« 北鎌倉「緑の洞門」の考察 | トップページ | 5月30日議会全員協議会開催   不祥事などの報告 »

細川葉山元町議の有罪確定から見えてくるもの

神奈川新聞「覚せい剤使用の葉山町議に有罪判決」と有罪確定を報じています。

「坊ちゃん葉山」には「細川元町議 懲役1年6ヶ月・執行猶予   3年の有罪判決

確定」と書かれており、有罪判決確定により、事件がすべて片付いたわけでは

ない! と言及している。



細川元町議は、保釈中の住所が葉山町内でなかったことを理由に葉山町議会が

決めた失職について、それを不服として県へ審査を申し出ており裁定で復職する

のかしないのか、県の
裁定は7月中旬と思われる。

 

本人からは葉山町議会の辞職勧告を受ける意思は示されていない。

 

現在、失職中につき議員報酬は支払われていないが、県の裁定如何では支払い

が発生す
る。葉山町議会が刑法犯議員を除名できず、保釈中も報酬を支払ってい

たため、NPO法人
葉山町民オンブズマンより陳情第28-18号「刑法犯及び特別

法犯議員の除名および判決確定までの報
酬差し止めに関する条例改正を求

める
が出て
いる。


どう決着をつけるのか葉山町議会。



鎌倉市のケース

公明党大石議員が、交通事故を起こし交通違反の反則金 でなく有罪が確定し、

大石副議長職の辞職勧告決議が出された。職員が、交通事故で有罪確定すれば

懲戒処分が下されますが、大石議員に議員を辞職せよというのでないのに、採決

時に議員が退席したり、反対したことにより、否決されました。




鎌倉も葉山も議会が議員を直接罰することができない。



どこの議会も似たものか。

 

« 北鎌倉「緑の洞門」の考察 | トップページ | 5月30日議会全員協議会開催   不祥事などの報告 »

鎌倉市政」カテゴリの記事

コメント

【拡散希望】2016/5/30 鎌倉市議会議員全員協議会

議題:不適切な事務処理に関する調査委員会の中間報告について


(カナロコ)http://www.kanaloco.jp/article/175901


コメント:担当部長説明では「告訴」でしたが、中間報告書の中では「告発」

     「告発」と「告訴」の違いが分かっていない!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1359611/65740137

この記事へのトラックバック一覧です: 細川葉山元町議の有罪確定から見えてくるもの:

« 北鎌倉「緑の洞門」の考察 | トップページ | 5月30日議会全員協議会開催   不祥事などの報告 »

無料ブログはココログ