« 似てるよな~ 三菱自動車と鎌倉市   | トップページ | 葉山町・横山・金崎町議の政治倫理条例違反について »

2016年5月・6月と二つの病院で分娩開始!

2016年5月に湘南鎌倉総合病院が、山崎に「湘南バースクリニック」をオープン。6月には、栄共済病院

が、産婦人科で分娩開始します。

  鎌倉既存分娩ベッド数

1.湘南鎌倉総合病院:20ベッド  2.ティアラ鎌倉:8ベッド  3.矢内原医院:12ベッド  合計40ベッド

  鎌倉新設分娩ベッド数

1.湘南バースクリニック:19ベッド  2.栄共済病院:16ベッド。  合計35ベッド増えます。



ティアラ鎌倉は、即時閉鎖すべきだ!!!



ティアラ鎌倉閉鎖理由

1.2014年度実績と補助金

  分娩数:219件 そのうち22名が市外在住者の出産であり、市民146名及び里帰り出産は、51名。

  合計197名。  市の補助金:91,703,882円

  ※市民一人当たり補助金は、50万円近くに上り、自費出産費は、50~60万円ですから異常な負担

    額です。

2.2015年度補助予算額:93,550,000円

  2015年度の決算が出ていませんから、詳細はわかりませんが、予測分娩数は、200件を下回る。

  予測補助金は、1億円を超えるでしょう。

3.2016年度補助予算額:93,246,000円

  2016年度分娩数が100件近くなると出産一人当たり補助金が100万円になる可能性がある。



鎌倉市医師会は、自らこの事業を止めない。その理由は、赤字が出れば、市が負担する契約だから。

決断するのは市の責務です。しかし、市が決断するかわからない。



鎌倉市議会が、ティアラ鎌倉を中止する決断をするしかないと考えます。

« 似てるよな~ 三菱自動車と鎌倉市   | トップページ | 葉山町・横山・金崎町議の政治倫理条例違反について »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/65165964

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年5月・6月と二つの病院で分娩開始!:

« 似てるよな~ 三菱自動車と鎌倉市   | トップページ | 葉山町・横山・金崎町議の政治倫理条例違反について »

無料ブログはココログ