« 北鎌倉「緑の洞門」工事差止め仮処分申請が出された! | トップページ | 4月8日金本阪神が首位!? »

松尾市長に告ぐ  洞門山は保全  緑の洞門は開削?

北鎌倉湧水ネットワークの「洞門山全面保全方針を守る会が全会一致で再確認:10・11 」記事によれば、

1期目の市長選(H21.10.25)時に松尾崇候補と渡辺光子候補と共に平成21年10月11日「北鎌倉・洞門

山を守る会」の会議に出席して両候補は、緑地・景観保全を約束している。

松尾市長の選挙公約は、「次世代につけを残さない」「1円たりとも無駄にしない政治」を掲げ当選した。

洞門山問題は、事業者が洞門山を宅地開発する計画でしたが、松尾候補が当選し、開発を止めている。




かたや、「緑の洞門」は、事業者ではなく市が自ら「緑の洞門」を危険だからと壊そうとしています。

「緑の洞門」と「洞門山」は、北鎌倉の横須賀線沿いにあり数百メートルしか離れていません。

トンネルの危険性についての日本トンネル技術協会調査では、保全と開削の両論を併記したもので

たが、保全案では、景観が保てないと開削を松尾市長が決めた。鎌倉市における世界遺産登録の

責任者である増渕文化財部長にいたっては、物の歴史的遺産が少ないから世界遺産が見送られた

にもかかわらず、円覚寺の結界である尾根(緑の洞門)が壊されているからと残す価値が無いと根拠が

ないのに抗弁している。

20人の考古学者が、「緑の洞門」は歴史遺産であるから、残してほしい。残すべきだと言っている。

トンネル工学の第一人者である早稲田大学小泉教授が、強度があるので保全できると発言している。

市民からトンネル保全策についての提案が数件出されていますが、市は無視している。



市長選で松尾市長と争った渡辺光子氏は、4月5日ご夫婦で「緑の洞門」前で座り込みに参加されていた。




トンネルを開削することが、松尾市長が掲げている選挙公約に合致しているのか。


「1円たりとも無駄にしない政治」か?


「次世代につけを残さない」か?


「世界遺産登録」のためになるか?


トンネル開削は、多くの民意に沿うことになるか?



松尾市長へ


貴方の政治は、改革を掲げ、市民のための政治ではないのか?

« 北鎌倉「緑の洞門」工事差止め仮処分申請が出された! | トップページ | 4月8日金本阪神が首位!? »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

私も直接行って聞いてきました。辻氏の意向がかなり強く働いているようです。
鎌倉側の私有地のK氏が特定車両以外通行禁止としたらどうするんでしょうね。
市のやり方はあまりに無法です。
今も鎌倉市職員は私有地を通れず端っこの人1人通れる狭いところを通ってます。
まともに工事ができないので、とりあえず穴をコンクリで埋めてしまってから、上からごっそり削るやり方にするようです。

松尾市長リコールを出したほうが手っ取り早いかもと、行ったら、それも考えているとおっしゃってました。

松尾市長には皆が中止しろと言っているのに、ごり押ししようとしています。

ゴミ戸別収集有料化、
市庁舎内学童施設予定地の労組との紛糾
そして洞門問題です。

ちなみに市は赤門の裏手をすでに買い取っており、今後公園にするらしいです。

渡辺光子さんが市長になっていたら、歴史にIFはないけど、
次期はまともな市長誕生することを強く望みます。

なるべく自然のままにして、私的にはむしろ横須賀線が21号とすれ違うところ(右へ行くと小坂小、左へ行くと踏切)の手前道が途中で途切れてトンネル括って迂回するので、線路沿いにまっすぐ道があるといいなぁとは思います、今回はトンネルのすぐ前が私有地なのに、あまりにも市のやり方が強引です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/64884296

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾市長に告ぐ  洞門山は保全  緑の洞門は開削?:

« 北鎌倉「緑の洞門」工事差止め仮処分申請が出された! | トップページ | 4月8日金本阪神が首位!? »

無料ブログはココログ