を見ていると、真摯に地権者

  と話し合いしたのかの疑問を持たざるを得ない。

  地権者との協議が不足から、地権者が、仮処分申請をしたとしか考えられない!

  

  市は、再度地権者と話し合うべきです!  



  多くの歴史学者が残してほしい。残すべきだと言っている。トンネル工学の大学教授が景観に

  配慮し、
トンネルを保存できると言っている。


 トンネル保存策も一つの解決策ではないのか。

 

 

 

 

« 北鎌倉「緑の洞門」開削工事  4月11日工事現場報告 | トップページ | 今日の「折々の言葉」(朝日新聞1面) »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

本日かねてより私が指摘した横須賀線遅延に伴い踏切閉鎖による、我々が住む円覚寺側トンネルより鎌倉側の住民が大船方面に移動できない事態が
発生しました。それにより県道大渋滞です。
トンネルが通れれば大船には行けるのに。
ホント、住民の気持ちも汲んで欲しいです

ちなみに横須賀線は停止位置より若干大船側で停止したようですが浄智寺に近い踏切は遮断機が下りておりました。
過去指摘したんですよ、私は

山ノ内自転車ユーザーさんへ

トンネルを壊すことに賛否両論があるからこそ、市が、地権者などと協議すべきであると考えている。トンネル保存を唱えている人たちは、通行禁止をしろとは言っていません。一時的に通行する方法があります。山ノ内自転車ユーザーさんは、私にではなく、市に対して苦情を申し入れてください。市はトンネル開削しか眼中になく、強行しようとしています。協議が整わないのに工事を強行すれば、安全に施行できるとは思えません。だって、トンネルの入り口が私有地ですから!

私がトンネル開削反対で座り込みに賛同されている記事を書いている人たちやそういう様なコメントを目にする時に思うのは、我々の様な住民もいるのにそういう事実にはスポットライトを当ててくれないんだな、賛成っていうと危険と洗脳されてるとかレッテルを貼られることに前から憤りを感じているんです。住んでもないのに偏った記事書くなよと。住んでないからこそせめて中立な記事にして下さいよって思っているんです。
影響力のあるおやじさんだからこそ言ってるんです。
工事が施工されようとされまいと我々側は狭い県道を徒歩や自転車で回り道なんですよ。
苦情ととらえたならば訂正致しますが、あそこら辺の人達はそうなんだとか、誰も思ってくれないんですかね

山ノ内自転車ユーザー さんへ
過去記事で、市に対してJRホームを通行できるように書いています。例えば、幼稚園園児や小坂小学校生徒対策として考えるべきと。

山ノ内自転車ユーザーさんが言ってるように中立記事でお願いしたいです。
町内には賛成も反対もいます。
大きな地震が起きてもトンネルを補強すればが耐えられるような話をしてますが。もし事故が起きたときの賠償金は誰が払うんですか。
今度の熊本の地震は続けて大きな余震が起きてますが、安全などはないのでは?
鎌倉おやじさんの影響はおおきいです。

報道されている熊本の高速道路や橋が陥落した現場をみて怖くなりました。
人工物を作ったところばかりが崩れているのです。
熊本城も加藤清正が最初に作った部分は無事だったとか書いている人もいますし、
切り崩してコンクリートで固めても本当に安全か?疑問に思うようになりました。
今の鎌倉市全体が信用できないので、工事を進めようとしている職員も信用できない、
やりかた次第で安全にも危険にもなりそうな工事そのものが不安です。

賛否両論の「賛」の声が聞こえない。ぜひ取り上げていただきたい。

山ノ内住民さんが「切り崩してコンクリートで固めても本当に安全か?疑問に思うようになりました。」と書かれていますが、当初の案はそうだったけど、景観に配慮して切り崩したままにするとのこと。高さが6メートルくらい?あるでしょうか。大地震時に余計怖い気がします。安全対策工事なのに・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64934867

この記事へのトラックバック一覧です: 北鎌倉「緑の洞門」開削  山ノ内瓜ヶ谷町内会工事説明会:

« 北鎌倉「緑の洞門」開削工事  4月11日工事現場報告 | トップページ | 今日の「折々の言葉」(朝日新聞1面) »

無料ブログはココログ